金沢駅もランクイン! 世界でいちばん美しい駅ってどこ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

金沢駅もランクイン! 世界でいちばん美しい駅ってどこ?

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

金沢駅もランクイン! 世界でいちばん美しい駅ってどこ?

この記事をまとめると

  • JR金沢駅は日本で唯一「世界で最も美しい駅」に選ばれた
  • 世界にはお城のような駅やモダンなデザインの駅など、美しい駅がたくさんある
  • 美しい駅は駅自体が観光名所となり、観光客を集めることに貢献している

北陸新幹線開通でJR金沢駅の注目度アップ!

石川県の玄関口でもあるJR金沢駅。北陸新幹線が開通したことで一気に注目度が上がり、テレビや雑誌で金沢駅の姿を目にする機会も増えました。

金沢駅はよく見ると、とってもおしゃれ。東広場のガラスで作られたもてなしドームは、金沢を訪れた人をもてなす心を表した雨傘をイメージしたデザイン。ほかにも、伝統芸能に使う鼓(つづみ)をイメージした鼓門、金沢の名産でもある金箔に加えて、山中漆器や加賀獅子頭(かがししがしら)、九谷焼などの工芸品がはめこまれた待合室など見どころが満載です。駅自体が美術館のように美しく、「金沢駅を見たい」というのがきっかけで観光に訪れる人も多いそうです。

ところで、この金沢駅はアメリカのWebメディア「Travel + Leisure」で、世界で最も美しい駅の一つにも選ばれています。金沢駅のほかに、世界にはどんな美しい駅があるのでしょうか?

世界には美しい駅がいっぱいある!

豪華でお城のような駅が多いのがヨーロッパの特徴。ベルギーにある大教会のような造りのアントワープ中央駅や、ロンドンにある時計台のような外観のセント・パンクラス駅などはとても有名です。

一方、インドのムンバイにあるチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅はベネチア・ゴシック建築様式の建物で、まるで王族の館のような壮麗さ。1日300万人の通勤客でにぎわう駅でありながら、世界遺産にも登録されています。

アメリカのロサンゼルスにあるユニオン駅は、逆にとってもシンプル。遠くからでもすっと目に入る時計の文字盤が美しいデザイン性の高い駅です。オーストラリアのメルボルンにあるサザンクロス駅はスポーツスタジアムのようなモダンな駅。2006年に造られたばかりで、カーブが連なったような屋根とガラス張りの壁が特徴的です。

電車を乗り降りするための「駅」が観光名所に

こういった芸術的で美しい駅は、それ自体が観光名所となっています。また、建物以外にも人を集める魅力を持った駅は他にもあります。

たとえば、ポルトガルにあるサン・ベント駅の中には建築家のマルケス・ダ・シルバの作品が採用されていて、これだけを見に訪れる人もいるとか。また、イギリスのキングスクロス駅も、その建物の美しさはもちろんのこと、小説「ハリー・ポッター」で、ハリーが乗るホグワーツ特急の発着駅のモデルとなったことで、世界的に有名な観光地となりました。

本来、列車移動の合間に立ち寄るだけといったイメージの「駅」が、世界中から観光客を集めるきっかけになっているのは、なんとも面白いことです。これから修学旅行や家族旅行などに行くときは、ぜひ駅の建物としての芸術性に注目してみてはいかがでしょうか?

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「デザイン」
はこんな学問です

物や空間をデザインするための技法と創造力を養う学問。広告、服飾、雑貨、建築物、環境、空間など、あらゆるところにデザインは必要で、分野としては「ビジュアルデザイン」「プロダクトデザイン」「スペースデザイン」「テキスタイルデザイン」などがある。美しさだけではなく、使いやすさなどの機能性が求められる点で、絵画・彫刻とは異なる。現在ではデジタル時代に対応した制作物も出ており、常に最新の文化とともに変化していく学問といえる。

「デザイン」について詳しく見る