未来の塾はどこもハイレベル!? 塾の先生のための検定が国家検定になる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

未来の塾はどこもハイレベル!? 塾の先生のための検定が国家検定になる?

2015.12.18

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

未来の塾はどこもハイレベル!? 塾の先生のための検定が国家検定になる?

塾の先生になるために必要な検定を、国家資格にする動きが出ています。その狙いとメリットをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 塾講師の指導力を上げるために、「学習塾講師検定」を国家検定にする動きが出てきている
  • 塾の授業の「いい・よくない」の基準は、生徒によって変わってくる
  • 塾に通う子どもは増えているため、塾講師の指導力を測ることはいいこと

「学習塾講師検定」って何? なぜ国家検定になるの?

みなさんの中には、塾に通っている人も多いと思いますが、塾講師の中に、大学生の方がいる塾もあると思います。「自分も大学生になったら、塾講師のアルバイトがしてみたいな~」と考えている人もいるかもしれません。

実は最近、塾講師の能力を「国家検定」で測ろうという動きが進んでいることをご存じですか?

もともと、塾業界には「学習塾講師検定」という検定がありました。1~3級まで分かれています。3級は担当教科の公立高校入試レベルの学力や、講師としてのマナーをみる筆記試験。1〜2級は、受験者本人の模擬授業映像をもとに、その技量を審査してもらう実技試験となっています(2級はテキスト学習、筆記試験もあり)。今まで、この検定は国が行っていなかったために、塾講師の間でもほとんど存在は知られていませんでした。

では、なぜ塾講師検定を、国家検定にしようとする動きが出てきたのでしょうか。その理由の一つに、「指導力を保証して信頼性を高めたい」という塾業界の考え方があります。塾講師の約6割は大学生を中心とした非正規雇用社員です。しかし、大学生のバイトは短期間で辞めてしまうことなどもあり、指導力が身につきづらいという問題点があります。彼らに検定を受けてもらうようにすれば、一定レベルの技量を習得してもらうことができるというわけです。

塾の授業の「いい例」と「よくない例」って?

塾講師検定の受験者向けDVDを見てみると、社会の授業を始めるときのやり方として、2つの例が挙げられています。

・よくない例「中国の主な工業製品はどんなものですか?」

・いい例「中国の工業製品についてクイズをやります。5つ書くので、世界一がいくつあるか予想してください(綿製品・鉄鋼・冷蔵庫・パソコン・ケイタイ)」

みなさんはどちらの質問に興味がひかれましたか? おそらく、「よくない例」のほうがいろいろ思いつきそう、と思った方もいるのではないでしょうか。しかしながら、塾講師検定では「いい例」のような授業をしないと減点されることになります。

塾の授業はあくまで「生徒ありきのもの」。生徒によって、伝え方を柔軟に変えていくことが重要です。しかし、塾講師検定の「いい・よくない」の基準を見ると、そのような視点が欠けているようにも思えます。インターネット上でもこの検定について疑問視する声は多くあがっているのが現状です。

今後、検定試験がどのように行われるかを見守ろう

塾に通う子どもの数は年々増加中。小6で49.7%、中3で60.4%もの人が塾に通っているというデータがあります(2013年度※)。子どもたちのために、塾講師の指導力をきちんと測ろうとする考え方が、学習塾講師検定の国家検定化につながるのです。塾を通じた子どもたちの教育に興味がある人は、ぜひ塾講師の検定試験がどのような方法で行われるか、今後の流れに注目してみてくださいね。

※文部科学省 平成25年度通塾率ランキングの平均値から割り出した数値

この記事のテーマ
教育」を解説

教育機関や子ども向けの施設で、教育指導に関わる仕事を目指します。小・中学校や高等学校の教員を目指す場合、大学や短期大学の教職課程で学ぶ必要がありますが、専門学校の中にも、提携する大学や短期大学の通信教育を受けて、教員免許状を取得できる学校もあります。語学教師や臨床心理士など希望する職種により、必要な資格や免許が異なります。

「教育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「塾講師」
はこんな仕事です

小・中・高校生を対象に、学習の指導を行う塾が活躍の場となる。大手チェーンの進学塾から個人で自宅などを教室として開業する塾まで、その規模はさまざま。一人の講師が複数の生徒に授業を行う集団指導と、マンツーマンで対応する個別指導がある。仕事内容は、授業だけでなくテストの作成や採点、保護者との面談、講師同士の情報交換、入塾の案内など多岐にわたる。求められるのは、子どものやる気を引き出し、親身な指導ができる人材。塾講師としての能力を評価する学習塾講師検定という資格もある。

「塾講師」について詳しく見る