「地域になくてはならない大学へ。『生涯学習』と『災害医療』で地域貢献を。」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「地域になくてはならない大学へ。『生涯学習』と『災害医療』で地域貢献を。」

2020.03.01

提供:愛知医療学院短期大学

「地域になくてはならない大学へ。『生涯学習』と『災害医療』で地域貢献を。」

清須市と愛知医療学院短期大学が締結した包括連携協定の中で、官学連携事業の一環として生まれた「清須市民げんき大学」と「災害時における救護活動」。
地域包括ケアシステムを根差すべく、健康と安心した暮らしの実現を目指して、今、教職員と学生が一丸となって取り組んでいます。

この記事をまとめると

  • 「げんき大学」で生涯学習を推進
  • 災害医療の知識を持った療法士を育成
  • 興味がわいたら、リハビリテーションを学んでみませんか?

「生涯学習の推進。『清須市民げんき大学』で健康や介護予防の知識を深める。」

愛知医療学院短期大学は、清須市と「包括連携協定」を締結し地域医療の貢献、教育・研究、生涯学習、災害時における救援活動など、
地域貢献活動を推進していくこととしました。

その中でも、「清須市民げんき大学」と「災害医療」は今後の地域医療に大きな役割を担います。
「清須市民げんき大学」は、2017年に開校され、高齢者がいつまでも健やかで"げんき"に過ごしていただくことを支援するために設立されました。
清須市在住の65歳以上で学習意欲のある高齢者と共に、健康や介護予防に関する知識を広げ、運動を通して日常的に健康づくりを進めるとともに、新しい出会いや発見、感動を分かち合うことを目指しています。

「清須市民げんき大学」では多種多彩な講義があります。
身近な病気(糖尿病等)のお話や、障がい者スポーツの競技種目を体験して体を動かしたり、美味しいごはんをいつまでも美味しく食べるための口腔ケアの講義など、幅広い内容の講義をおこなっています。
年を重ねてもげんきで活動的に過ごすことができるように介護予防や健康づくりに役立つ学習や運動を実践するだけでなく、時には自分たちで考案したものを発表する講義もあります。

「災害医療を学び、+αの知識を持った療法士を育成」

大規模災害の被災地では、避難所生活が長引くことによる「災害関連死」が大きな問題となっていますが、
その被災者の健康を守るためにリハビリのプロが果たす役割の大きさに注目が集まっています。
本学は、清須市にある医療系短期大学であり、本市からは防災や災害救護の面でも大きな期待が寄せられています。
そこで、災害医療救護活動ができる人材育成のため、外部講師を招いて「トリアージ」や「応急手当」について実技形式の講義を行う「防災教室」や、清須市主催の防災訓練への参加、また、大規模災害の被災者の被験談を通じて、災害を追体験することで被災の具体的なイメージを理解する「災害エスノグラフィー」の実施など、新たな取り組みを始めています。
災害医療を学び、+αの能力、知識を持った理学療法士、作業療法士の育成を目指しています。

興味がわいたら、リハビリテーション学科で学んで身近な人を“げんき”に!

お祖父さんお祖母さん、両親など、身近にいる人たちがいつまでも“げんき”で安心して生活してほしい…
「今後、どのようなサービスが必要なのか?」を考えたとき、理学療法学・作業療法学を学ぶことは、とても役に立つと思います。
近年叫ばれている「災害医療」においても、
「いつ起こるかわからない災害に、今なにができるのか?」…
現在、リハビリテーションや災害救護といった地域包括ケアシステムの重要性は日々高くなり、理学療法士・作業療法士が活躍する舞台はどんどん広くなっています。
リハビリテーションに興味が湧いた人は、ぜひリハビリテーション学科で学んでみてください。
身近な人の未来を“げんき”な暮らしを守りたい、そんな思いが今後の日本の未来を明るくします。
未来のリハビリテーション医療を担う人になり、日本を“げんき”にしてください。

【広告企画】提供 : 愛知医療学院短期大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「リハビリテーション・作業療法・理学療法」
はこんな学問です

リハビリテーションには、障がいを持った人の運動能力回復のための理学療法と、心身にわたる諸機能を回復するための作業療法がある。理学療法では、立つ・歩くなどの運動療法とマッサージや電気による物理療法を用いるための知識、技術を学び、「理学療法士」をめざす。一方、作業療法は、精神疾患なども含めて用いられるもので、たとえば、園芸や工芸を通じ、患者が生活の自立性を回復するための知識、技術を学び、「作業療法士」をめざす。

「リハビリテーション・作業療法・理学療法」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける