【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

2020.06.05

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

神奈川県の魚肉練り製品メーカー「鈴廣かまぼこ」で営業を担当している古谷直輝さん。大学で勉強した広告の知識などを生かしながら、そば店などの飲食店向けに自社商品を使ったメニューの導入を提案しています。もともと営業職志望ではなかったという古谷さんですが、その経験の中でさまざまな知見を得ているそうです。そのお話をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 業務の中で経験を積んでキャリアアップできる
  • 自分なりにやり方を考えて提案することで、成果につながっていく
  • 常に新しい情報を取り入れ、自分のできることを増やしていく姿勢が大切

学部学科は不問。経験を積んだ先にさまざまな道がある

―― 業界にはどんな性格の方が多いですか?

他の営業マンと一緒に仕事をすることは滅多にありませんが、一言で言うと熱心な人が多いと思います。弊社の場合は、とにかく素直でまっすぐな営業マンばかり。何年も取引先とお付き合いをする中で信頼関係を築いているのだと思います。「おたくの営業はみんなしっかりしているね」と言われることも多いです。

―― 業界内ではどんなキャリアパスがありますか? 

営業職に就くためには特別な資格などは必要ないので、大学や学部を問わずチャレンジできます。最初は先輩に同行するところから始まりますが、自分なりのやり方を実践しながら経験を積んでいきます。そのまま管理職を目指すルートのほか、弊社のようなメーカーの場合は、製造部など他部署に異動してその経験を生かす道もあります。

企業の看板を生かして、自分のスタイルで提案

―― 業務をされてから一番驚かれたことは何ですか?

実際にやってみると、「飛び込み営業はつらくない」ということです。自社商品の良いところを、自分のスタイルで提案していいという点に驚きました。やり方はいくらでもあって、提案をすれば意外と受け入れてくれることを知って、希望を持つことができました。

また、弊社は歴史が長いこともあって、会社の名前を言うと「おたくのかまぼこはおいしいよね」と話を聞いてもらえることが多いんです。営業は決して嫌われる存在ではないということも、やってみて初めて理解できました。


―― 業界や職務内での、一般人が知らない業界用語はありますか? 

最初は私も知らなかった、「そば前に板わさ」という言葉です。江戸時代から、そば屋ではまず板わさ(板かまぼこにわさびを添えたもの)を食べるのが通の楽しみ方。魚の旨みたっぷりの「板わさ」と日本酒に舌鼓を打った後に、おそばをじっくり味わうことが「粋」とされているんです。

おそば屋さんは、お腹いっぱい食べるだけではなく、豊かな食文化を楽しむ大人の空間。その魅力を伝える仕事の一端を担えているのはうれしいですね。

新しいことを取り入れ、自分をアップデートする

―― 業界内で働くにあたって、特に意識していることはありますか? 

常に新しいものごとを取り入れるよう意識しています。他の業界にいる友人との話の中から自分に応用できることを探ったり、コンビニのお菓子やオーダーメイドスーツなど、トレンドに対しても積極的に情報を得て、商談などに生かしています。

大好きな映画もまた、仕事に役立ちます。多いときは月に10本くらい見るので、お取引先との話題の一つになります。また、その映画がどんなふうに収益を上げているのかなど、お金の動きを考えてみることで、世の中を知れるという面もあります。


―― 業務を行う上で大切にしていることは何ですか?

うまくいかないことを人のせいにしないで、自分のできることをやる、ということです。情報にアクセスしやすい時代なので、知らないことは勉強すれば分かるようになります。そうして能力を伸ばしていくことは、とてもおもしろいです。
 
 
配属当初は営業という仕事がイメージできなかったという古谷さんですが、実際に業務を始めて、自分なりに考えて提案したことはお客さまに受け入れてもらえると気づきました。また、いつも同じことをするのではなく、新しいエッセンスを加えながら業務をアレンジすることでさらに楽しくなり、結果にもつながるのだそうです。そんなふうに自分を常にアップデートしていけることが、営業の仕事の大きな魅力と言えそうです。
 
 
【profile】株式会社小田原鈴廣 流通営業部 流通一課 古谷直輝

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「営業」
はこんな仕事です

企業の営業最前線に立って、自社の商品やサービスを提案し、販売をする仕事。取引先に直接足を運び、さまざまな取引交渉を行う。営業職には、既存顧客を対象にした「ルート営業」や、新規顧客の獲得を目的とした「飛び込み営業」などがある。また、一般営業、法人営業、接客営業、代理店営業、医薬系を専門に扱うMR(医療情報担当者)など、さまざまな分野がある。企業や取り扱う商品によって、仕事内容は大きく異なる。顧客からの信頼を獲得し、売上高を拡大していく重要な役割を担っているので、適任者にとってはやりがいがある職種だ。

「営業」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける