空中でお絵描きができる!? 描いた物が立体で現れる3Dペンって何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

空中でお絵描きができる!? 描いた物が立体で現れる3Dペンって何?

2015.12.22

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

空中でお絵描きができる!? 描いた物が立体で現れる3Dペンって何?

3Dプリンターとともに注目が高まっている、夢のようなペンがあります。その仕組みや可能性についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 立体物を「描く」ことができる、3Dペンが話題
  • プラスチックの樹脂を利用して、描いた線が立体化できるようになっている
  • こうした製品の裏には、インダストリアルデザイナーや機械設計・技術者が関わっている

3Dが生活の中にどんどん普及してきた! ついには3Dペンまで登場!?

3Dといえば、最近では画面から飛び出る立体映像の映画がおなじみで、私たちの生活にも少しずつなじみ始めた言葉です。その3Dが、エンターテイメントだけでなく徐々に生活の中に普及しているようです。

例えば、立体物をプリントできる3Dプリンターがその一つですが、最近ではさらに新しい3D技術が活かされた製品が生まれています。それが3Dペン「3Doodler」です。なんとこのペン、空中に絵を描くことができるんです。

3Doodlerは、3Dプリンターのペン版ともいえる製品で、空中にペンを走らせることで絵を描くことができる、世界初の「空中に描くことができる3Dペン」です。クラウドファンディングサービスWebサイト「Kickstarter」で出資を募ったところ、なんと約2億4,000万円もの資金を集めて、晴れて製品化されました。きっと、誰もが「空中で3Dが描けるってどういうこと!?」「自分もやりたい!」と思い、出資を申し出たのでしょう。

ペン先から出る溶けたプラスチック樹脂が固まり、立体の絵が描ける

このペンがいったいどんな仕組みになっているのかというと、コードがつながったペンの後ろからプラスチック樹脂のスティックを入れます。ボタンを押すと、ペンの根本にあるヒーターがプラスチックを溶かし、ペン先からプラスチックの樹脂が出てきます。プラスチック樹脂は空中で急速に冷え、すぐに固まるので、思い思いの方向にプラスチックの線を引いていくことができるのです。

最新モデル「3Doodler 2.0」も発売されるほど話題を集めているこの3Dペンは、自分で気の向くままペンを走らせて、自由な絵を描いてもいいですし、3DoodlerのオフィシャルWebサイトでテンプレートとパーツを入手して、キット通りに組み立てることもできます。自転車や塔など、難易度はさまざまですが、描いていると時間を忘れて夢中になってしまいそうですね。このペンが進化して行けば、デザイナーが仕事現場で使ったり、幼児教育の場でも使われたりするのかもしれません。

人々が笑顔になれる、夢のある製品を生み出せる仕事

描いた物がそのまま立体になるという、まるで漫画の世界に出てくる夢のようなペンをつくろう、と思い立ってから現実に製品化されるまでには、「インダストリアルデザイナー」や「機械設計・技術者」の存在があります。

インダストリアルデザイナーも機械設計者も、「こんなものがあったらいいなあ」という、今より便利な製品を自分の手で生み出すことができるのは、とても大きな喜びです。将来、インダストリアルデザイナーや機械設計・技術者を目指したい人は、ぜひ3Doodlerのような、人々が笑顔になれる夢のある製品を考えてみると楽しいかもしれませんね。

この記事のテーマ
メーカー」を解説

日用品から航空機に至るまで、製品として世に出るモノは必ずどこかのメーカーによりつくられています。工業技術を用いてモノを生産する企業がメーカーです。生産技術の基礎は、機械などは物理学、薬や洗剤などは化学、食品などは生物学などさまざまです。自動車会社のように機械、電気・電子、情報などの各工学によりつくられた部品を一つの製品に集約するメーカーもあります。

「メーカー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「機械」
はこんな業界です

機械業界は主に建築や土木に使われる機械を製造する建設機械業界と、マザーマシン(機械をつくるための機械)などを製造する工作機械業界の2つに分かれる。建設機械業界では大気汚染防止や低騒音など、近年環境に配慮した機械が注目を集めている。また、工作機械業界は、製造業の設備投資状況などで売上が大きく左右される。だが日本の工作機械メーカーは、過去に27年間連続で世界1位の受注額を記録したこともあり、世界的にも高いシェアを誇っている。

「機械」について詳しく見る