ゲームを面白くするカギを握るデザイナーは どんな仕事をしているか知ってる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

ゲームを面白くするカギを握るデザイナーは
どんな仕事をしているか知ってる?

2020.03.01

提供:HAL大阪

ゲームを面白くするカギを握るデザイナーは
どんな仕事をしているか知ってる?

私たちがゲームを面白く感じるのは、CGの精度やキャラクターの動きなど、映像に関わるものだけではありません。ゲームの世界には、面白いシナリオやさまざまな仕掛けが散りばめられています。この、ゲームの空間と環境を作るレベルデザイナーという人たちが、“売れる”ゲームの鍵を握っているんです。

この記事をまとめると

  • ゲームをいかに面白いものにするかが要のやりがいある仕事!
  • 企業と連携しながらHALでゲームクリエイターとしてのすべてを学ぶ!
  • 圧倒的な実力で今年も大賞受賞!

プレイヤーの立場になってゲームの楽しさを追求

プレイヤーがさまざまな体感を得られるように、ゲームのコンセプトをもとにゲーム完成までのすべてを担うのがレベルデザイナーという仕事です。主な作業は、一人称視点シューティングや三人称視点シューティング、アクションゲームなどのバトルエリアや、探索や演出のためのステージなどのゲーム空間の設計、実制作、面白さやゲーム性の調整を行うこと。要するに、どこから敵を出すか、障害物をどこに配置するか、アイテムをどこで出現させるかなど何度もテストを繰り返しながら、ゲームをいかに面白くするかという役目を担います。
大まかな仕事の流れは、はじめにディレクターのイメージにもとづいて、青写真となるコンセプトアートを制作。次にレベルデザイナーが、言語を用いてゲームを実際に構築していくスクリプターやプログラマと相談して実装手段を決めます。
その後、人物やアイテムなどを立体的につくるモデラーや、キャラクターに行動や感情表現をつけるアニメーターに実装データの制作を依頼。必要に応じてレベルデザイナーが動きのイメージを伝える動画を作ることもあります。
プレイヤーが繰り返し楽しめるステージや環境はこの人たちが作っているのです。

とにかくゲームが好きな人に向いている!

レベルデザイナーに求められることは、とにかくゲームが好きであること、そして自発的に企画やアイディアの提案ができ、アクティブに制作に関われること。
HAL大阪のゲーム4年制学科では、レベルデザイナーをはじめ、ハイレベルな企画力を身につけ、斬新なアイディアで創造する「ゲームプランナー」や、クオリティの高いグラフィックスを生み出す「ゲームデザイナー」、さらに3Dを含む高度な技術を身につけ、ゲーム制作の中核を担う「ゲームプログラマー」を育成しています。
ゲーム企画コースでは、“売れるゲーム”をつくり出すため、アイディアの引き出しや企画書作成など幅広い技術・知識を身につける「ゲームプランナー」、ストーリーや世界観など“面白いゲーム”を生み出す手法を学ぶ「ゲームシナリオライター」、ゲーム開発の幅広い知識とプロジェクトマネジメントを学ぶ「ゲームディレクター」の3つの専攻が用意されています。
経験豊富な教官や現役プロから学べるのはもちろん、世界的ゲームプロデューサーの任天堂・宮本茂氏や、さまざまなノウハウに精通した業界のトッププロも「スペシャルゼミ」で直接指導。また、企業から依頼を受け、他学科とチームを組んでゲーム作品を制作する産学直結ケーススタディも用意されています。プロ用開発機材で学べるのでクオリティの高いゲームを創り上げるクリエイターが生み出されているのです。

HALが誇る圧倒的なコンテスト実績!

総合的に学べる本学だからこそ実現できた実績も多々あります。ゲーム業界最大級のイベント「日本ゲーム大賞」で2019年もHALの学生が見事大賞を受賞!過去最多の553作品の応募の中から、優秀賞5作品のうち、4作品がHALの学生チームによるものとなり、さらに佳作も1作品受賞し、大賞・優秀賞・佳作すべての賞をHALが総なめにしました。
12年間のコンテストの歴史の中、7度目の大賞受賞&12年連続受賞となり、これは、日本記録です。
ゲーム・CG・アニメーションなど幅広い分野の学生を表彰する「第25回学生CGコンテスト」では、HALの学生が制作したゲーム作品が最優秀賞に輝きました。ゲーム作品による最優秀賞は「学生CGコンテスト史上初」の快挙です。その他、多数のコンテストでゲーム分野における高い実力を証明しています。

【広告企画】提供 : HAL大阪

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける