オトナになったら行ってみたい癒やし系サービス5選!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オトナになったら行ってみたい癒やし系サービス5選!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

オトナになったら行ってみたい癒やし系サービス5選!

この記事をまとめると

  • オイルからストレッチまで、「リラクゼーションサロン」の種類は幅広い
  • 使用するものや手法によって、その効果もさまざま
  • 美容だけでなく病気の治療に使われるなど、健康をサポートする手段としても注目されている

みなさんは、「リラクゼーションサロン」をご存じですか? 一般的には、芸能人やOLなど大人の女性が疲れた身体を癒やすために通っている、といったイメージが強いのではないでしょうか。ホテルに入っているスパや有名ブランドのサロンとなると値段も高額になりますが、美容効果やデトックス効果など、女心をくすぐるメニューが用意されています。定番から最新まで、進化するリラクゼーションのビジネスをご紹介しますね。

■リラックスと精油の効果が期待できる“オイルトリートメント”

ホテルのスパやリラクゼーションサロンによくあるメニューの一つ、アロマオイルを使ったトリートメントがあります。オイルトリートメントは、血行をよくして老廃物を排出することや、アロマオイルが体内に入っていくことによる美容効果、また、アロマオイルの香りによるリラックス効果などが期待できます。

■ストレッチの要素が大きい“タイ古式マッサージ”

タイ古式マッサージは、セラピストと一体で行うストレッチのようなマッサージです。アクロバティックな体勢になることも多く、体が硬い人にはつらいかもしれませんが、体のコリが軽減されるということで日本でも人気です。

■インドの伝統医療“アーユルヴェーダ”

自然のなかで、おでこにオイルを垂らしている光景を見たことがある人もいるかもしれません。アーユルヴェーダはインドで代々伝わる伝統医療で、オイルトリートメントのほか、瞑想(めいそう)やヨガ、呼吸法、食事療法などで体のバランスを整えていくものです。

■負担のかかりやすい足をケアする“リフレクソロジー”

駅ビルの中などにも専門店が入っていたりして、比較的身近なリフレクソロジー。オイルやパウダーを使って足つぼマッサージのような施術を行います。足の裏にはさまざまなツボが集中しているので、足のむくみをとる以外に内臓の調子を整える効果もあります。

■海の恵みでリラックスする“タラソテラピー”

タラソテラピーは、海がもつパワーで体を癒やす自然療法です。タラソテラピーには、海水に入浴するバルネオテラピーや海藻ペーストを塗って体を温めるアルゴテラピー、海の泥を塗るファンゴテラピーなど10種類もの療法があります。

このようなリラクゼーションのビジネスは、海外では実際に病気の治療に使われているものもあります。たくさんの人々の健康をサポートするためにも、今、さまざまなリラクゼーションが注目されています。

高校生のうちはなかなかリラクゼーションサロンに行く機会がないかもしれませんが、その存在やそれぞれの効果を知っておくと、大人になってからの健康維持に役立つかもしれません。

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「エステ・美理容・フィットネスクラブ」
はこんな業界です

女性を中心に肌の悩みや痩身など、顧客の要望に応え、心身ともに安らぎを提供するエステティックサロン。一方、フィットネスクラブも、それぞれにあったプログラムを組んで指導する技術指導者がおり、美理容も国家資格を持った美容師と理容師が技術を提供している。これらの業界は生活においての娯楽にすぎないが、その技術の提供によって美や健康を得られることは双方の利益になる。どの業界も低価格な店の進出や、深夜営業などの店の進出により、競争はますます高まっている。

「エステ・美理容・フィットネスクラブ」について詳しく見る