スイーツで笑顔を!!誕生日、バレンタイン、クリスマス、ウェデイングや毎日の生活に、おいしい笑顔を届けるパティシエを目指そう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

スイーツで笑顔を!!誕生日、バレンタイン、クリスマス、ウェデイングや毎日の生活に、おいしい笑顔を届けるパティシエを目指そう!

2020.03.01

提供:札幌観光ブライダル・製菓専門学校

スイーツで笑顔を!!誕生日、バレンタイン、クリスマス、ウェデイングや毎日の生活に、おいしい笑顔を届けるパティシエを目指そう!

みんなが大好きなお菓子を、独自のセンスと創意工夫を生かしてつくる仕事、パティシエは多くのの人が憧れる職業です。ケーキはもちろん、タルトやパイのほか、チョコレートやアイスクリームなど、スイーツ全般がその守備範囲。同時にパンの作り方や和菓子の知識などもあれば、さらに発想や活動の幅も広がります。多くのパティシエはホテルやレストラン、ケーキ店などでお菓子作りに携わりますが、なかには製菓メーカーで開発の仕事に関わる人も。いずれ独立し、自分だけのお店を持つなど、夢が広がるお仕事です。おいしさでみんなを笑顔にしませんか?

この記事をまとめると

  • お菓子には様々な種類があり、プロの職人になるにはできるだけ幅広く学ぶことが必要。
  • 第一線で活躍するプロになるには、現役のプロが使うような工房で学ぶのが好ましい。
  • 親身な指導と自主的に創意工夫してお菓子づくりに挑戦できる環境で、大きく成長。

2年間で150種類!さまざまな洋菓子、和菓子、パン作りまで、 数多く作ることで、幅広い知識と技術が身に付きます!

みなさんはどんなお菓子が好きですか?ショートケーキ、果物やチーズのタルト、ガトーショコラ、ミルフィーユ、チーズケーキにクッキー…なかには和菓子好きな人、調理パンが大好き!という人もいるでしょう。

甘いものは人の心を和ませ、幸せな気分にさせてくれます。お菓子が大好きで、その作り方にも興味があるなら、お菓子作りの専門家を目指してみるのはいかがでしょうか?

札幌観光ブライダル・製菓専門学校の製菓学科では、2年間の学習期間でケーキをはじめ、さまざまな洋菓子をメインに、和菓子、パンなど150種類ものお菓子作りを学ぶことができます。とにかくたくさんのお菓子の作り方を知り、実際に作ってみることで、お菓子づくりについての幅広い知識と技術を身につけることが可能。

また、お菓子作りやパン作りで大切な衛生面での授業も充実しています。調理場の清掃や食品衛生学実習などを通じて、お客様に安全なお菓子を届けるための食品管理の知識を育成します。

さらに、お客様にお菓子を気持ちよく食べていただくための「おもてなし」の精神を重視し、サービス精神あふれるパティシエ、和菓子職人、パン職人を育成しています。

第一線で活躍するパティシエも認める本格的なお菓子工房で実習!! 一流の職人をめざすなら、一流の環境で学ぼう!

お菓子作りのプロを目指すなら、一流を目指したいところ。
一流の技術や感覚は、第一線で働くプロたちが働くような環境から育まれます。

札幌観光ブライダル・製菓専門学校では北海道洋菓子協会の講習会としても採用され、プロにも認められた本格的な工房を完備。これはホテルやお菓子工房で使用されている施設と同レベルのものです。お菓子やパンを焼くためのオーブンも複数保有しており、学生は2年間の実習をこの充実した環境のなかで過ごすことができます。

たとえば、自分たちでメニューを考えてスイーツやパンをつくり、販売までを行う「販売実習」では、お菓子一つひとつの味やクオリティをキープしながら一度にたくさんの量をつくる「量産」の技術を学習しますが、こうした実習を行えるのも大規模で本格的な施設・設備があってこそ。学生一人ひとりがお菓子作りのすべての工程を実習するので、確実にスキルアップできます。

また、札幌中心地の名所である大通公園を窓から望む「キッチンスタジオ」は明るい日差しが差し込む開放的な空間で、学生にも親しまれています。

先生と距離が近く、細やかな指導でスキルアップ。 放課後に工房を開放し、自由にお菓子作りもできます!

豊富な実習と充実した施設に加えて、札幌観光ブライダル・製菓専門学校 製菓学科の大きなポイントは教員と学生の距離が近いことです。

各教員が学生一人ひとりに親身な指導を行い、授業内容をしっかりと把握できる環境があります。わからないことや疑問に思うところはその場で先生に質問して、解消できることも大きな強み。学生たちは安心して将来の目標を目指すことができます。

そんな学生たちに対して放課後、お菓子作りの工房の施設を開放しているのもこの学科の大きな特長です。実習の復習に利用するのはもちろん、自由に「自主製作」も行えます。学んだ知識・技術を用いて、友達や家族のためのバースデイケーキを作ったり、バレンタインチョコを作ったり、クリスマスケーキを作ったり…自主的に創意工夫することで、それぞれのスキルはますますアップしていきます。

身近な誰かの笑顔のために、心をこめてお菓子をつくること。そんなマインドを培うことも、お菓子作りの大切な勉強のひとつ。ここで学んだ学生たちは将来、数多くの人々を作ったお菓子で笑顔にします。お菓子作りの仕事、本当に夢が溢れていますね!

【広告企画】提供 : 札幌観光ブライダル・製菓専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「パティシエ」
はこんな仕事です

洋菓子やデザートを専門につくる仕事。「パティシエ」とはフランス語で菓子職人を指す言葉で、ケーキ、パイ、タルトなどの生菓子、クッキーなどの焼き菓子、その他にもアイスクリームやチョコレートなど、多種多様な洋菓子をつくる職人だ。活躍の場は洋菓子店やホテル、レストランなど店舗での洋菓子、デザートづくりだが、菓子メーカーに勤めて新商品開発など、知識や技能を生かした仕事を担当するケースもある。いずれの働き方でも、味と見た目の美しさを追求する姿勢が求められる。

「パティシエ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「和菓子職人」
はこんな仕事です

蒸し・焼き・練り・炊きといった独特な技術を駆使し、上生菓子や干菓子など、美しい色や形の日本伝統の和菓子をつくる職人。茶道とともに発展してきた和菓子は、日本の風土を表現することに重きを置いており、四季折々の季節感や草花を題材とした菓子づくりに大きな特徴がある。現在、特にメーカーなどでは製造の機械化が進んでいるものの、やはり基本は手づくりであり、一人前の職人になるまでには長い修業が必要となる。

「和菓子職人」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「パン職人」
はこんな仕事です

パンづくりのプロフェッショナル。「まちのパン屋」と呼ばれるような店から、デパートに出店するような店まで、規模はさまざまだが、つくり方にはあまり違いはない。基本的には小麦粉、水、塩、イーストなどのシンプルな材料を用いて、パン生地の仕込み・発酵・焼き上げ、というプロセスでつくられる。極めてシンプルなプロセスながら、発酵の度合いや焼き加減といったまさに職人技によって味が大きく変化する点が、この仕事の醍醐味(だいごみ)ともいえる。

「パン職人」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける