宝くじに当たっても買えないほど!? 宇宙服の値段ってどれくらい?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

宝くじに当たっても買えないほど!? 宇宙服の値段ってどれくらい?

2015.12.24

提供元:マイナビ進学編集部

宝くじに当たっても買えないほど!? 宇宙服の値段ってどれくらい?

宇宙服の値段は、なんと、数億円もするのだとか。宇宙服の役割や開発費をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 宇宙飛行士の命を守ってくれる宇宙服は、一着10億円以上もする高価なもの
  • 宇宙服には、酸素を供給したり、温度調節をしたりできる機能がたくさんついている
  • 宇宙飛行士になるためにはさまざまな条件をクリアしなければいけない

宇宙服は一着10億円以上する!?

向井千秋さんや毛利衛さん、若田光一さん、野口聡一さん、星出彰彦さんなど、日本人の宇宙飛行士はたくさんいます。今、宇宙に行っているのは油井亀美也さん。2015年12月に地球に戻ってくる予定です。

宇宙飛行士が宇宙に行くときに着ているのが、「宇宙服」。テレビで見たことのある人も多いと思います。人間が宇宙服を着ないで宇宙船の外に出ると、宇宙は圧力が低すぎるので、血液中の水分が沸騰してしまい、酸素がないので窒息してしまいます。宇宙飛行士が宇宙船の外に出て活動するために、圧力や温度を調整できるようつくられたのが宇宙服です。つまり、宇宙服は小さな宇宙船ともいえます。

さまざまな機能がついている宇宙服は、実はその価格はとても高額だということをご存じですか? なんと、一着で10億円以上! グローブだけで約220万円もするのだそう! より快適な宇宙服をつくるために、開発費には約200億円もかかっているのだとか。

宇宙飛行士を守ってくれる、宇宙服の機能とは?

宇宙飛行士の命を守るために、宇宙服にはたくさんの機能がついています。まずは、呼吸ができるように酸素を供給し、二酸化炭素を除去する機能。宇宙服の中は常に純酸素で満たされていて、気圧が約1/3に保たれるようになっています。それから、宇宙服の中の温度を保てるよう、温度調節の機能もついています。宇宙では、-270度しかない場所もありますし、太陽が当たる場所では100度以上になります。そんな宇宙空間で体温を正常に保つためには、温度調節機能は欠かせません。

また、宇宙空間で仲間とやりとりができるようにヘッドフォンやマイク、日よけのためのサンバイザー、宇宙の様子が撮影できるカメラ、自由に動きまわるための有人軌道ユニット(MMU)、トイレを行うための集尿器などもついています。

こんなにたくさんの機能がついているので、宇宙服は一着で120kgもあります。無重力の宇宙であればそんなに重さは感じませんが、重力がある地球では着るだけでも一苦労です。

宇宙飛行士になるためには?

宇宙服や宇宙船の機能が上がっていけば、将来は一般の人でも気軽に宇宙に行けるようになる日がくるかもしれません。でも、今はまだ宇宙に行けるのは選ばれた宇宙飛行士だけです。宇宙飛行士になるためには、さまざまな条件をクリアしなければなりません。

宇宙飛行士になるには、自然科学系の大学(理工学部、医学部、薬学部、衛生学部など)を卒業していること、自然科学系の研究や開発の仕事に3年以上携わったことがあること、他の国の宇宙飛行士とコミュニケーションがとれるだけの英語力があること
、長期間宇宙にいられる体力や精神力があることなど、さまざまな条件をクリアする必要があります

また、宇宙に携わることができる職業として、人工衛星の打ち上げやロケットの開発などを行う宇宙開発技術者というものもあります。自分は宇宙に行けなくとも、国の研究機関や企業、大学などで宇宙空間利用の技術を開発し、宇宙飛行士や宇宙開発のサポートを行うことができます。

宇宙に関わる仕事に興味を持った人は、まずは日本人の宇宙飛行士の活躍や、日本の研究機関の技術について調べてみると面白いのではないのでしょうか。

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「宇宙開発技術者」
はこんな仕事です

国の研究機関や民間企業、大学などで、宇宙開発にとって有用な技術を開発する仕事。国の研究機関としては宇宙航空研究開発機構(JAXA)があり、関連する民間企業や大学などをまとめながら、政策としての宇宙開発を推進している。民間企業では、ロケットや人工衛星などの部品の開発・製造や、打ち上げの支援などを通じて宇宙開発に貢献。また、これらの取り組みを支えているのが、大学での研究成果である。宇宙開発技術者は、これら「産」「官」「学」のいずれかで宇宙開発に取り組むことになる。

「宇宙開発技術者」について詳しく見る