歴史・文化・言語・コミュニケーションから世界を見よう!!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

歴史・文化・言語・コミュニケーションから世界を見よう!!

2020.04.01

提供:札幌国際大学

歴史・文化・言語・コミュニケーションから世界を見よう!!

歴史、文化、言語、コミュニケーションを様々な観点から見つめなおし、現代文化を語る“知の力”を育てます。
現代文化領域、歴史文化領域、多言語文化領域での多彩な授業、フィールドワーク、少人数の専門ゼミを通じて、問題意識を高め、自ら考え、表現する力を身につけます。

この記事をまとめると

  • 在校生を紹介Kさん(滝川西高校出身)
  • 在校生を紹介Sさん(高校卒業程度認定試験)
  • 在校生を紹介Mさん(札幌日本大学高校出身)

在校生を紹介Kさん(滝川西高校出身)

現代文化学科では学芸員資格が取れます。取得するためには沢山の授業を受けなければなりませんが、その中でも4年生の1年間を通して行う博物館実習は、大学博物館の管理・運営を実習生として任されます。展示、体験学習も自分たちで企画し、毎年大成功を収めています。

在校生を紹介Sさん(高校卒業程度認定試験)

現代文化学科には歴史を様々な視点から学ぶ授業が満載。例えば「日本史概論」は、“知りたい”という気持ちを中心に、日本史の流れを通史で学ぶ授業で、教職の授業でもあります。さらに「近現代日本史」は、3世紀から19世紀の日本の歴史について、“対外交流”をテーマに学んでいきます。

在校生を紹介Mさん(札幌日本大学高校出身)

学んだ知識をどう活用するのか。現代文化学科では、その知識を実際の現場で活かすためのフィールドワークも充実。 英語など語学を生かしたものや様々な国の文化・歴史を学ぶものなど海外でおこなうフィールドワークは価値観や考え方を変えて くれます。もちろん、国内で行うものもたくさんあり、いろいろな体験ができます。

【広告企画】提供 : 札幌国際大学

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「図書館情報学」
はこんな学問です

図書をはじめとする情報を集め、分類して保存し、常に使える状態にする図書館を研究テーマとする図書館学と、進化する情報化のあり方を研究する情報学を融合した学問である。急激に進むマルチメディア化に対応し、従来の図書を扱う図書館学から、コンピュータなどのデジタルメディアの活用を前提とした図書館情報学が誕生した。研究対象は、図書に限定することなく、音声、映像、デジタルコンテンツにも広がってきている。

「図書館情報学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文書などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「文化人類学」
はこんな学問です

世界各地のさまざまな社会や地域で日常的に行われている文化的な活動を、実際にその社会や地域に入っていき、一緒に生活してみたり、インタビューすることなどを通じて細かく調査し、研究する学問。調査の対象は、伝統的な風習を守る部族社会から、現代的な地域社会まで、非常に多岐にわたる。また、国内の文化も調査の対象として重要である。学問的な特徴としては、文献による研究よりもフィールドワーク(現地調査)に重きを置く傾向がある。

「文化人類学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける