自分の描いたイラスト・作品で食べていくために必要なことは? 専門学校で目指す、絵師・イラストレーター・クリエイターの道!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

自分の描いたイラスト・作品で食べていくために必要なことは?
専門学校で目指す、絵師・イラストレーター・クリエイターの道!

2020.03.01

提供:仙台デザイン専門学校

メイン
テーマ

自分の描いたイラスト・作品で食べていくために必要なことは?
専門学校で目指す、絵師・イラストレーター・クリエイターの道!

イラストや漫画を描くことが趣味の人たちは誰も、それを職業にすることができたら…と考えるのではないでしょうか。プロとして活動するにためはデッサン力や作画力といった基礎能力に加え、独自の個性、最新技術の知識、時代の感覚を察知するセンス、そして最先端のニーズをとらえる戦略的思考が必要です。絵を描くのが好き・得意という人にとって、同じ夢を目指す仲間たちと切磋琢磨して教育を受けられる専門の教育機関は、理想的な環境。その具体例として仙台デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科を紹介します。

この記事をまとめると

  • 世界から注目されるイラストを描くためには広告デザイナーの素養が必要。
  • 仙台デザイン専門学校の卒業生には世界に作品を発信したアーティストも。
  • 雑貨デザインコースで学び、広く消費者の心に届くグッズを生み出そう。

人気者の絵師・イラストレーターになるために必要なことは? グラフィックデザインの知識を学ぶことでキャッチーな感性を!

日本のマンガ的、もしくはアニメ的表現のイラストは、日本国内だけではなく世界からも注目を集めています。

近年ではマンガ・アニメ的表現を用いるイラストレーターは「絵師」と呼ばれ、ゲームキャラクターのデザインや、ライトノベルの表紙・イラスト、Web素材などで大活躍。有名絵師による展覧会や、原画の即売会なども開催されています。

こうした人気者の絵師たちに共通するのは、表現が時代にマッチしていることと、唯一無二の個性があること。絵が上手いに越したことはありませんが、やはりその作品に今日的なセンスがないと、一流のイラストレーター・絵師になることはできません。

そんなセンスはどのような学びで磨かれるのでしょうか?

…その答えとして考えられるのは、ポスターなどを手掛けるグラフィックデザインの手法を学ぶことです。まず、広告表現に関するさまざまな知識を学んだうえで、イラストの発想方法や技術を身につけます。

こうして培われた「より多くの人の心に届く表現手法」を基礎として、自分の描きたい絵を極めていくために、仙台デザイン専門学校は学生に向けて多彩な学びを提供しています。

7つのコース+多彩な選択授業で自由に学べる仙台デザイン専門学校。オリジナルキャラクターで世界進出を果たした卒業生も…

仙台デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科 は学生に一番人気の「絵師&コミックイラストコース」のほかに、「グラフィックデザインコース」、「Webデザインコース」、「メディアイラストコース」、「キャラクターデザインコース」、「まんがコース」、「雑貨デザインコース」と7つのコースを擁しています。

同校ではどのコースに所属していても、選択授業として他ジャンルの授業を学ぶことが可能。
例えばグラフィックデザインコースに在籍して広告デザインを学びながら、選択授業でキャラクターデザインを学ぶことができます。
自分の目指す将来や適正を見極めながら、一番自分に合った学びを探すことができるのです。

同校の卒業生にはグラフィックデザインコース在学中にオリジナルキャラクター「きっこうちゃん」を考案した、バチコさんがいます。

現在、グラフィックデザイナーとして仙台のデザイン会社に務める彼女がデザインしたこのキャラクターは、アパレルやキャラグッズに展開。有名ブランドとのコラボレーションを通して、世界進出も果たしました。

アイデアと発想力で魅力ある雑貨づくりをして世の中に発信! 「雑貨デザインコース」で世界を魅了するクリエイターを目指そう。

バチコさんのキャラクターが高い評価を得たのは、彼女の作り出したキャラクターが非常に個性的でキャッチーであり、様々なグッズへの商品展開が可能であったところが大きいと言えます。

同校には「雑貨デザインコース」があり、アクセサリーやファッションアイテム、ステーショナリーなど雑貨づくりの技術とセンスを磨き、ヒット商品を生むことを目指す学生たちが学んでいます。

各種雑貨の製作技術、ビジュアルの表現テクニックなどを身に付け、オリジナルグッズを制作。
在学中に自らのブランドを立ち上げ、フリーマーケットやネット販売で自らの作品を販売している学生も多く、それぞれがオリジナリティ溢れる作品をつくり、発信しています。

グッズプランニングを基礎から学べることはもちろん、生み出した製品を幅広く世の中に広めるためのセルフプロモーションの授業など、実践的な授業が満載。個性と時代感覚を兼ね備えたグッズデザイナー・プランナー・雑貨作家を目指せます。

例えば雑貨デザインコースで学びながらキャラクターデザインを学ぶことで、バチコさんのように世界の人々を引きつけるキャラクター雑貨を生み出すことができるかも知れません!

【広告企画】提供 : 仙台デザイン専門学校

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、本や雑誌、広告など印刷物のデザイン、雑貨、玩具、パッケージなどの商品デザイン、伝統工芸や日用品などの装飾デザインといった分野があり、学校では専門知識や道具、機器を使いこなす技術を学びます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける