アメリカでは、アメフト部とチアリーダーがクラスの人気者になりやすいって本当?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

アメリカでは、アメフト部とチアリーダーがクラスの人気者になりやすいって本当?

2015.12.08

提供元:マイナビ進学編集部

アメリカでは、アメフト部とチアリーダーがクラスの人気者になりやすいって本当?

生徒間の序列といわれる「スクールカースト」は、日本でもその言葉が使われることがあります。では、海の向こうではどうなのでしょうか。アメリカの例をご紹介します。

この記事をまとめると

  • アメリカの学園ドラマや映画では、「スクールカースト」が描かれていることが多い
  • 格付けのトップに立つのは「ジョック」や「クイーンビー」と呼ばれる生徒たち
  • スクールカーストに縛られず、自分と違うタイプの人とも認め合っていくべき

生徒同士が格付けしているアメリカの学園ドラマって?

アメリカの有名な学園ドラマ『glee』を見たことがある人はいますか? オハイオ州にある高校のグリー部が、州大会での優勝を目指して奮闘していく大ヒットドラマです。本格的なパフォーマンスや高校生たちが成長していく姿に感動する人が続出し、アメリカでは社会現象にもなるほどの人気でした。

『glee』に出てくる合唱部の最初の部員はたったの5人。しかも、この5人は、学校内でいじめを受けたり、負け犬と呼ばれているような生徒ばかりでした。そのため、ほかの部活の生徒から嫌がらせを受けたり、部費を横取りされそうになってしまいます。

アメリカの学園もののドラマや映画では、このような学生内での“格付け”が描かれています。運動部の目立つ生徒が、地味な生徒を見下していじめ、いじめられた生徒が這い上がっていくというようなストーリーはよくありますよね。このような学校での格付けは、「スクールカースト」と呼ばれ、最近は日本でも問題になっています。日本の作品でいうと、アニメの『暗殺教室』や映画『桐島、部活やめるってよ』でその様子が描かれています。

トップは「ジョック」と「クイーンビー」!?

スクールカーストは、人気者の生徒が頂点に立ち、それを取り巻く生徒、地味で目立たない生徒といった順番にピラミッド型の上下関係をつくってしまうことです。アメリカでは、スクールカーストのトップにいる男子生徒を「ジョック」、女子生徒を「クイーンビー」と呼ぶことがあります。ジョックにはアメフト部、クイーンビーにはチアリーダーの生徒がなりやすいそうです。

このジョックとクイーンビーの取り巻きが「サイドキックス」。人気者のジョックやクイーンビーの手下のような存在で、命令を聞いたり、逆に自分より下の立場の生徒をこき使ったりすることがあります。

サイドキックスにこき使わされてしまったり、ジョックやクイーンビーたちの嫌がらせの標的にされてしまいがちなのが「ナード」。日本の漫画やアニメで「がり勉」とされるのが「ブレイン」、また「オタク」とされるのが「ギーク」で、それらを総称してナードと呼んでいるようです。

自分と異なるタイプの人とも認め合おう

みなさんのクラスでも、おしゃべりが得意で目立つ人たちのグループと、おとなしくてあまり目立つタイプではない人たちのグループに自然と分かれていませんか? 学校生活を送っていく上で、確かにリーダー的な存在がみんなを引っ張っていってくれるようなグループがいると、学校行事などでまとまりやすいです。

でも、実際にはスクールカーストによって、いじめが起こってしまうこともあります。しかし、学校は本来は自分と違うタイプの人との付き合い方を学ぶべき場所でもあるはずです。例え自分とは異なる立場だとしても、格付けや周りの目にとらわれずに、お互いが認め合うことが大事なのです。

このような社会のなかでの集団の持つ特性などに一定の法則性を見出して、社会の仕組みや働きを解明する学問を「社会学」といいます。
学校内・クラス内の生徒の関係性は、教育の現場において、決して無視できないことです。スクールカーストという現象を切り口に、未来の教育について考えることは、社会学だけではなく、教育学を学ぶ上でも役立つはずです。

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「社会学」
はこんな学問です

社会のなかでの個人の行為、集団の持つ特性、他者とのコミュニケーションなどに一定の法則性を見出して、社会の仕組みや働きを解明する学問である。研究対象は広く、社会学的な視点で研究できるものであれば何でも対象とすることができる。たとえば、家族社会学、芸術社会学、法社会学、都市社会学、宗教社会学、教育社会学、スポーツ社会学など、テーマの自由度は高い。その一方、社会全体を意味付けるグランドセオリー(一般理論)を志す学者もいる。

「社会学」について詳しく見る