経営学を学び、ビジネスとしてのスポーツ界に注目。 スポーツソーシャルワーカーの価値とは!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

経営学を学び、ビジネスとしてのスポーツ界に注目。
スポーツソーシャルワーカーの価値とは!?

2020.03.12

提供:星槎道都大学

経営学を学び、ビジネスとしてのスポーツ界に注目。
スポーツソーシャルワーカーの価値とは!?

プロやアマのアスリートによる競技だけでなく、健やかなライフスタイルの実現や健康寿命の視点からも注目されているスポーツ。楽しく安全にカラダを動かす基本から、スポーツを取り巻く環境の整備に至るまで、さまざまな角度からサポートするのが「スポーツソーシャルワーカー」です。まだあまり知られていませんが、だからこそ今後の可能性に満ちたスペシャリストと言えるでしょう。ここではそんな「スポーツソーシャルワーカー」の果たすべき役割から、この資格を取得するための貴重な学びのフィールドまでをご紹介します。

この記事をまとめると

  • スポーツの支援はもちろん健康増進や地域活性化にも貢献できる「スポーツソーシャルワーカー」
  • ダイバーシティ化する現代社会とスポーツソーシャルワーカーの関係
  • 星槎道都大学の経営学部経営学科では、実践的な経営学を学びながら「スポーツソーシャルワーカー」の資格をめざせる

社会福祉士の資格に基づき指導を行う、スポーツとビジネス界をつなぐスペシャリスト

近年、スポーツによる健康増進や地域活性化の動きが活発になっています。その実現に向けて重要な鍵を握るのが「スポーツソーシャルワーカー」です。
「スポーツソーシャルワーカー」の役割は、社会福祉士の資格に基づき、スポーツ活動を本人の支援はもちろん、取り巻く環境の改善を図ることで本人のポテンシャルを最大限に発揮できるよう働きかけるものです。
現代社会において、スポーツには国籍や人種、性別、さらには一般の人々と障がい者、高齢者をつなぐ役割も期待されています。
ダイバーシティ化(多様化)が進む昨今、社会のコミュニケーションツールとしてスポーツを活用する上でも、「スポーツソーシャルワーカー」への期待は高まるばかりです。

自治体との協力体制のもと、地域の諸問題を実感しながら解決策を身につける

近い将来の起業を目標とする学生を対象とした「ビジネスプランニング論」をはじめとする実践的な経営学を学ぶことができます。企業が抱える諸問題を実現性ある解決策などを議論し、現実社会で通用するスキルを修得することで、就職先の企業はもちろん取引先各社から必要とされる人材を育成します。
キャンパスのある北広島市をはじめ、由仁町、神恵内村などの自治体と協力体制を整備。それぞれ現地に出向き、地域の諸問題を肌で感じながら問題の解決に取り組むなど、地域の活性化に関する実践的な学びを身につけることが可能です。
また、キャンパスのある北広島市に北海道ボールパークが2023年開業予定。現地へのフィールドワークを通じて、ボールパーク開業までの経過や経営スタイルなどを生きた教材として学ぶことができる貴重な機会です。

経営専攻とスポーツ専攻の2つの専攻で、経営(マネジメント)とスポーツ関連の専門スキルを複合的に学ぶ

「スポーツソーシャルワーカー」の資格取得をめざせる貴重な教育機関が、星槎道都大学の経営学部経営学科です。スポーツのチカラ・資源を活用して地域活性化を推進する担い手を養成しています。
スポーツマネジメントやスポーツビジネス、コーチングなどの観点からスポーツのプロをめざしたい方は、「保健体育教員」や「スポーツ指導員」の資格取得をめざすことも可能です。
教員免許や指導員の資格取得を目標とするだけでなく、同時に基礎的な経営学の知識を学ぶことで、卒業後のスポーツ関連への針路の可能性を多様に広げることもできます。
また、経営専攻とスポーツ専攻といった2つの専攻を設けているので、将来の目指す道や興味関心に合わせて選択可能です。

【広告企画】提供 : 星槎道都大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経済学」
はこんな学問です

人間の生活に必要なものを生産して流通させる経済活動を研究対象とし、その歴史や仕組み、法則性などを明らかにする学問である。まず、経済にはマクロとミクロの視点があり、マクロ経済学では国レベルでの景気動向や経済成長について研究し、ミクロ経済学では、個人消費や企業活動の分析が中心となる。また、市場経済に焦点を当てるマクロ・ミクロの経済学だけでは経済のすべてを学ぶことはできない。たとえば、環境や福祉といった公共性の強い分野を研究する環境経済学、公共経済学などの科目もある。

「経済学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける