あなたはアーティスト志望?それとも音楽業界就職志望? その両方を目指すために必要なスキルを学ぶ専門学校があります。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

あなたはアーティスト志望?それとも音楽業界就職志望?
その両方を目指すために必要なスキルを学ぶ専門学校があります。

2020.03.01

提供:専門学校 札幌ビジュアルアーツ

あなたはアーティスト志望?それとも音楽業界就職志望?
その両方を目指すために必要なスキルを学ぶ専門学校があります。

大好きな音楽を一生の仕事にするために必要なのは、「技術力」と「創造力」、そして「表現力」。センスや才能はもちろん大切ですが、楽器や器具・機器の使い方、魅せるパフォーマンス手法、楽器演奏や作曲・編曲の技術、照明や音響なども含めたライブやコンサートの運営などのスキルは、専門的な学習機関で学ぶことにより、プロのレベルまで引き上げることができます。アーティストになりたい人、スタッフになりたい人…どちらを目指す人にとっても最適な環境を提供するのが、専門学校札幌ビジュアルアーツ 音響学科です。

この記事をまとめると

  • 音楽業界には幅広い職種があり、それらのすべてが音楽を支えている。
  • 本番さながらのライブを学生が一から企画する練習を重ねて確実にスキルアップ。
  • ミュージシャンにとどまらず、広い視野を持って音楽業界に天職を見つけよう。

華やかにステージで活躍するアーティストだけじゃない! 業界を支える様々な職業が、あなたの才能と情熱を待っています。

音楽好きな人々が最も憧れるのは、やはりアーティストでしょう。
ヴォーカリストやギタリスト、ベーシストやドラマーなど、ステージ上でパフォーマンスを行うその姿は人々を熱狂させ、感動を与えます。また、作曲・作詞・編曲家も魅力的な職業。ヒットナンバーはそうした人のクリエイティビティから生み出されます。マニュピレーターやトラックメーカーも現代のポップミュージックには欠かせない人材です。

こうした作品づくりやパフォーマンスに携わる職業は、数多くの音楽関連職によって支えられています。新たな才能を発見するためのアーティスト発掘の仕事、アーティストの仕事を支え、その方向性をアーティストともに決定するマネージャーの仕事、そしてライブやレコーディングを支える様々なエンジニアたちの仕事…これらなしに、音楽業界は成り立ちません。

デビューを果たし、テレビなどのメディアで活躍するアーティストは一握りですが、音楽への愛情と知識を生かして働く仕事は実に多様です。楽器を知り尽くした楽器店の店員さんなども、音楽文化を支える重要な存在。「音楽が好き」な人々には様々な将来の選択肢があると言えます。

コンセプト立案から作詞作曲、機材セットから宣伝まで。 定期的に開催される、みんなが作る学内ライブでスキルアップ!

専門学校札幌ビジュアルアーツは、ミュージシャンを目指す人、レコーディングエンジニアやライブPAエンジニア、オペレーターなどを目指す人がプロになるために必要な技術・知識を学ぶための学習機関です。

その学びのなかで特徴的なのが、学生全員で取り組む校内ライブ。
学生たちがそれぞれのコースで日々学んできた知識・技術をフル活用し、ひとつのライブを作り上げる実習授業です。
まず、みんなで相談してライブのコンセプトを決定。バレンタインデイやクリスマスなど、季節の行事に沿ったコンセプトづくりを行うこともあります。決められたテーマに従って、ライブで演奏する楽曲の作曲と作詞を実施。しっかりと楽譜を作って、そこからはライブ当日まで繰り返しスタジオで練習を重ねます。練習と平行して、ライブ告知用のポスターなどの宣伝素材を独自に作成。全員で作り上げるライブのプロモーション活動も実践で身につけることができます。

ライブ当日には機材の搬入や照明・音響機材のセッティング。直前までサウンドチェックやリハーサルを行い、万全の状態で本番に臨みます。こうしたライブは定期的に開催され、回数を重ねるごとに全員が実力のレベルアップを実感できます。

アーティストはもちろん、音楽業界全体を幅広く見渡し、 視野を広げながら、自分に合った将来を目指しましょう!

それでも、「やっぱり音楽の道で食べていくのは厳しいんじゃ…」と不安になる人も多いと思われます。「ミュージシャン志望だけど、それを仕事にできるか心配」という人もいるでしょうし、「音楽業界に入るのは難しいかも…」と考える人もいるでしょう。

しかしご心配なく。
専門学校札幌ビジュアルアーツ 音響学科の総合音楽専攻では、アーティスト側、スタッフ側両方のスキルを身につけることができます。

「音楽の分野をひと通り経験してから進む道をじっくりと決めたい」という人や、「ミュージシャンとバックステージのどちらが向いているかわからない」という人に向け、幅広い学びの機会を提供。双方の技術・知識を身につけることで、「音楽業界」に対する視野を広げ、自分に合った方向性を見つけ出すことができます。

ミュージシャンやバックステージの音響エンジニアだけではなく、ライブハウススタッフ、アーティストマネージャー、音楽イベントプランナー、ラジオ制作スタッフなど、音楽に携わる仕事は数知れません。幅広い視点に立って自分の得意分野を見つけ、音楽業界への道を選択することができます。自分の情熱を信じて夢を追いかけましょう!

【広告企画】提供 : 専門学校 札幌ビジュアルアーツ

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ミュージシャン」
はこんな仕事です

作詞・作曲や、楽器を演奏したりして収入を得る職業。単独で演奏するソロかバンドや楽団などのグループがあり、作詞・作曲をすれば後に印税が得られる。テレビなどの番組やコンサート、ライブ会場で演奏をする仕事が一般的。他にCDのレコーディングに参加するスタジオミュージシャンの仕事や、伴奏をするバックミュージシャンの仕事、楽器メーカーのデモンストレーションを行う仕事などもある。近年は、扱うのが楽器とは限らず、さまざまな電子機器を用いて作曲・演奏するプロもいる。

「ミュージシャン」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「音響エンジニア」
はこんな仕事です

専門機材を操って、コンサートホールやライブハウス、劇場、映画、テレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアに流れる音楽の音響調整などを行う仕事。ステージやレコーディングに必要な技術のエンジニアとして活動する以外に、音響会社、録音スタジオ、放送局、音響機器メーカーの設計開発など、働く場は多様だ。最近はアナログ機材だけでなくデジタル機材やDTMソフトの操作スキルも必要とされ、仕事の幅は広がっている。音響芸術とも呼ばれる領域の職種だけに、電子・情報通信工学の知見と芸術的感性の両面で評価される。

「音響エンジニア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「作曲家」
はこんな仕事です

一言で作曲家といっても、クラシックから歌謡曲はもちろん、映画のサウンドトラック、CMソングなど作った曲が使われる用途は幅広い。どの仕事でも作曲料と別に印税が収入源となる。ほとんどの場合は、依頼主の要望や企画の意図に沿って曲を作ることになる。曲調、長さやボーカルの有無などを依頼主、スタッフとすり合わせてから、曲を作り譜面を書く。演奏はキーボードなどで弾く以外にパソコン上のDTM(デスクトップミュージック)ソフトを使うこともあるが、作曲家によって手段は異なる。

「作曲家」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける