時間ピッタリに更新されるWebサイトは、誰かがその場でボタンを押してるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

時間ピッタリに更新されるWebサイトは、誰かがその場でボタンを押してるの?

2015.12.11

提供元:マイナビ進学編集部

時間ピッタリに更新されるWebサイトは、誰かがその場でボタンを押してるの?

パソコンやスマホでインターネットを使っているときに、いつも同じ時間に更新されるWebサイトを見ると、「いったい誰が、毎日同じ時間に更新しているのだろう?」と気になったことありませんか? 深夜に更新されるページは、誰かがその時間まで起きていて、タイミングよく更新ボタンを押しているのでしょうか? 今回は、そんなWebサイトにまつわる素朴な疑問を、実際にWebサイトづくりなどに関わる仕事、システムエンジニアのAさん聞いてみました。

この記事をまとめると

  • Webサイトは、プログラミングによって構成されている
  • Webサイトのページには、自動で更新できるプログラムが組み込まれている
  • ネットが欠かせない時代だからこそ、Webプログラマーは活躍の機会は多い

自動更新の秘密はプログラミングにある

大好きなアイドルのホームページや面白いニュースを配信するWebサイト、友達のブログなど、みなさんは更新されるたびにチェックするお気に入りのサイトが一つはあるはずです。

Webサイトによっては、毎日更新されることも珍しくありません。午前12時になった瞬間にキッチリ更新! なんてこともよくありますが、これってサイトの管理人さんが眠い目をこすりながら、律儀に更新しているのでしょうか?

「いえ、いまはほとんどのサイトが自動で更新されるようになっています。手動で更新しているものはほとんどないでしょう」

そう話すのは、システムエンジニアのAさん(30歳)。それでは、どういう仕組みで自動更新されているのでしょうか?

「それはサイトに設定されたWebプログラミングのおかげです」

Webプログラミングのために必要なものって?

「『プログラミング』と聞くと、何だか難しそうなイメージがありますが、Webサイトで特定の動作をさせるための言語のようなものです。例えば、Webサイトの自動更新をするために、サイトを構成するプログラミングには、『午前12時を過ぎたら、Aの画面をBの画面に切り替える』動作を行うための命令があらかじめなされているのです。つまり、必ず誰かがその時間に更新ボタンを押さなくとも、プログラミングによって自動更新が行えるのです」

Webプログラミングを行うには、命令や指示を表すために「プログラミング言語」が使われています。しかその言語は、さまざまあるのだといいます。

「Web上での動作に特化した言語、多くの情報を集約させたデータベースへのアクセスに適した言語など、それぞれ処理できる命令や動作する環境が異なるのです。有名なのがJavaやC言語、C++、PHPといった言語です」

「目的によってどんな言語を使うかは異なりますが、まだ初心者だけど、もし自分でプログラミングできるようになりたいと考えている人はJavaScriptという言語が手軽かもしれません。JavaScriptは、Webブラウザ(Webサイトなどを見るためのアプリケーションソフト)で動作する言語で、多くのサイトに設定されています」

現代に欠かせないWebプログラマーという仕事

このように、私たちが普段何気なく見ているWebサイトには、さまざまなプログラミングが生かされているんですね。

こういったWebプログラミングをつくる人をWebプログラマーといいます。Aさんもプログラマーを数年経験した後、システムエンジニアとして活動しています。システムエンジニアはプログラミングの大まかな設計図を考え、設計図をもとにプログラマーがプログラミングをつくるというのが一般的です。両者は切っても切れない関係にあります。

いまやインターネットは欠かせない時代。それだけWebプログラミングは身近にあり、日常的なものなのです。みんなのために、便利で楽しいWebサイトをつくってみたい、という人はWebプログラマーを目指してみてはいかがですか。

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「Webプログラマー(Webエンジニア)」
はこんな仕事です

Webサイト上で使用されるシステムやサービスを、プログラミング言語を使って開発することが仕事。システムエンジニアが作成した仕様書に沿って、プログラムを記述していく。具体的には、会員登録や資料請求フォームの設置、商品検索機能の装備、顧客管理のためのデータベースの構築などを行う。そして稼働するまでテストと修正を繰り返す。プロジェクトの規模によっては、設計や全体の管理などを担当することもある。

「Webプログラマー(Webエンジニア)」について詳しく見る