テレビやパソコン、ジムまで完備! 豪華ホテルみたいな刑務所があるってホント?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

テレビやパソコン、ジムまで完備! 豪華ホテルみたいな刑務所があるってホント?

2015.12.03

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

テレビやパソコン、ジムまで完備! 豪華ホテルみたいな刑務所があるってホント?

ノルウェーには、高級ホテルのような設備が整った刑務所があるそうです。しかもノルウェーは、犯罪者の再犯率が低いのだとか。日本とは異なる、その仕組みについてご紹介します。

この記事をまとめると

  • ノルウェーには、テレビやトレーニングルームなどが完備された刑務所がある
  • 囚人と刑務官で、家族のような関係を築くことで再犯を防ぐ目的がある
  • ノルウェーは、再犯率が世界で一番低い

犯罪を犯した人が収監される刑務所の環境とは?

日本では、目をそむけたくなるような犯罪がたびたび起こっています。毎日のニュースを見ると、他人事ではないと感じることもあるのではないでしょうか。

犯罪を犯した人は、刑務所に入って自分の罪を反省し、再犯しないように更正プログラムを受けたり、刑務所内で簡単にできる仕事をしたりします。スマホやパソコンは使えないので外部と接触ができませんし、トイレや布団など最低限のものしかない部屋で過ごさなければなりません。

しかし、世界にある刑務所は、そのような環境ばかりではありません。それぞれの部屋にテレビや冷蔵庫が完備されていて、自然光が差し込む大きめの窓がついた快適な刑務所がノルウェーにあるそうです。なぜ犯罪を犯した人に、そんなに「いい環境」を用意するのでしょうか?

ノルウェーのハルデン刑務所ってどんなところ?

ノルウェーにある「ハルデン刑務所」は、総工費238億円をかけてつくられた刑務所です。なんと、建設に10年もかけて建てられました。

外観もおしゃれで、まるで美術館やホテルのよう。テレビや冷蔵庫が備えられた独房は、囚人が過ごす場所とは思えない洗練された雰囲気です。共有スペースにはシステムキッチンやトレーニングルーム、図書館、礼拝堂などがあります。面会に来た家族が泊まれるベッドルームまであり、至れり尽くせり。休みをとって自宅に帰ることもできるのだそうです。日本では考えられませんよね。

こんなに恵まれた環境の刑務所に収監されるのは、刑が軽いからというわけではありません。恐ろしい犯罪、許されない犯罪を犯した人も多く収監されています。それなのに、こんなに好待遇にするにはわけがあるんです。

犯罪者を更生し、犯罪が起こらない社会をつくるために

ノルウェーには、司法制度に市民が参加する「陪審制」という制度があります。日本の裁判員制度のようなものですが、犯罪者の刑をどのくらいにするのかを考えるというよりも、犯罪者がどうやったら更正できるのかを一緒に考えながら、犯罪を食い止められる方法を探していくのがノルウェーの特徴です。

ノルウェーでは、服役中の囚人でも、刑務官と家族のように付き合い、人間らしい環境で過ごすことで、反省や更生、そして社会復帰へつなげようと試みているのです。実際にノルウェーは、再犯率の低さはヨーロッパでトップクラスだそう。一方で、犯罪はやってはいけないことですから、待遇のよさばかりでなく、見合った罰を受けるべきだと考える人も多くいます。実際に、ノルウェーでも厳罰化を望む意見が出ているようです。

犯罪の原因となり得る、貧困や家庭環境・生活環境の悪さは、犯罪者だけの問題ではなく、社会全体の問題でもあります。このように、誰もが安心して暮らせる社会がどうすれば実現できるかを考える学問を「福祉学」といいます。福祉学の研究分野は多岐にわたり、児童福祉から高齢者福祉まで、平等に安心して暮らせる社会のための支援を考えます。

ノルウェーの刑務所のあり方をきっかけに、社会における平等について興味を持った人は、福祉学について学んでみてはいかがでしょうか。

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

大きな戦争の減少、食糧事情の向上、医療技術の発達などにより、おもに先進国では平均余命が伸びています。同時に、生きてはいるけれども健康ではないという、要介護状態の高齢者が増加し、医療費の伸びや介護保険費の膨張など、大きな問題が山積しています。福祉は、子どもから高齢者まで人間の発達段階に応じた社会支援の理想的なあり方を探求します。個人だけでは解決できない問題を、集団・組織として考える視点を学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「福祉学」
はこんな学問です

心身にハンディを背負っていても人として平等に安心して暮らせる社会にするために、公的な支援がどうあるべきかを研究する学問である。地域、年齢、心身の状態も一人ひとり異なる対象者に、どのようにすれば安定した福祉サービスを提供できるのかが重要なテーマ。そのための制度設計や現場の仕組みづくりなど、研究分野は多岐にわたる。福祉の対象者に限っても、児童福祉から高齢者福祉まで幅広い。

「福祉学」について詳しく見る