海外留学する大学生が増加中! 「自分を変えたい」というキモチを叶えてみませんか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

海外留学する大学生が増加中! 「自分を変えたい」というキモチを叶えてみませんか?

2020.03.01

提供:江戸川大学

海外留学する大学生が増加中! 「自分を変えたい」というキモチを叶えてみませんか?

若者の「内向き志向」が進んでおり、海外留学を希望する学生が年々減っている──。そんな話題をあちこちで耳にすることがありますが、ある調査では、まったく逆の結果を示しているんです。
これは、留学経路の違いによるもの。かつては、留学エージェント等を利用して留学するという方法が主流でしたが、近年は大学の留学制度を利用して海外留学をするのがトレンドになっているのです。
海外留学と「内向き志向」「外向き志向」は無関係かもしれません。

この記事をまとめると

  • 海外留学は、大学の海外留学制度を利用するのがトレンド。
  • 海外留学を経験した人でなければ、身につけられないことがある。
  • 江戸川大学なら留学費用約300万円支援。4年で卒業可。学費免除も!

今どきの学生は「内向き志向」ってホント!? 14年間で留学生数は4倍以上の増加。

この数年、海外に対する関心が低い「内向き志向」の若者が増えており、「海外留学する学生が減っている」と捉えている人もいるようですが、実際はそうではありません。
奨学金事業や留学生支援事業等を行っているJASSO(日本学生支援機構)がまとめた統計によると、海外留学する日本人学生の数は10年以上連続で増え続けているという結果が出ています。2017年度の日本人留学生数は66,058人、2003年度は15,564人と、4倍以上に増えているのです。

内向き志向の若者が増えているのに、どうして海外留学する学生が増えているのか?
不思議ですよね?

様々な要因が考えられますが、国や大学が「グローバル人材の育成」に力を入れていることは大きな要因です。海外留学のための奨学金制度や、休学することなく長期留学が出来るプログラム等、留学制度の内容は時代とともに充実度が増しています。中には、学費、滞在費、食費等のすべてを大学が負担するという留学制度も。費用面で諦めていた人にも嬉しい内容です。
こうした背景のもと「留学制度が充実している大学に入学して海外留学する学生が増えている」のです。

語学力を磨く授業はもちろん、留学方法や費用等についても手厚くサポートする大学が増えています。夢を諦めることなく、実現を目指して一歩足を踏み出してみてはいかがでしょうか。

留学のメリットは、「語学力が身につく」「就職に有利」だけじゃない

「語学力が身につく」「就職に有利」というのは、留学で得られるメリットの代表例です。
確かに、毎日外国語を聞いたり話したりするので、語学力を身につけるには最適な環境です。また、語学力だけでなく積極性などもアピールできるので就職に有利です。
しかし、これらは留学で得られるメリットのごく一部。その場に身を置かなければ体験できないことが、たくさんあるんです。

たとえば、文化や価値観、考え方の違いを理解して国際感覚を身につけられること。
私たちは、日本での生活や経験が基準になっており、それが当たり前だと思っています。しかし、日本人が普通だと思っていたことが、ある国では奇妙に思われることもあれば、何気ない行動が賞賛されることもあります。様々な体験は、視野を広げることにもつながります。

また、慣れない地で生活することで、チャレンジ精神や失敗を恐れない強さを手に入れることもできます。留学すると、キャンパスライフだけでなく日常生活の様々な場面で外国語を使う必要に迫られます。おそらく、たくさん失敗して恥をかくこともあるでしょう。でも、それは誰もが通る道。いろんな経験が、大きな財産になるのです。

視野を広げ、国際感覚を身につけられることは、留学で得られる大きなメリット。さらに、新しい自分にも出会えるという楽しみもあります。

約8ヵ月間の留学費用がタダ? サポートが手厚い江戸川大学の海外留学

「留学先の学費や滞在費は? もしかして、現地でアルバイトして稼ぐ必要がある?」
「長期留学する場合、大学は休学する必要があるの? それとも留年扱い?」

江戸川大学で2020年4月からスタートする「海外留学特別奨学プログラム」は、そんな疑問や不安を解消してくれる留学制度です。
同プログラムで学ぶのは、世界の事実上の共通語である英語です。留学先は、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ニュージーランドの大学を予定。留学期間は約8ヵ月間です。
留学を含めて4年間で卒業可能なプログラムです。

「海外留学特別奨学プログラム」の一番の魅力は、留学費用約300万円を江戸川大学が支援してくれること。同大学が定める留学条件をクリアすれば、留学先の学費、往復の航空運賃、宿舎(食事付)代を大学が全額負担。しかも、返済不要です。

このプログラムに参加する条件は、入学時に英検2級(相当)以上の資格を持っていること。条件を満たす学生は、初年次学費110万円免除(2020年4月入学生)。さらに、留学帰国したあとの学費は、半期分55万円の学費の免除も。「海外留学特別奨学プログラム」は、留学費用だけでなく、学費の一部免除もある魅力的なプログラムです。
「留学したい」「英語力を身につけたい」「グローバルに活躍したい」。
江戸川大学でそんな夢を実現してみてはいかがでしょうか。

【広告企画】提供 : 江戸川大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける