幼児教育で海外研修!子育て先進国に学ぶ 子育てのいろは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

幼児教育で海外研修!子育て先進国に学ぶ 子育てのいろは

2020.03.01

提供:愛知文教女子短期大学

幼児教育で海外研修!子育て先進国に学ぶ 子育てのいろは

プロの舞台演出家の指導を受け、すべて学生が中心となって企画するオペレッタ。舞台美術、照明、歌やダンスまで自分たちで行います。
マーチングでは、実際子どもたちが使う楽器で演奏。みんなが知っているアニメや映画の楽曲を演奏するので毎回ステージは大盛り上がりです。
こうした大人も子どもも楽しめるイベントを年間通していくつも開催し、ひとつひとつ創りあげることで保育者に必要な表現力やコミュニケーション力などが養われます。

この記事をまとめると

  • 世界に目を向けた保育者へ!進化する幼児教育
  • 幼児教育科の海外研修?ニュージーランドの子育てを学ぶ
  • 生涯にわたり活躍する保育者をめざして。豊かな教養と実力を養育

世界の子育て事情とは?知ることで視野を広げる

歴史や文化が違っても子どもを育てることは同じです。子育ては千差万別といいますが、世界規模で見た場合、そこには様々な子育て方法があり、素晴らしい幼稚園や保育園、新しい教育制度がたくさんあります。
そんな海外に目を向け広い視野をもつことが、これからの保育者に必要となっていて、グローバルな社会に対応できるコミュニケーション能力を身につけることも、これからは重要になっています。

そして、乳児期、幼児期の過ごし方が、その後の人生に大きな影響を与えることは、近年多くの研究結果で明らかになってきました。とくに乳幼児期の生活、教育の質がその後を大きく左右するといい、日本でも幼児教育の変革が日々なされ、制度改定される等どんどん進化しています。

海外研修!子育て先進国の”子育て”とは?

それに先駆け、本学では幼児教育学科の研修プログラムに、ニュージーランド保育研修を取り入れています。(希望者のみ)
子育て先進国ニュージーランドの子育ての特長は、子どもの個性を大切に育むというところです。その教育理念を「テファリキ」といい、一環として”ラーニングストーリー”という取り組みがあります。
子どもの興味や気持ちに寄り添い、成長として肯定的にとらえるのが目的で、子どもの日々の様子を”成長の物語”として記録していくものです。
保育現場の先生が子どもたちの言動を観察し、それを毎月1ページずつ記録しファイリング、園内で保護者や子どもたちがいつでも見られるようにしています。こうして、日々子どもに関わる皆で成長の喜びを共有し、子どもの気持ちの理解や気づきにつながる仕組みを作っています。子どもたちは、周りからの愛情を感じ、自己肯定感や安心感を抱き成長することができるといいます。

あらゆる子どもに対応!生涯にわたり活躍できる保育者をめざして

そんな海外の保育を肌で感じることができる研修プログラムは、これからの保育者に多くのメリットをもたらし、生涯において貴重な体験となるでしょう。
その他、学内には子育て支援施設文教おやこ園や附属幼稚園があり、子どもたちとのふれあいの中で実践力を養い、保護者との会話で子育てへの理解を深めていきます。地域の子どもたちとの交流イベントでは、学生主体となり、ゲームコーナーやお店屋さん、手遊び劇などを発表。協調性や子どもたちへの対応力を養う授業やイベントを年間を通して開催しています。
本学独自の「乳幼児食物アレルギー演習」では、食物アレルギーの基礎知識から食物アレルギー対応調理、他職種との連携も学べます。保育者として食物アレルギーを持つ子どもやその保護者を支援できる実践力が養われます。
こうして、幅広く子どもに対応できる保育者として、実践による知識、見識を武器に質の高い保育を提供できる人材をめざします。子どもの個性を大切に、保育者をめざすあなたの個性も大切に。生涯にわたり活躍する保育者をめざし、豊かな教養と実力を養う場をご用意しています。

【広告企画】提供 : 愛知文教女子短期大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育・幼児教育」
はこんな学問です

児童・幼児の発達・発育を促す保育者、教育者としての知識と技能を専門的に学ぶ。主に保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格取得をめざすことが目的。保育学や心理学、教育学、保健・体育学などの理論と、教育・保育実習を通して身に付けられる実践力のどちらも大切な学問である。教育系の学校のほか、健康・体育系の一部の学校でも学ぶことができる。実習は、学校附属の幼稚園、保育園などで行われるケースが多い。

「保育・幼児教育」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける