【シゴトを知ろう】ショップスタッフ ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】ショップスタッフ ~番外編~

2020.02.28

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】ショップスタッフ ~番外編~

ファストファッション界をリードするジーユーの銀座店で、ショップスタッフとして活躍する本多理香子さん。「おしゃリスタ」にも認定され、高い接客能力を発揮しています。アパレル業界の“あるある”や仕事へのこだわりなどを、番外編としてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 「おしゃリスタ」はジーユーの社内基準をクリアしたおしゃれアドバイザー
  • 自分が着たい服よりも、お客様にご提案したい服を着るのがプロフェッショナル
  • 銀座という土地柄、ファッションと語学の勉強が欠かせない

「おしゃリスタ」としての自覚を持ち、積極的に新商品を身にまとう

―― 本多さんは「おしゃリスタ」ですが、どのような資格なのでしょうか?

他のスタッフの手本となる接客技術を持ち、おしゃれアドバイザーとしてふさわしいファッションセンスを備えたスタッフが、評価基準に基づき、店長とスーパーバイザーの審査を受け合格すれば、晴れて「おしゃリスタ」になれます。社員以外のアルバイトの方やパート社員の方でも挑戦することができ、私が「おしゃリスタ」に認定されたのもアルバイトをしていたときでした。

「おしゃリスタ」はネームプレートの上に認定バッチを付けているので、すぐに分かります。ジーユーの店舗にお越しの際は、ぜひバッチも確認してみてください。

―― 「おしゃリスタ」ならではの、仕事へのこだわりはありますか?

業務時間中に「おしゃリスタ」が身に着けるアイテムは、お客様の目にも止まりやすくなるため、私が着ることで少しでもお客様の服選びに貢献できたらうれしいですね。ジーユーの服をすてきに着こなすことで、お客様に「あの服、かわいいな」「あの服が欲しい!」と思っていただきたいです。そのため、毎日のコーディネートは時間をかけて決めています。その際、新商品や目玉商品を積極的に選ぶようにしています。

プライベートではシンプルなファッションが好きで、ジーンズにTシャツというスタイルも多いのですが、お店に立つときは銀座らしい、大人っぽくきれいなコーディネートを意識しています。普段は選ばないような服を着られることもこの仕事の大きな楽しみの一つです。

全てのお客様が立ち寄る“お店の顔”の1階フロアを担う責任

―― 今の仕事に就いてから、意識して勉強していることはありますか?

当店は銀座という土地柄か、ファッションに詳しいお客様がたくさんいらっしゃいます。そのようなお客様ともスムーズに会話ができるように、雑誌などから最新情報を頭に入れ、分からないファッション用語を無くすようにしています。

スタッフ全員の商品知識を高めるため、またアルバイトスタッフにも楽しく学んでもらえるよう、“ラブ10”というプロジェクトが進行しています。自分がおすすめする商品の良い点を10個あげて、スタッフ全員の前でプレゼンを行います。最近はインスタグラムなどのSNSもチェックして、トレンドを探ることもあります。

また外国からのお客様も数多くご来店されるので、語学の勉強もしています。英語はもちろんのこと、中国語でも簡単な会話ができるようにトレーニングしています。私が担当しているフロアはメインエントランスのある1階なので、お客様が必ず立ち寄り、探している商品やフロア構成をお尋ねになる場所です。“お店の顔”を預かるスタッフとして海外の方にもスムーズなご案内ができるよう、中国人の同僚に教わるなど中国語も少しずつ覚えている最中です。


―― アパレル業界“あるある”のようなエピソードはありますか?

プライベートで服を買いに行っても、ついスタッフ目線で店内をチェックしてしまうことです。「せっかくマネキンが着ている服なのに、売り場に十分に数が出ていない」とか「サイズ欠品しているのに気づいてない」「隅にほこりが落ちている」と、細かいところに目が行ってしまいます(笑)。他店を見に行くのはとても勉強になるので、積極的にいろいろなアパレルショップを覗くようにしています。

そして、ジーユーでは展開していないカラーやデザインを発見したときは、会社に提案することもあります。ジーユーは現場スタッフの声を大切にしているため、商品提案や売り場の改善点などを届けられる仕組みがあります。私は売場の最前線で毎日多くのお客様の声を聞いていますので、「提案する機会も多く、自分の思い(=お客様のニーズ)が商品企画などに生かされることで、さらにやりがいにつながっています。

個性あふれる同僚たちと、ファッションを楽しむ日々

―― 一緒に働いている同僚には、どんな方が多いですか?

これまでいろいろな店舗で働きましたが、店舗によってスタッフも千差万別です。一人一人が個性を大切にしながら働いています。スタッフはみんな、ジーユーが今おすすめしたい商品に合わせた髪型やメイクでトータルコーディネートを楽しんでいます。みんな、ファッションが大好きで、毎日同僚のコーディネートをチェックするのが楽しみです。


―― 5年後、10年後の未来の自分はどうなっていたいですか?

ジーユーは“多様性を尊重”しており、どんな人にとっても働きやすい環境を提供することを目指しています。ダイバーシティも浸透しており、外国籍のスタッフも大勢活躍しています。以前勤めていた店舗ではスタッフの8割近くが外国籍の方で、グローバル化を実感しています。

社員は海外店舗を含めた転勤がある「グローバル社員」と、転勤がない地域固定型の「リージョナル社員」のどちらかを選んで入社試験を受けます。私は現在、「リージョナル社員」を選択していますが、将来的には「グローバル社員」も目指したいと考えています。「今すぐ海外で働きたい!」とまでは思っていませんが、働きながら考えていきたいと思います。まずは「おしゃリスタ」として与えられた職務を全うし、CS(顧客満足)のさらなる向上に努めていきたいです。


ポジティブなオーラにあふれ、話しているだけで「おしゃれが大好き」という気持ちが伝わってくる本多さん。好きなことを仕事にしているという幸せを十分に享受されているようでした。「おしゃリスタ」としての今後のご活躍にも期待しています!


【profile】ジーユー 銀座店 店舗スタッフ 本多理香子

この記事のテーマ
ファッション」を解説

ファッションの専門知識や業界のビジネスノウハウを学び、感性やセンス、基礎技術を磨きます。作品の発表会や学外での職業実習などを通して職業人としての実践力を身につけるほか、資格取得を目指すカリキュラムもあります。仕事としては、素材づくりや縫製など「つくる仕事」と、PRや販売促進などファッションビジネスに関わる仕事に分かれます。

「ファッション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ショップスタッフ」
はこんな仕事です

ファッションブティックの店頭で、取り扱うアイテムを、ときには自ら身にまとい販売を行うスタッフ。購買者と直に接することができ、アパレル業務の基本となる仕事。「カリスマ店員」という言葉が流行して以来、ショップスタッフの持つ売上高への影響力が注目されている。勤務場所は路面店など単独の店舗か、百貨店や駅ビルなど施設内の店舗。接客以外に店舗の清掃やバックルームでの在庫管理、陳列、棚卸しといった裏方業務も行う。立場によっては売り上げ管理、ディスプレーなど店舗運営に関与することもある。

「ショップスタッフ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける