アニメ制作の仕事がしたいけど、どんな仕事があるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

アニメ制作の仕事がしたいけど、どんな仕事があるの?

2020.04.01

提供:東放学園映画専門学校

アニメ制作の仕事がしたいけど、どんな仕事があるの?

毎日のように目にするアニメ。最近の日本文化を代表するコンテンツの一つとして、世界中で人気があります。将来アニメに関わる仕事がしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?ここでは、アニメ制作の仕事について紹介したいと思います。

この記事をまとめると

  • アニメ制作の現場は、様々な分野のプロによる分業制です
  • 職種によって求められる能力もさまざまです
  • 東放学園ならアニメ制作の流れに対応したカリキュラムであらゆる職種に対応可能

とっても幅広い!アニメ制作の現場に携わる職種をご紹介!!

アニメ制作は分業制で成り⽴っています。多数の分野のプロによって様々な⼯程を経て、作品として世に送り出されています。まずはストーリー展開を考え、「シナリオ」を作ります。それを元に、「キャラクターデザイン」や世界観、作品に登場するものの「設定」をし、スタッフ間でイメージを共有します。制作を行うための設計図となる「絵コンテ」は、カットの切り替わりやカメラアングル、カメラワーク、画面処理、登場人物の演技といった、作品とストーリーをどのように見せたいかという「演出」意図を表現する、非常に大事な工程です。

まだまだ続く!「作画」「CG」「背景」「撮影」「仕上」など、完成にいたるまでの⼯程は多数!

次に絵コンテを基に、実際の絵づくりをいます。「作画」には、動きの中で大事な部分の絵を描く「原画」、原画と原画の間をつなぐ絵を描く「動画」、たくさんの人が描いた絵を整える「作画監督」などがあります。また、最近のアニメ制作現場では作画との融合が主流となっている「CG」や建物や風景などの絵を描く「背景」を担当する人もいます。動画が出来上がった後は、ペイントソフトを使い、色指定に沿って動画に色を塗る「仕上」、動画とCG、背景を重ね合わせ、特殊効果を加える「撮影」の工程へ進み、「編集」を経て映像が完成します。
この様にして映像の制作を進める⼀⽅、音や⾳楽も映像を構成する⼤事な要素。声優による台詞の「アテレコ」やBGMや効果音の挿⼊などを⾏い、作品が完成します。

東放学園映画専⾨学校なら、アニメ制作の様々な職種を⽬指せる!⾃分の適性を探そう!!

東放学園映画専⾨学校では、「アニメーション・CG科」を設置。映画の専⾨学校ならではの映像のルールや演出の指導にも⼒をいれつつ、企画や設定から作画、演出、CGや様々なデジタルツールにいたるまでアニメ制作の様々な⼯程を学んでいきます。⼊学時には⾃分の適性がわからなくても、アニメ制作の全工程を幅広く学ぶことができるので、⾃分の好きなことや向いていることを⾒極めていくことができます。アニメ業界の最前線で活躍するクリエイターからアドバイスを貰いながら2年間で各職種の専⾨的なスキルを磨き、多くの卒業⽣がアニメーション制作会社への就職を果たしています。また、声優や⾳響などを学ぶグループ校の学生とのコラボ実習を⾏い、現場さながらの⼯程を学んでいくことができます。作品の中に⾃分の名前の残る仕事ってとってもかっこいいですよね。是⾮あなたも東放学園映画専⾨学校で、アニメ制作の世界に踏み込んでみませんか?

【広告企画】提供 : 東放学園映画専門学校

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アニメ監督」
はこんな仕事です

アニメ作品の制作を取りまとめる監督者である。劇場用作品の場合、自身が脚本を書く場合もあるが、基本的には脚本家が書いた脚本を基に、絵コンテを制作してアニメーターに指示を出す。作品のメッセージが観客に届くように自分ならではの表現を込めて、作画・撮影・音楽・編集・声優などへの演出を行う。アニメ制作に関してだけでなく、映像・映画についての知識も役に立つ。近年、長年のアニメーターの経験を生かして監督に選ばれたという人も多いが、コンピューターを駆使して一つのアニメ作品の全てを一人で制作することも不可能ではない。

「アニメ監督」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アニメーター」
はこんな仕事です

セルアニメの作品をつくるにあたって、何百枚もの透明なシートに連動する静止画を描き、アニメ動画に仕立てる。種類は「原画」と「動画」の2つ。原画マンが連続するポーズ(中割り)を描き、動画マンがそのつながりを描く。着色は領域外。原画マンは、監督や演出家がつくった絵コンテを基にカメラワークや背景画、ラフをつくり、動きの速さを想定した分割の指示も行う。技量が認められ、作画監督を経て数々の人気作品を手がける売れっ子や、監督になる人もいる。

「アニメーター」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「CGアニメーター」
はこんな仕事です

CG(コンピューターグラフィックス)の技術でアニメーション動画を制作する。CGアニメは映画、テレビ番組、CM、ゲーム、アプリなどで日常的な存在になり、CGアニメーターの需要は増えている。具体的な仕事は、モデラーと呼ばれるスタッフが作った3D物体に、専用のCGソフトを駆使して動きを付ける。キャラクターの場合は、表情や身に付けている物の動きまで描写。動きは細かなカット割りの連続で表現されるので、大変な手間がかかる。パソコンとソフトウエア、技術があれば自宅でも働けるため、フリーランスも多い。

「CGアニメーター」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける