AIの時代に生まれる仕事、なくなる仕事。AI時代のシゴトについて考えてみる

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

AIの時代に生まれる仕事、なくなる仕事。AI時代のシゴトについて考えてみる

2020.03.01

提供:デジタルハリウッド大学

メイン
テーマ

AIの時代に生まれる仕事、なくなる仕事。AI時代のシゴトについて考えてみる

「AIの時代がくる!」――
テレビにインターネット、そして新聞。最近のニュースでは、毎日「AI」が話題になっていると感じませんか?AI(人工知能)の時代は、まさに、すぐそこに来ているようです。そして、「AIに仕事を奪われる」という心配も。
すぐそこにきているとされる、AIの時代。AIの普及により、私たちの仕事の在り方はどうなるのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 「AIの時代がくる!」――それって、どういうことなの?
  • AIにはできない「人間の仕事」
  • AIとデジタルで切り拓く、新しい未来

進化するAI。「働かなくていい」未来はすぐそこに?

「AI(人工知能)」――
テレビにインターネット、そして新聞。最近のニュースでは、日々「AI」が話題になっているようです。そのAI、スマートフォンやスマートスピーカー、お掃除ロボットなどには搭載済み。AIは知らず知らずのうちに、しっかりとわたしたちの生活を快適にしてくれています。
そんなAIは、現在、熟練のプロ棋士を負かすほどの進化を遂げています。その進化のスピードは?というと、そう遠くない未来に、今あるわたしたちの仕事のほとんどを奪ってしまうという説もあるほど。
となると…私たち人間は働くことを奪われ、何もする必要のない未来が待っているということなのでしょうか?

AIにも不得意な仕事がある

ただ、AIがいくら進化しても、AIがあまり得意でない仕事も存在します。一例として、より「人間味」を求められる職業が挙げられます。例えばあなたがスニーカーを買うときのことを想像してみてください。「ほしい!」と思ったのはインターネットでも購入できるスニーカーだったものの、実際のサイズやデザインの雰囲気がどうしても気になり、実際のお店に来店。すると、店員さんが丁寧に接客をしてくれ、思っていたのとは異なるすてきなデザイン・より足に合ったサイズのスニーカーを買うことができ、とてもうれしい気持ちになりました。こういった場面などでは、人間の出番もしっかりと残ってくれそうです。
同様に、人が楽しいと感じたり、美しいと感じたりする感情的なことに関連する仕事は、 AIはまだあまり得意ではありません。そのため、人を感動させたり、ワクワクさせるエンターテイメント性の高い映画やゲームといった分野やアートなどの芸術分野では、これからもまだまだ人間の活躍の場は多いと思われます。
また、逆にAIを上手に活用し、これまで解決することが難しかったことに関して新しいアイディアを考えたり、AIをコントロールするような職業は増えてくると思われます。

新しい未来を、AIなどデジタルの力で切り拓く

今現在、AIはわたしたちの生活をより快適に、便利にしてくれています。でも、AIを活用して解決したい問題はまだまだたくさんあるでしょう。例えば、毎年の花粉症。天気や花粉の予報に関しては、すでにAIが活躍中ですが、肝心の「花粉症を予防する」面においてはどうでしょう?毎年、多くの人がアレルギー症状に悩まされ続けており、「もし解決できるのであれば、AIにはさらに頑張ってほしい」と思うのではないでしょうか。
このように現在は解決が難しい問題でも、大きな進化を遂げているAIなどデジタルを利用した技術の力をもっと上手に活用できれば、解決への道が開けるかもしれません。
AIに仕事を奪われるという発想ではなく、 AIとともに生きる私たちには、逆にAIをうまく活用し、これまで解決が難しかったことを解決していく。そこに新しい仕事が生まれてくるのです。
そのため、デジタルハリウッド大学では、常に社会の動きを見据えながら最新のデジタル知識を自在に活用する技術と、クリエイティブな発想、表現を行っていく手法を学び、高い技術力と豊かな創造力を活用して、様々な分野で未来をつくる人材を育んでいます。
新しい仕事を、未来を、AI・デジタルクリエイティブを活用し切り拓く。DHUにしかない学びがそこにはあります。

【広告企画】提供 : デジタルハリウッド大学

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける