トップアスリート、美容業界、医療先進国から注目を集める鍼灸治療が、医療業界のトレンドに!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

トップアスリート、美容業界、医療先進国から注目を集める鍼灸治療が、医療業界のトレンドに!

2020.03.01

提供:帝京平成大学

トップアスリート、美容業界、医療先進国から注目を集める鍼灸治療が、医療業界のトレンドに!

従来、「はり師」「きゅう師」の就職先として多かったのが、鍼灸院や鍼灸整骨院。しかし近年では医療分野に限らず、活躍の場が広がっています。例えば、アスリートの身体づくり・コンディションの調整にかかわるスポーツトレーナーの仕事。ケガの治療に鍼灸医療が役立っているだけでなく、ケガの予防や身体のメンテナンスにも大きな効果があるとして期待されています。また、美容業界では「はり師」「きゅう師」の資格を持つエステティシャンも多数活躍中です。さらには海外からも注目されている鍼灸。その歴史と魅力を紐解いてみましょう。

この記事をまとめると

  • 日本で独自の進化を遂げた鍼灸医学が、世界から注目を集めている!
  • さまざまな研究が進み、予防医学の観点からも高い効果が期待されている。
  • 最短5年で「はり師」「きゅう師」の国家資格と「柔道整復師」のダブルライセンスを取得。

日本で独自の進化を遂げた鍼灸医学。西洋医療の先進国からも注目が高まる。

人間が持つ本来の「自然治癒力」を高めるのが、鍼灸治療の本質。その歴史は2000年以上に及びます。中国で生まれた鍼灸が日本に伝来したのは、6世紀頃。鍼博士、鍼生といった医療職が設けられ立派な官職として認められました。その後、鍼灸は日本で独自の進化を遂げます。繊細な指先の感覚を持つ日本人の手によって研究が重ねられ、学術的な研究書が数多く編纂されます。昭和30年代にはヨーロッパをはじめとした海外にも普及し、盛んに学術交流が行われました。そして現在、鍼灸は医療だけでなく、スポーツや美容、福祉の分野にも高い対応力を持つ手法として普及しています。プロ・アマを問わず多くのアスリートがスポーツ鍼灸を身体づくり・ケアに取り入れている他、海外からの注目も高まっています。インバウンド需要が高まり訪日外国人が増えている中で、日本の鍼灸治療を受けるために来日する人が急増しています。西洋医療の先進国である欧米でも高い注目を集めている鍼灸ですが、どんな特徴や効能があるのでしょうか。
帝京平成大学 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 トレーナー・鍼灸コースの吉田 成仁先生に詳しく解説していただきました。

本来の治癒能力を高め、病気の予防にも効果が期待できる鍼灸治療。

鍼灸治療とは、患部の痛みを抑えたり、筋肉の硬さやコリを和らげる効果に加え、スポーツによるケガの治療、ストレスの軽減や美容に対する効果があることが、近年の研究によって分かってきました。現在の医学においては、西洋医学が主流となっていますが、鍼灸治療を含む東洋医学も、その一端を担っていることは間違いありません。東洋医学は全身の状態を把握した上で、人間が本来持っている回復能力を高める治療を得意とするもの。一方の西洋医学は、悪い部分を見つけて取り除く治療が得意と言えるでしょう。どちらが良い・悪いというものではなく、どちらの医学にも利点があります。中でも鍼灸治療は、1人ひとりの全身状態に応じた治療を行うことができる技術であり、病気の治療にとどまらず、病気の予防にも役立つ利点があります。「はり師」「きゅう師」を目指すことは、個別化医療、予防医療といった、現代のニーズに合った医療を提供する上で、とても意義深いと感じています。そんな魅力ある技術を、ぜひ多くの人に学んでいただきたいですね。

最短5年で「はり師」「きゅう師」「柔道整復師」の資格取得を目指す!

帝京平成大学では、どのようにして「はり師」「きゅう師」を目指すことができるのか。その特徴や他の学校とは違う強みを見てみましょう。

■「はり師」「きゅう師」の受験資格が取得できる
理論と実践の両輪からなる専門基礎科目、専門科目により、「はり師」「きゅう師」として不可欠な専門知識と技術を習得できるのが、鍼灸学科 トレーナー・鍼灸コースの強み。1年次は教養と基礎を身につけ、2年次からは基礎医学と鍼灸の専門知識、さらには臨床技術を学びます。3年次からはいよいよ臨床技術の習得に取り組み、実学的な臨床技術を養い、4年次に「はり師」「きゅう師」の国家試験を受験。ダブルスクールで柔道整復コースの選択が可能であり、「柔道整復師」の資格取得も目指すことができます。また、資格取得のサポートだけでなく、帝京平成大学の奨学生・特待生制度を利用できる点も大きなメリット。金銭的な不安をなくして、希望する資格を手にできます。

■「はり師」「きゅう師」の教員資格を目指すことも
本学科を卒業後には、ダブルライセンスの取得が最短5年で可能になる他、希望に応じて本学大学院健康科学研究科鍼灸学専攻(修士課程)への進学が可能です。鍼灸学専攻(修士課程)を修了することで、「はり師」「きゅう師」養成施設における教員の資格が与えられ、さらなるキャリアアップを目指せます。

■スポーツ・美容・福祉などへ広がる活躍のフィールド
卒業後の就職先・進路としては、鍼灸治療院、鍼灸整骨院などが選択できる他、医療機関の整形外科、リハビリテーション科、東洋医学科などで活躍する卒業生も多数見受けられます。さらには、Jリーグやプロ野球などのスポーツチーム、スポーツ施設やジムでのトレーナーをはじめ、美容分野や福祉分野で専門スキルを活かしている人材も少なくありません。さらにこれからも、多種多様な形で「はり師」「きゅう師」が活躍するシーンが増えていくでしょう。

【広告企画】提供 : 帝京平成大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「鍼灸・柔道整復学」
はこんな学問です

東洋医学の代表的領域である鍼灸学と柔道整復学をそれぞれ学んで、施術者をめざす学問。鍼灸学は、人体のツボの変化を捉え、鍼と灸で刺激を加えることで体調を整える。そのための知識と施術を学ぶ。柔道整復学は、骨折、脱臼、捻挫など、投薬や外科手術以外の方法で回復させるための知識と施術を学ぶ。学習成果は、独立開業して鍼灸院や接骨院、整骨院などを営むときにも役立てられるが、近年スポーツ界で活躍する施術者も出てきている。

「鍼灸・柔道整復学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける