「子どもが好き」を越えた保育・幼児教育の様々な学びが保育者としての志を支える!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「子どもが好き」を越えた保育・幼児教育の様々な学びが保育者としての志を支える!

2020.03.01

提供:盛岡大学短期大学部

メイン
テーマ

「子どもが好き」を越えた保育・幼児教育の様々な学びが保育者としての志を支える!

2019年厚生労働省が保育士不足対策として「保育士確保集中取組キャンペーン」を実施し、本格的に始動しました。政策の中身は給与の改善や働く環境の整備、チャンスを広げるために保育士資格の試験実施を年1回から年2回に増やすなど。もちろん、広く長く持続するための環境の整備は大前提です。ですが、それ以前に「子どもが好き」な気持ちから「保育がしたい」気持ちに成長させるため、土台作りをする必要があります。ここでは、理論と実践を通して、それぞれの得意分野を伸ばし育てる盛岡大学短期大学部での学びを見ていきましょう。

この記事をまとめると

  • <理論と実践>対話を重視した盛んな実践授業と附属幼稚園でのボランティア活動
  • 1年次からゼミに所属。興味のある分野の研究の他、創作・発表の機会を多く設け、それぞれの個性を深め、伸ばす
  • 「就職対策委員会」と「就職センター」との連携で、高い就職率を誇る

実践的カリキュラムにより、人と人とのコミュニケーションを様々な学びで深める

乳幼児期は、人間形成の基礎が養われる大切な時期。盛岡大学短期大学部では、演習を中心とした実践的カリキュラムを多く採用し、幼児教育・保育者に必要な基礎・専門知識と、高い実践力を身につけていきます。

例えば【児童文化】の授業。
おもちゃや絵本などの制作を通じ、児童文化財の理解を深め、それらを子どもたちに伝える力を身につけていきます。子どもたちの生活環境から生まれた遊びや素朴なおもちゃ、絵本などに関する講義があり、保育者の視点に立ちながら実演制作をします。これには、附属幼稚園の園児たちとの連携授業があり、自分たちが用意した実演で園児の喜ぶ姿が見られる貴重な経験となり、また2年生からの幼稚園・保育所実習に大いに役立ちます。

さらに、附属幼稚園でのボランティア活動が盛んなのも本校の特徴。幼稚園の先生方から直接ふれあうことに対する丁寧な指導が受けられるのは、保育者としての資質を養ううえで、大切な経験になります。

1年次からゼミに所属。興味のある分野の研究の他、創作・発表の機会を多く設け、それぞれの個性を深め、伸ばす

盛岡⼤学短期⼤学部では、学生一人ひとりがそれぞれの興味のある分野の知識を深め、さらに得意な分野を伸ばせるよう多彩なゼミがあり、1年次からゼミに所属する事で学生のやりたいことに応えます。

社会福祉ゼミ、特別支援教育ゼミ、美術専攻実技ゼミ、音楽専攻実技ゼミ、ダンスエクササイズゼミ、絵本児童⽂学ゼミなど、幼児に関する研究を行うゼミや、自身の表現を行い保育・幼児教育に活かそうとするゼミなどがあります。

なかでも美術専攻実技ゼミでは、創作・発表の機会を多数設けています。『美術専攻実技ゼミ展』として、盛岡⼤学短期⼤学部後援会の⽀援を受け、毎年「ギャラリー彩園⼦II」にて創作作品を発表。多くの⼈たちが⾜を運び、新聞でも紹介されるほどの注⽬を集めています。

令和元年度のテーマは「⼦どもの箱」。9⼈が⼀⼈ひとり「箱」を⽤い、それぞれ⼦どもの時間、空間、領域を、⾃我を表現するという視点から具現化しました。それぞれの「箱」は独⽴したパーソナルな世界であり、時には重なり合いながら記憶を結んでいく、そんな作品で空間を構成しました。

また令和元年7⽉には、岩⼿県⽴児童館「いわて⼦どもの森」で絵本児童⽂学ゼミの合宿研究会を開催。遊びのワークショップ「お話の世界で遊ぼう︕アート遊び〜かたちカタチいろんな形〜」をテーマに、野外窯のピザ調理補助や、ボランティアでカプラ造形⼤会の参加者補助などを⾏いました。⼤型児童館の閉館・開館業務に職員と同⾏し、⾃炊宿泊施設にて共同調理を実践。幼児教育者としての役割を知り、学びを深める良い機会になりました。

学生一人ひとりの希望進路実現を、就職センターがきめ細かくサポート

短期大学部は大学と違い、2年間という短い時間の中で、将来の方向性を決め、就職活動を行う必要があります。そのためには、効率よく早い時期から就職に向けた準備を行わなければなりません。

盛岡大学短期大学部では、クラス担任などの教員による「就職対策委員会」と就職支援に長けた職員による「就職センター」が連携し、情報を共有することで学生一人ひとりの個性と能力に応じた就職支援を行っています。

毎年高い就職率を誇っており、2019年3月卒業生は100%を達成。118名全員がそれぞれの就職を成功させています。

●マンツーマンで個別サポート
学生一人ひとりの状況に合わせたサポート体制で、面接の個別指導から就職活動を行ううえでの不安や悩みの相談にも丁寧に応じています。

●知りたい情報がすべて揃う資料室
就職センターには求人票はもちろん、卒業生や内定者の成功・失敗体験をまとめた「受験報告書」や「就職関係参考書」など、就職活動に必要な情報が揃っています。

●模擬面接を繰り返し行い、本番をシミュレーション
面接のマナーから話し方・考え方まで、一人ひとりの個性や長所に沿って多角的にアドバイスをしていきます。模擬面接を繰り返し行うことで本番に備えます。

●先輩の体験談は就職を具体的にイメージするのに効果的
より就職に向けてのイメージを具現化できるよう、内定者による「就職体験発表会」や、めざす業界の卒業生がアドバイスする「就職支援講座」など就職活動に役立つ話が聞ける機会をたくさん設けています。

【広告企画】提供 : 盛岡大学短期大学部

この記事のテーマ
保育・こども」を解説

乳幼児から小学生までのこどもの生活を保護し、心身の成長を促すための専門知識を身につけます。こどもの心身の発達や行動、保健・衛生、基本的な読み書きや情操教育、体操といった体力向上教育など、学びの分野は多岐にわたります。保育士の資格取得者の職場は保育園だけでなく、企業内の保育施設などにも広がりつつあります。

「保育・こども」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育士」
はこんな仕事です

仕事などで保育ができない保護者に代わって、乳児から小学校就学前の子どもを預かる仕事。食事、排せつ、睡眠の世話や健康管理の他、遊びや集団生活を通して心身の成長を援助する。保育所や乳児院、児童養護施設に加え、企業内の保育所やベビーシッター業を行う企業でも、大きな役割を果たすなど就職先は多様化。子どもの数は減っているものの共働きの保護者が多くなったため、今後ますますニーズは高まっていくだろう。また、パート勤務など、勤務時間の調整ができる場合も多い。

「保育士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける