認知症の予防に役立つ? 介護施設でカラオケ大会が開かれている!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

認知症の予防に役立つ? 介護施設でカラオケ大会が開かれている!?

2015.12.22

提供元:マイナビ進学編集部

認知症の予防に役立つ? 介護施設でカラオケ大会が開かれている!?

多くの介護施設では、入居者同士で「カラオケ」をすることがあるのだとか。歌うことの健康的な効果やをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 高齢者の介護に、なんとカラオケが活用されている
  • 歌うことは、心にも体にも、健康になれる効果がある
  • 福祉・介護施設向けのカラオケシステムも導入されている

みんな大好きなカラオケが、介護施設で活用されているって知ってた!?

みなさんはカラオケは好きですか? 放課後や休日になると、友達と一緒にカラオケで何時間も盛り上がっている人はきっとたくさんいますよね。子どもから大人まで、歌うことが大好きな人は多いと思います。

そんなカラオケが今、介護施設に取り入れられていることをご存じですか? どうやら高齢者の健康増進や認知症の予防になるのだとか。

介護施設へのカラオケの導入は、大手通信カラオケ会社と大学による研究で効果が明らかになってから、積極的に進められています。入居者たちで一緒にカラオケをすることで、健康状態や脳機能が活発になるのだそうです。確かに、普通に生活している人々でも、カラオケはストレス解消に役立っていますし、イライラしたり気分が落ち込んでいるときでもカラオケで大きな声で歌ったらで「あー、スッキリした!」と気分が爽快になることもありますよね。

カラオケには、歌う前に感じる緊張感と歌い終わったあとのスッキリした気分、解放感を感じることで、自律神経のバランスよくなり、血圧を下げる効果があります。高血圧になると脳出血や脳梗塞を誘発してしまいますから、高齢者は歌うことで高血圧による脳血管性認知症の予防にもなるのです。また、声を出すことで音読と同じような効果があるほか、音程やリズムを合わせること、歌詞を覚えることにより記憶力を駆使することなどで、脳が活性化するのです。

歌うことは、心にも体にも効果あり!

歌うことは心や脳への効果もあれば、同時に体への効果もあります。口を動かすことで、のどや顔の筋肉を使いますし、大きな声を出すためには腹筋も使いますから、体にほどよい運動にもなります。1曲あたり10カロリーから20カロリーが消費されているというのが、カラオケで1曲歌った後の画面に表示されることもありますよね。そして何より、みんなと一緒にカラオケを楽しむことで、歌うよろこびや楽しさを周りの人たちと共有して元気になることができるのがいいところです。

こうしたカラオケの効果を役立てるために、現在では多くの介護施設や行政機関に、福祉・介護施設向けカラオケシステムが導入されています。普通のカラオケと違うのは、血圧や脈拍などがチェックでき、ゲームやレクリエーションなどの機能が搭載されていることです。1台でさまざまなことが行えるので、介護スタッフの業務効率の向上にもつながっています。

介護トレーナーは生きる喜びを老人たちへ与えること

高齢者に向けて、介護の視点からこのような取り組みを行っているのが、「介護トレーナー」です。介護トレーナーは、高齢者の日常生活における心身の機能低下を防ぎ、よりよい生活を送れるようにする手助けをすることが役割です。人の役に立つ仕事をしたいと考えている人には、介護トレーナーは、人を喜ばせ、大きなやりがいを感じることができる仕事ではないでしょうか。

みなさんもぜひ今度、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にカラオケに行ってみてください。喜んで歌う姿は、若者もお年寄りの人もきっと同じ。介護の仕事への発見もあるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

現場で福祉を担う介護福祉士などのスペシャリストや、福祉サービスの企画・提案ができる人材を育成します。通常の生活を営むことが困難な人の生活を助けるための専門知識、技術を身につけ、職種により就業に必要な資格取得を目指します。高齢化が進む中、精神的なケアや寝たきりを防ぐための運動指導など、必要な専門知識や技術も幅広くなっています。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「介護トレーナー」
はこんな仕事です

高齢者の心身の機能低下を防ぐことで、転倒予防、介護予防につながるサポート活動を行うのが介護トレーナーの役割である。高齢者が元気なうちから、適切な指導を継続的に行って、健康で自立した生活を長く保てるように支援していく。たとえば、高齢者福祉施設などで軽度なリハビリテーション運動や失禁予防のための運動を指導するのが仕事となる。その他、各種レクリエーション実習などに取り組み、一人ひとりの高齢者の心身の機能維持・改善を促す。高齢者の心情に寄り添う気持ちが求められる職業である。

「介護トレーナー」について詳しく見る