長年の謎!冬眠するサメは本当か?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

長年の謎!冬眠するサメは本当か?

2015.12.11

提供元:マイナビ進学編集部

長年の謎!冬眠するサメは本当か?

謎に包まれた世界最大級のサメ、ウバザメ。冬に姿を消す彼らの秘密について、「人が見られないものを見る」手段として開発された生物搭載型の小型機械を用いた研究により明らかになった新事実と水産学における今後の展望について紹介します。

この記事をまとめると

  • 深海で冬眠? 謎が謎を呼ぶウバザメとは
  • 熱帯に回遊、餌を求めて深海へ。意外とアクティブなひなたぼっこザメ!
  • 魚の行動観察は「水産学」で学ぶことができる。

世界で2番目に大きい魚のナゾ

世界最大級の魚としてとても有名なジンベエザメ。そんなジンベエザメに次いで大きいと言われている魚は何でしょうか。答えはウバザメです。ジンベエザメと同じくプランクトンを餌とするこのサメは、海面で餌をとる様子から英語では「ひなたぼっこをするサメ」と呼ばれます。亜寒帯・温帯の海に生息するウバザメは餌となるプランクトンが豊富な春から夏は沿岸域や海面でよく見られるのですが、餌が少なくなる秋から冬になるとどこかへ姿を消してしまうことから、明らかな証拠がないにも関わらず、長年の間「深海で冬眠している」と推測されていました。謎が多く、私たちの興味をかきたてるウバザメは過去には肝油、現在はフカヒレをとるためにたくさん漁獲されたことから数が減っており、絶滅が心配されています。

追跡! 謎の巨大ザメ

魚は水中を移動するため、行動を観察・追跡することはとても難しいとされます。しかし最近では、魚に水温・水深を記録するICメモリー、衛星により位置情報を得る機能を組み込んだ小型装置を取り付け、時間がたつと魚から切り離すように設定することにより、回収した装置からの情報をもとに人が観察できない魚の行動を知ることができるようになりました。この装置をウバザメにも取り付けて、アメリカ西海岸からの移動を調べた結果、ウバザメは冬にバハマ、プエルトリコ、ブラジルのような熱帯海域に回遊していることがわかりました。さらに位置と水深の記録が毎日変化していたことから深海底で冬眠しているという説は否定され、ウバザメは餌を探すために海面から水深約1,000メートルまで自由に移動していることも明らかになりました。

行動研究の利用とこれから

このように、自動的にデータをとる小型機械を水棲生物に取り付ける方法は、「見えない水中の世界の生物や環境を観察する」ものとして魚の生態や行動を知り、漁業効率の改善、混獲の防止などに生かすことができるとして注目を浴びています。この方法の欠点は機械を回収できなければデータを手に入れられないことです。そのため、最近では時間がたつと生物から切り離されて海面に浮きあがった後、人工衛星経由で情報を送る装置などこの欠点を補う方法が開発されています。小型機械を利用して水棲生物の行動を知る研究は技術の進歩により陸上の生物だけでなく水産学分野で急速に発展しました。また、対象生物はサメ、タイ、サケのような魚からペンギンなどの鳥類、アザラシ、イルカなどの海獣類の他、大型のイカなど幅広く、応用研究も含め今後さらに産業面での活用が期待されます。水棲生物の行動に興味がある人は、水産学から関心を広げてみてはいかがでしょう。

この記事のテーマ
農学・水産学・生物」を解説

私たちはほかの生物から栄養をもらって生活をしています。しかも、採集や狩猟だけではなく、食物を生産するという手段を得て、今日のように繁栄しました。人口増加や環境悪化などに対応し、将来的に安定した食料の確保を維持するためには、農業、林業、水産業などの生産技術の向上が必要です。さらに突き詰めて考えれば、動植物や微生物などの多様な生物に対する研究も重要です。自然との共生が大きなテーマになる学問です。

「農学・水産学・生物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「水産学」
はこんな学問です

海洋に生息する動植物などの水産資源を捕獲・生産する漁業についての学問である。最近では、干潟の埋め立てやごみの不法投棄など、海洋の環境問題についての研究も盛んである。専門分野としては、海の生態系と海洋生物の生態を調査・分析して漁業や環境保全に活用する「海洋生物科学」、水産資源の効率的で持続的な捕獲・生産方法から加工・流通までを研究する「海洋生産管理学」、水産物の食品としての利用技術を研究する「水産食品化学」などがある。

「水産学」について詳しく見る