まるで歯科の看護師さん!?歯の健康を守るのが「歯科衛生士」(国家資格)の役割。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

まるで歯科の看護師さん!?歯の健康を守るのが「歯科衛生士」(国家資格)の役割。

2020.03.01

提供:慈恵歯科医療ファッション専門学校

まるで歯科の看護師さん!?歯の健康を守るのが「歯科衛生士」(国家資格)の役割。

ほとんどの人が今まで歯医者さんに通ったことがありますよね。そこで、歯科医師とは別に、看護師さんのようなウエアを着たスタッフを「歯科衛生士」と言います。歯科医師のお手伝いをする「歯科助手」ではありませんので、お間違いなく。歯科医師の指示のもと、患者さんの歯石を取ったり、ブラッシングなどのプラークコントロールの指導をする国家資格を持った専門スタッフです。歯を削ったり抜いたりする処置だけから、口腔ケアなどの予防も並行して行う歯科医療に移行する中で、歯科衛生士の仕事の実態をクローズアップしてみました。

この記事をまとめると

  • 深刻な歯科衛生士不足が現状。本校学生1人あたり20社近くもの求人数あり。
  • 女性にとって働きやすく、恵まれたクリニック勤務環境。育児後の再就職もスムーズ!
  • 高齢化社会が続き、歯科衛生士の価値もニーズもどんどんアップすること間違いなし!

歯科衛生士は“歯科の看護師”とも言えるほど重要な専門職。

歯科衛生士の需要がますます高まり、それに応じて、「歯科衛生士」に求められる知識・技術は年々増えてきました。歯科衛生士になるには専門学校や大学で3年間(大学では4年間)専門教育を受けた後、国家試験を合格した者が対象となります。勤務する歯科医院では、歯垢の除去やブラッシングの指導などは歯科衛生士が担当。また、高齢社会への関心の高まりにより、歯科も介護分野にまで関わるようになり、歯科のリハビリテーションも担っています。食べ物を飲み込む嚥下訓練を行うのも歯科衛生士の仕事のひとつに。そのため、仕事は多岐に渡り、歯科医師と同様に日々勉強を重ねて新しい知識・技術を取り入れています。虫歯や歯周病の予防について、日頃から患者さんとコミュニケーションを図りながら口腔内を健康な状態にキープでき、しかも感謝されるとあって、やりがいは十分です。

今どきの働き方改革で、歯科衛生士の労働環境の良さもポイントに。

患者さんがいる限り需要があり、歯科医院に歯科衛生士の存在は必要不可欠です。歯科医院同士のスタッフ獲得競争も激化しているため、求人は安定しています。もちろん、看護師と違って夜勤がなく、残業がなく休日をきちんと取るよう整備された歯科医院が多く、勤務時間も都合に合わせやすいので、職場環境は安定していると言えるでしょう。そうした労働環境の良さが、歯科医院内の風通しをよくし、歯科医、歯科助手、その他スタッフとの良好な人間関係を築ける要因になっています。また、歯科衛生士は国家資格のため、引っ越しや結婚、出産後も再就職しやすく、家事や育児との両立が可能なので、長域間働き続けられるのも魅力です。勉強会や講習会を受講するスキルアップの助成制度がある職場もあり、働きやすい環境整備は、今後さらに進んでいくに違いありません。

「食事がうまく飲みこめない」摂食嚥下障害が学べるのは、本校の歯科衛生士学科ならでは。

摂食嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)という言葉をご存知ですか?健康な人のほとんどは、食事を摂る一連の動作を意識せずに行えますが、高齢者や有病者の中には、様々な要因でこの一連の動作の一部もしくは全部がスムーズに行えず、「食事がうまくできない」と訴える方がいます。このように食べる機能全体を考えたときの障害を摂食嚥下障害といいます。例えば歯が抜けてしまって上手く噛めず「食事がうまくできない」ケースでは、ぴたりと合う入れ歯を作製し、噛む機能を回復することを目指します。入れ歯によって上手く噛むことができるようになれば食事がうまく摂れるようになるはずですから。摂食嚥下障害とその対応を学ぶことは、歯科衛生士が患者個人への対応にとどまらず、幅広い地域社会において、口腔機能や摂食嚥下機能の保持増進を達成することに貢献するものと考えます。本学科は、国家資格合格を目指すために少人数教育を行い、大学歯学部や各医院、病院にて活躍中の経験豊富な教員から学ぶことができるので、サポートも万全です。

【広告企画】提供 : 慈恵歯科医療ファッション専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歯科衛生士」
はこんな仕事です

歯科衛生士は、歯の病気予防や歯科医師の診療補助を行う仕事。生涯健康で丈夫な歯を維持するためには、虫歯や歯周病の予防は不可欠。歯科衛生士は、それらの予防処置として、歯垢や歯石の除去などを行う。子どもの頃から正しい歯の磨き方など、セルフケアの指導を行うことも重要な役割だ。診療補助の仕事では、歯科医師の指示を受け、器具の準備や受け渡し、管理などを担当する。出産後の再就職もしやすいため、女性が多い職種でもある。勤務先は歯科医院、保健所、老人保健施設などが挙げられる。

「歯科衛生士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける