買ったものを家までお届け!? コンビニが始めた「介護」って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

買ったものを家までお届け!? コンビニが始めた「介護」って何?

2015.12.09

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

買ったものを家までお届け!? コンビニが始めた「介護」って何?

近年、大手コンビニ各社が「介護」に力を入れているのだとか。私たちにとって身近なコンビニは、一体どんなサービスを行うのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 体の不自由な人のために、食事や生活必需品を届けてくれるコンビニがある
  • 介護に関する申請や相談もコンビニで受けられる
  • コンビニは地域社会の重要な拠点になる

大手コンビニチェーンが始めた介護サービスって?

みなさんが普段利用しているコンビニエンスストア。お弁当や飲み物を買ったり、ちょっとした日用品を買ったり、もはや生活していく上では欠かせない存在となっています。

多くの人の身近にあるこのコンビニ、実は最近、「介護」をはじめていることをご存じですか? 2015年4月に大手コンビニチェーンのローソンが介護の窓口を併設した「介護ローソン1号店」を埼玉県川口市にオープンしたのを皮切りに、セブンイレブン、ファミリーマートも介護事業への参入を始めています。

3社に共通しているサービスとして、お弁当などの食事と併せて、コンビニの商品を自宅まで届けてくれる宅配サービスがあります。一人暮らしで足の悪い人、寝たきりの人にとっては大きな生活の助けになることでしょう。また宅配員が直接自宅を訪問するので、その家に住む人の安否確認にもつながり、お年寄りや離れて暮らす家族にとっても安心できるサービスといえます。

買い物も相談も、コンビニだからこそ気軽にできる?

また介護に特化したお店では、取り扱っている商品も一風変わったものが多いようです。お年寄りのケアに重要な衛生用品が充実しているのはもちろん、老眼鏡や補聴器用の電池など普通のコンビニで取り扱っていないような商品も陳列してあります。噛む力、飲み込む力が衰えている人のために小さめの容量で細かく刻んであるレトルト食品も見受けられます。

ファミリーマートでは、大手ドラッグチェーン「薬ヒグチ」とタイアップをしてコンビニ+ドラッグストアの一体型店舗を展開しています。医薬品の確保はお年寄りにとって心配の種でもありますが、こういった異業種とのコラボが進めば、より日々の生活を安心して送ることができそうです。

冒頭で紹介した介護ローソンでは、宅配サービスや専門商品の販売だけでなく、介護が必要な人のケアプランを作成する「ケアマネージャー」が常駐しており、介護に関する申請や相談ができる窓口が設けられています。より身近な場所にあり、買い物感覚で入店できることで気軽に介護相談を受けられる環境づくりにも貢献しています。

お年寄りやその家族、みんなが集える地域の拠点に

高齢化が進むことで、体を自由に動かすことができない人も多くなりつつある現在、たくさんの機能を一つのお店に集約することも大事ですが、今後は介護が必要な人とその家族、そして地域に暮らす人が集まる場が求められます。

介護ローソンには、買った物を食べたりお客さん同士がお話ししたりできるコミュニティスペースが設けられていますが、普段一人で暮らすお年寄りにとっては楽しいひとときを過ごせる場所になりますし、家族にとっては情報交換や共有ができる貴重な場にもなります。結果として孤独や介護にまつわる負担やストレスの軽減が期待できます。

みなさんが普段何気なく通うコンビニも、いつの日か介護サービスを取り扱うコンビニになるかもしれません。世の中のサービスと介護の接点が意外に身近にあるということを知ることは、「介護学」について理解を深める第一歩になるかもしれません。

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

大きな戦争の減少、食糧事情の向上、医療技術の発達などにより、おもに先進国では平均余命が伸びています。同時に、生きてはいるけれども健康ではないという、要介護状態の高齢者が増加し、医療費の伸びや介護保険費の膨張など、大きな問題が山積しています。福祉は、子どもから高齢者まで人間の発達段階に応じた社会支援の理想的なあり方を探求します。個人だけでは解決できない問題を、集団・組織として考える視点を学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「介護学」
はこんな学問です

身体や心に障がいを持った人々を支えるために、科学的な根拠に基づく生活支援技術を身に付ける学問。また、社会福祉制度についても学び、それを活用することで社会の幅広い分野で活躍できる専門知識を身に付けていく。将来は、お年寄りや身体障がい者福祉施設で働く介護福祉士、介護の知識と技術の両方を兼ね備えた社会福祉士、音楽療法士、介護保険事務管理士、医療機関・行政機関でお年寄りや障がいのある人々を支援する専門家をめざす。

「介護学」について詳しく見る