グローバル企業ではどんな人が求められているの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

グローバル企業ではどんな人が求められているの?

2020.03.01

提供:山梨学院大学

メイン
テーマ

グローバル企業ではどんな人が求められているの?

皆さんは社会で働く時、どんな風に働きたいですか?将来を考えていく上でどうなりたいかを考えることは大切ですね。では、企業はどのような人と一緒に働きたいと思っているのでしょうか。今回は「グローバル企業」に焦点を当てて、企業が求めている人を理解して、それに沿った学びができる進学先を探してみましょう。

この記事をまとめると

  • グローバル企業では、海外の文化や価値観を受け入れる柔軟性が求められている
  • リベラルアーツ教育では、様々な課題を複合的な視点から捉えることが大切
  • 国内で多くの留学生と一緒にリベラルアーツと英語を学ぼう

語学力のほかに、異文化理解・コミュニケーション能力が求められている

最近「グローバル化社会」という言葉をよく聞くようになりましたね。身近なところでグローバル化社会を感じる例といえば、コンビニで外国人の方が働いていたり、観光産業で多くの訪日客が日本を訪れたり。日本国内にいても海外の方と触れ合う機会はたくさん見られるようになりました。こうした外国人の労働者を受け入れたり、海外のお客様向けの商品を開発したりなど、グローバル事業を展開する日本企業も多数あります。そのような企業ではどのような人が求められているのでしょうか。
日本経済団体連合会(以下、経団連)が2014年11月~2015年2月に行ったグローバル人材に関する調査があります。「グローバル事業で活躍する人材に求める素質、知識・能力」として最もポイントが多かった項目が、「海外との社会・文化、価値観の差に興味・関心をもち、柔軟に対応する姿勢」でした。一般的に「異文化理解」、「異文化コミュニケーション力」といわれる能力です。同時に、「英語をはじめ外国語によるコミュニケーション能力を有する」項目も高いポイントを占めており、海外でビジネスを展開していく上では、企業担当者は確かな語学力を備えた人も必要としているようです。

企業はリベラルアーツ教育にも注目している!

異文化理解や高い語学力がグローバル企業では求められているということがわかりましたね。ですが、実際働く上では学生時代に「何を学んだか」という点も非常に重要なのです。2018年12月に経団連が発表した「今後の採用と大学教育に関する提案」によると、「大学に期待する教育改革」の項目に「リベラルアーツ教育が求められる」という記載があり、企業もリベラルアーツ教育に注目していることが伺えます。そもそもリベラルアーツとは、一つの専門に絞らず、人文教養、社会科学、数理的推理、自然科学、保健体育など幅広い領域を学ぶ学問のことです。幅広い分野を横断的に学ぶことで、単にその分野の知識を得るだけでなく、それぞれの分野を融合させて複合的な視点で問題を考える思考力や、固定観念にとらわれない豊かな感性や表現力を養えるのです。
企業がリベラルアーツを重視している点はまさにこの部分であり、様々な課題を複合的な視点で考えられ、豊かな感性を持っている人はビジネスの現場で人間的な魅力が備わっていると思われ、グローバル企業で様々な国の人と仕事をする上では、人間的な魅力を持っているということは有利になるようです。

世界を舞台に活躍しよう!

リベラルアーツ教育を学べる大学は多数ありますが、確かな語学力、異文化理解、リベラルアーツ教育などグローバル企業が求める人材を輩出しているのが山梨学院大学国際リベラルーツ学部(iCLA)です。なんと、約85%の授業が英語で開講されています。英語力を強化するプログラム「EAE」もあり、レベルに合わせた少人数制クラスで着実に英語力を磨くことができるので、英語が苦手な人でも無理なく学べます。iCLAは海外50校以上の大学と交換留学を提携しており、学生は2年次以降に1年間の海外留学が必須となっています。またキャンパス内にも世界34カ国からの留学生が在籍しているほか、外国人教員も多数在籍。国内にいながら海外留学しているような環境が整っています。日常生活から海外の人が身近にいる環境があるなら、自然と異文化理解や国際的感覚が身につきますね。
リベラルアーツ教育においては、「グローバルビジネス・経済学」「政治学」「学際的人文教養」「日本研究」を4つのメジャーとして体系的な学修ができるようにプログラムが設定されており、学生の興味関心に合わせて自由に科目選択ができます。
これからの社会、企業が求める人材育成の要素がたっぷり詰まった山梨学院大学の国際リベラルアーツ学部。ぜひ一度、オープンキャンパスなどでその雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

【広告企画】提供 : 山梨学院大学

この記事のテーマ
総合・教養」を解説

近年、いくつかの大学が教養学部や総合学部などを新設する動きが目立っています。総合科学部や総合人間学部、国際教養学部などのように、呼称や内容に違いがありますが、一般的にはリベラルアーツや文理融合を理念としているところが多いようです。人文科学、自然科学、社会科学など、特定の学問の枠を超えて横断的に扱うこともあれば、専門分野を設けている大学もあります。自分の学びのスタイルに合った大学を選ぶことが重要です。

「総合・教養」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教養学」
はこんな学問です

人間社会や文化について、幅広い学識を備えた人材の育成をめざす学問。特定の専門分野に偏らない視点や論理性を身に付けることを目的とする。欧米の大学にあるリベラル・アーツのコンセプトを取り入れ、自然科学・人文科学・社会科学を研究テーマとし、総合的に研究する。総合的なものの見方、考え方と、柔軟な理解力、思考力など実践する力を身に付けたジェネラリストを養成する。

「教養学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける