人々に感動を与えられる声優アーティストって? 今、注目されている魅力と理由に迫る! 

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

人々に感動を与えられる声優アーティストって? 今、注目されている魅力と理由に迫る! 

2020.03.01

提供:仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校

人々に感動を与えられる声優アーティストって? 今、注目されている魅力と理由に迫る! 

時代は変わっても、芸能の仕事が人々に夢を与えることに変わりはありません。ミュージシャンや音楽プロデューサー、舞台俳優にダンスパフォーマーなど、さまざまなアーティストがありますが、近年注目を浴びているのが、声優アーティスト。声優だけに留まらず、音楽活動やテレビ出演など、活躍の場を広く持ち人々を感動させることのできる、とてもやりがいのある仕事として、人気が高まってきています。それだけに、求められる才能は多いはず。そこで、どのような能力が必要なのか、どのような勉強をすれば目指せるのかなどについて紹介します。

この記事をまとめると

  • 最近よく耳にする、声優アーティストって?
  • 時代とともに活躍の場が広がってきている声優の仕事
  • Wメジャーカリキュラムで自分の夢に近づける

声優でありながら、活躍の場は声優業だけじゃない!

声優アーティストという職業は、10年ほど前からよく耳にするようになってきました。その名の通り、声優と歌手活動を行う人たちのことです。声優としては、アニメや外国語映画の吹き替えなどが主な仕事。歌手活動については、歌を歌うのはもちろん、作詞作曲をして自ら歌うこともあります。
これまでは「声優をしながら歌手活動を始める」、その逆に「歌手デビューが先で声優の仕事もするようになる」といったパターンが多くみられましたが、近年ではグラビアやテレビ出演、ラジオパーソナリティなど、マルチに活動する人も増えてきました。声優アーティストの活躍できる分野は、今後も広がっていくと予想されます。最近では、はじめから「マルチに活躍する声優を目指す」という人たちも増えてきているようです。

今や声優として演じることが、芸能界のステータス?!

声優ブームは、1970年代にヒットしたアニメ映画『宇宙戦艦ヤマト』の時代頃から起こっていました。当時から番組主題歌のレコードを出した声優もいましたが、あくまで一種の企画モノであり、一般的ではなかったようです。
90年代から徐々に声優でありながら歌手活動を本格化させる人たちが登場し、2000年代に入るとビジュアルを活かしてグラビアの世界へも進出し始めるアーティストも。今では、「有名俳優が声優に挑戦!」といったことも珍しくなく、声優と他の芸能ジャンルとの壁は低くなっているといえます。声優というジャンルに縛られることなく、持っている才能を存分に発揮しマルチに活躍するスタイルこそが、現代風といえるでしょう。2020年代、そして令和という新しい時代に入り、多分野で活躍できる声優アーティストの登場がますます期待されています。

Wメジャーカリキュラムで、マルチな声優アーティストを目指そう!

声だけで演じる演技力や表現力、さらに歌唱力が必要な声優アーティストは、多くの人々にとって憧れの存在です。しかし、仙台スクールオブミュージック専門学校では、第一戦で活躍している講師陣による授業や企業との連携企画によって高いスキルの修得が可能。学生でありながら、業界のニーズを知ることもできます。
声優と歌以外に、マルチに活躍するアーティストを目指すなら、Wメジャーカリキュラムで学ぶというスタイルもあり。これは入学時の専攻に加え、他専攻の授業も履修できるというもので、声優+ダンス+歌のスキルを身につけることも可能です。デビューの可能性を高めたい、就職の選択肢を広げたい、入学後に興味が広がりいろいろなことを学びたくなった、といった人たちにオススメ。アクターになるための豊富な学科がある本校ならではの学びスタイルです。

【広告企画】提供 : 仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「声優」
はこんな仕事です

映像に声をのせる職業。海外の映画やドラマの吹き替え、アニメやゲームへのアテレコ、ナレーションなどが仕事となる。せりふは俳優やキャラクターの口の動きに合わせ、作品によって声質も演じ分ける。最近は、アニメやゲームの声優としてブレークし、歌手活動をする人もいる。仕事はオーディションを受けて得るケースがほとんどだが、実力や人気によっては依頼が来る場合も。アニメのイベントに出演することもある。

「声優」について詳しく見る

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歌手」
はこんな仕事です

歌を歌うことで収入を得る職業。収入は、コンサートやイベントなどで人に歌を聴かせて得る出演料、販売される楽曲のために歌を録音して得る歌唱料などがある。作曲や作詞も手がけるなら印税収入も見込める。自分自身の作品を歌うだけでなく、他人の歌にコーラスを添えたり、CMソングを録音したり、結婚式やレストランに華を添えたりと、仕事はいろいろある。ほとんどの場合、ポップス、ロック、演歌、ジャズなど専門分野を持って活躍している。歌唱で人を感動させる手応えがモチベーションになる。

「歌手」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける