世界最高峰のサッカーチームが信頼する理学療法士・スポーツトレーナーになるには!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

世界最高峰のサッカーチームが信頼する理学療法士・スポーツトレーナーになるには!?

2020.03.01

提供:首都医校

世界最高峰のサッカーチームが信頼する理学療法士・スポーツトレーナーになるには!?

ケガなどで身体に障害がある人に対して、基本動作能力の回復や維持、あるいは障害の発生・悪化を防ぐのが、運動療法や物理療法による理学療法士の仕事。理学療法士が活躍する場は、スポーツ分野にも広がっています。今回紹介するのは、世界最高峰のサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」に加盟するレアル・マドリードで、19年にわたりスポーツトレーナーとして活躍し、現在はスペイン代表の専属を務めるファン・ムロ氏。まさに、トップアスリートたちが信頼するエキスパートです。

この記事をまとめると

  • 銀河系軍団 レアル・マドリードを支え続けたレジェンド。
  • 選手と理学療法士の間には、信頼関係が欠かせない。
  • 手厚い資格取得・就職サポートを通して、現場に強い医療人を育成。

名門クラブの専属トレーナーとして、一流選手たちを支えてきた実績。

かつて「ロス・ガラクティコス(銀河系軍団)」と呼ばれたサッカーチームがあったことをご存じでしょうか。「ジネディーヌ・ジダン」「デビッド・ベッカム」「ロナウド」「ルイス・フィーゴ」「イケル・カシージャス」など、世界中のスター選手を集めたレアル・マドリード。さらにその後も、「クリスティアーノ・ロナウド」など一流アスリートが所属した名門中の名門チームです。

そんな一流クラブの専属トレーナーを務めたファン・ムロ氏は、まさに世界を代表するスポーツトレーナー。ムロ氏が駆使するのは、理学療法士としての治療方法です。理学療法士とは、いわば人間の動作を改善したり、能力の向上を図るスペシャリスト。立ち上がる、歩く・走るといった基本動作の改善に効果を与えるだけでなく、筋力の強化、関節可動域の改善、痛みの軽減など、運動機能に直接働きかける治療法でもあり、スポーツ分野でのニーズが拡大しています。

名門チームの専属トレーナーとして、多くの選手たちに理学療法を施してきたムロ氏が、「スペインサッカー代表を支える予防医学と実態」をテーマにした日本初の特別講義を、首都医校の学生たちの前で行いました。

名門クラブ・代表チームの選手たちの信頼を勝ち取ってきた理学療法とは。

世界一流のトレーナーとして、名門クラブ・代表チームを28年間にわたって支えてきたムロ氏が、活動の中で特に重要視してきたのが、理学療法士としての心構えや選手との信頼関係の構築であったと言います。

例えば、ケガをした選手に対応する場合。まずは、しっかりと選手を観察することが大切です。実際に選手に触れてみて、自分の手の感覚を信じ、部分的に患部を見るのではなく、広い視野で選手全体を見ることが欠かせないと言います。ハムストリングのケガであれば、「でん部の筋肉がしっかりと機能しているか」「股関節の可動域への影響」「骨盤にズレが生じていないか」といった患部周辺にも目を行き届かせ、機能解剖学の知識に基づいた推論を行います。そして推論と結果を比較して、常にベストな選択、状況に応じた修正によって、選手に最適なケアを行っていくそうです。

さらに重要なのが、選手との信頼関係。選手自身にも状況を理解してもらった上で、リラックスした状態で治療やリハビリ、トレーニングに取り組んでもらいます。医学的な知識やデータだけに頼るのではなく、触診によって状況を把握し、選手とのコミュニケーションを密に取ることが、スポーツトレーナーには欠かせないことを学生たちに教えてくださいました。

「まずは、人間的に良い人でなければいけない。たくさんの本を読んで知識をアップデートし、選手や同僚、チームメンバーとの対話を重んじる。そして、常に謙虚であることが優れたトレーナーの条件である」。そう語ったムロ氏。その言葉に、多くの学生たちが興味深く耳を傾けました。考え方やコミュニケーション、人間性など、日本の医療にも共通する認識が、一流の条件であるというお話が、非常に印象的でした。

実社会で活躍する「現場に強い医療人」を育てるプログラム!

首都医校 理学療法学科では、国家資格である「理学療法士」の資格を手にすることができます。

■4年制の実践教育で高度専門士を取得できる
首都医校の「理学療法学科(昼間部)」は、都内でも珍しい専門教育の最高クラス4年制で、高度専門士を取得できます。また、「スポーツリハビリ専攻」を設け、経験豊富なトレーナーから、アスリートのコンディショニングを学び、スポーツ分野で活躍できる技術を学びます。

■単なる有資格者ではなく、現場に強い医療人を育てる
『国家資格 合格保証制度』『完全就職保証制度』など、手厚いサポート体制が用意されている首都医校。現場に対応した知識・技術に加え、国家資格をはじめとするさまざまな試験対策を実施しています。また、学生1人ひとりの能力や希望に合った就職をサポートすることで、優秀な人材を多数輩出してきました。その一方で、同校が重視しているのは、単に有資格者を育てることではありません。目指しているのは、真のエキスパートとして活躍する「現場に強い医療人の育成」。職業人に求められる人間性を育て、実社会に必要なコミュニケーション能力に長けた人材の育成に取り組んでいます。

【広告企画】提供 : 首都医校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「理学療法士」
はこんな仕事です

理学療法士は、医療や福祉の施設でリハビリテーションの指導をする職業。対象者は病気やけが、高齢化などが原因で、歩く・立つ・座るといった日常の動作が難しくなった人である。医師の指示の下で行う治療法は、関節や筋力を改善する運動療法、電気刺激や温熱療法などで、痛みを和らげる物理療法、歩行などの日常生活動作の訓練などさまざま。義手や車いすなどを使用する訓練も含まれ、患者一人ひとりに合った治療計画を立てて実施する。

「理学療法士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける