試合前にサッカー選手と手をつないで入場する子どもは、どんな役目があるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

試合前にサッカー選手と手をつないで入場する子どもは、どんな役目があるの?

2015.12.09

提供元:マイナビ進学編集部

試合前にサッカー選手と手をつないで入場する子どもは、どんな役目があるの?

サッカー選手と手をつないでスタジアムに入場する子どもたちをテレビで見たことはありませんか? あまり知られていない彼らの役割をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 選手と一緒に手をつないで入場してくる子どもは「エスコートキッズ」と呼ばれている
  • チームやスポンサーが募集しているので、どんな子どもにもチャンスがある
  • お客さんや選手のために、目立たない場所でもたくさんの人が働いている

どうして選手と一緒に子どもたちが入場してくるの?

サッカーの試合のテレビ中継を見ていると、Jリーグや日本代表の国際試合、海外のクラブチームの試合まで、入場のときに必ず、選手と手をつないで入場してくる子どもたちを目にします。考えてみると、どうして子どもたちと一緒に入場してくるのでしょうか? また、あの子どもたちはどんな基準で選ばれた子どもたちなのでしょう?

選手と手をつないで出てくる子どもたちは、「エスコートキッズ」と呼ばれています。試合の規模や種類により年齢は違いますが、主に小学生の子どもが対象になっているようです。そんな彼らの存在は、激しくぶつかりあうスポーツであるサッカーにとっての「フェアプレー精神の象徴」なのです。

試合が進むうちに選手たちはだんだんエキサイトしてしまい、意図的に相手の足をかけてしまったりわざとぶつかったりなど、選手もヒートアップして我を忘れてしまう場合があります。こうした汚いプレーを見てしまうと、選手はもちろん、観客もあまりいい気持ちにはなりませんよね。そうしたことが起きないよう、子どもたちの前で恥ずべき行為をせずにフェアプレーを誓う、という意味で、選手たちは子どもと手をつないで入場してくるのです。

どんな子どもにも、選手と手をつないでピッチに立てるチャンスがある!

では、ピッチに登場する彼らは、どんな子どもたちなのでしょうか? 例えば、Jリーグでは多くの場合、エスコートキッズを務めたい子どもたちをクラブやスポンサーが、ホームページやファンクラブで募集しています。もちろん希望者が多いでしょうから、抽選で選ばれたラッキーな子どもたちが選手と一緒に入場できるのです。

また、日本代表戦でもスポンサーがホームページで募集を行っています。世界大会などでもエスコートキッズを導入していますが、こちらも毎回スポンサーが募集を行っています。いずれにせよ、抽選の倍率は高くなっていますから、実際に選手とピッチに入ってくる子どもたちは本当に幸運なのですね。

お客さんの安全や選手が気持ちよくプレーするために多くの人が働いている

サッカーの試合では、エスコートキッズ以外にも試合前にピッチに国旗を運ぶ「ナショナルフラッグベアラー」や、試合前の練習を行う選手たちを花道で迎えてハイタッチする「ハイタッチキッズ」など、いろいろな場面で子どもたちに参加してもらう企画を行っています。こうした催しを企画するのが、クラブチームやスポンサー企業の職員などの「スポーツのチームや組織で働く人」の仕事です。

彼らは、競技の開催がスムーズに行くための宣伝活動や営業といった働きはもちろん、観戦に来るお客さんたちが安全に楽しく競技を楽しめるように、そして選手たちが気持ちよく最高のプレーができるように、最大限の努力を行っています。もしかしたら、エスコートキッズの中から、将来サッカー選手を目指す子どもだけでなく、スポーツの世界の裏方で働く人々を知ることで、自分もチームのために働こうと思う子どもが現れるかもしれませんね。

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツのチームや組織で働く人」
はこんな仕事です

野球やサッカーなど、スポーツ選手が所属するクラブチームの運営に携わる仕事。広報活動やスポンサーの開拓、選手の契約の管理、経理など、業務内容は幅広い。新たな有力選手の入団交渉や、所属選手に対する処遇の変更など、チームの人事面もサポート。また、サポーターやファンの来場数を増やすために、集客方法を考案することもある。クラブチームを運営する企業に就職するケースが一般的。必要な資格はないが、スポーツが好きで、チームや選手に愛着を持って業務と向き合える人に向いている。

「スポーツのチームや組織で働く人」について詳しく見る