長くビジネスで活躍する人材に!必要な学びがここにあります

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

長くビジネスで活躍する人材に!必要な学びがここにあります

2020.03.01

提供:愛知文教女子短期大学

長くビジネスで活躍する人材に!必要な学びがここにあります

愛知文教大学では、どの業種にも役立つ幅広い教養やコミュニケーション能力を育成するため、アクティブラーニングやPBL授業といった今注目されている授業・カリキュラムに加え、医療事務のスペシャリストをめざし専門的な資格取得にチャレンジする機会を多く用意しています。
職業意識を高めるための実践的な学びに力をいれ、社会で活躍する女性としての教養や人間性を育み、人を想う「人間教育」をめざします。

この記事をまとめると

  • 医療事務とは?手に職をめざせる
  • PBL型授業で長く活躍できる”即戦力”に!
  • 本当に必要なスキルとは?人から学ぶビジネス力

医療現場でのスペシャリスト”医療事務”

今後医療分野は、かけがえのない業界として発展し医療に関わる専門的な知識は長く役立つといわれています。特に医療事務のスペシャリストは、超高齢化社会を迎える現代において需要が高まっています。
医療事務の知識は、病院、クリニックなど医療に関わる多くの分野で求められます。
総合病院など規模の大きな病院では「受付」「会計」「請求」など分業化されているので、ステップを踏んでキャリアアップしていけます。
また、クリニック、診療所等規模の小さい医療機関では、少ない人数であらゆる業務をこなすため様々な知識を短期間で得ることができます。
専門性が高いので、手に職としてスキルを磨いていけるのが特長で、現場に合わせて知識を活かせる即戦力として求められています。

PBL型授業でビジネスの現場での即戦力を!

即戦力として活躍するための授業として、PBL型授業は今や教育現場で注目され、教育に変革をもたらしたといっても過言ではありません。そんなPBL型授業とは、これまでのインプット学習とは異なり、自ら問題解決し発信する学習法を実践した授業です。
グループワークやディスカッションを用いて、学生自らが問題や課題を自分で調べ解決していきます。問題解決までのプロセスが重視され、グループ内で発言し他人の意見を聞くというやり取りによって、他人を尊重する力も育まれます。
では何故PBL型授業が注目されているのでしょうか?
背景の1つとして、グローバル化があります。これからは多種多様な人と仕事をする時代となっていき、そのためには「コミュニケーション能力」や「発表力と尊重力」が必要となります。
2つ目は、AIの発達です。今後日本の半数の職が代替されるといわれており、そのためにもAIに代替され難い「人間の思考力や判断力」が重要になっていくでしょう。

実践を通し”人”から学ぶを大切に、未来で活躍できる”人”を育成

これらをふまえ、本学ではビジネスでいきいきと活躍できる人材を育てることをめざし、実践的な授業に重きを置き取り組んでいます。社会で必要なビジネススキルはもちろんのこと、ボランティア活動として、稲沢市の医療施設で地域活動に参加しています。市民病院の患者さんや、その周囲の人々との交流を通じることは、何を求められ、どうしたら喜んでもらえるか、みんなを笑顔にするための行動について等、生の声をもとに考え取り組む意義ある機会となっています。
その他、毎年恒例行事として七夕には福祉施設で茶会を開催。「みんなで一緒においしく安全に食べられる」を目指した食物アレルギー対応のお菓子の販売促進等、学生が主体となって企画書や報告書の作成からスケジュール管理までを行い取り組んでいます。
相手を尊重し行動することはビジネスシーンや、医療の現場において欠かせないスキルです。高齢者や子どもなど立場の異なる人とのふれあいを通し、本当の意味で人と人のコミュニケーションを大切にする人材こそがこれからの社会、未来に求められています。

【広告企画】提供 : 愛知文教女子短期大学

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療事務員」
はこんな仕事です

医療事務員の主要な仕事は、診療費を算出して請求するレセプト業務である。個人負担分以外の診療費を病院が健康保険組合などへ請求するのに必要で、病院経営の基盤になる。この業務は、医師のカルテを基に処置名や薬名を健康保険の点数に換算。診療報酬請求明細書を作成する。レセプト業務以外にも、受付や会計、入退院などの手続き、患者の呼び出しなど仕事は多岐にわたる。特に資格は必要ないが、知識や経験を積んでいる人が就業しやすい。勤務形態は、正規社員や派遣社員、パート、アルバイトとさまざまである。

「医療事務員」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける