「ロケットリーグ部門」優勝は大分県立鶴崎高等学校! 第2回 全国高校eスポーツ選手権 決勝大会

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「ロケットリーグ部門」優勝は大分県立鶴崎高等学校! 第2回 全国高校eスポーツ選手権 決勝大会

2020.01.17

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「ロケットリーグ部門」優勝は大分県立鶴崎高等学校! 第2回 全国高校eスポーツ選手権 決勝大会

オリンピック種目に検討されるなど世界的な盛り上がりを見せる「eスポーツ」を、日本の新しい文化にしたいという思いから2018年に始まった「全国高校eスポーツ選手権」。その第2回大会の決勝大会が2019年12月28日、12月29日の2日間に渡って開催されました。今回は28日に開催されたロケットリーグ部門の模様をレポートします。

決勝大会では全国から強豪校が集結

「全国高校eスポーツ選手権」の参加資格は、日本国内に在住する高校生で、チームメンバー全員が同じ学校に在籍していること。競技ルールで定められた人数を編成してチームで参加することが義務付けられています。
競技ゲームは「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2タイトル。それぞれオンライン予選大会で勝ち残った4チームが決勝大会に駒を進め、東京都渋谷区のEBiS303を舞台にしたオフライン決勝大会に挑みました。
 初日に開催されたのはロケットリーグ部門。2019年4月からエントリーが始まり、106チームが参加。8月にインターネット上で開催した予選大会で、佐賀県立鹿島高等学校、N高等学校、大分県立鶴崎高等学校、釧路工業高等専門学校が勝ち残りました。
 ロケットリーグはジャンプや飛行が可能なバトルカーでサッカーを行うアクションゲームで、3対3で行われます。各プレイヤーが1台のバトルカーを操作して敵チームのゴールを狙い、5分間の制限時間内で得点の多いチームが勝利。ビジュアル的に迫力があって、ルールが分かりやすく、初心者でも分かりやすいゲームです。また試合中は解説者と実況者がリアルタイムで試合を解説してくれます。
 オープニングでは、スペシャルサポーターのケイン・コスギさんや、応援サポーターのアイドルグループ22/7(ナナブンノニジュウニ)のメンバーが決勝大会への期待感を語り、出場チームの代表者が意気込みを熱く語りました。

チームの成長ぶりに実況者も驚愕

準決勝第1試合は大分県立鶴崎高等学校VS釧路工業高等専門学校。この決勝大会では先に3勝したチームが勝利となります。バトル1は序盤から両チームのリーダーが得点を上げ、その後は互いに攻防戦を繰り広げながらも、3対1で鶴崎が勝利。バトル2もスピーディーな試合運びで5対0と鶴崎が圧勝。バトル3では釧路工業も善戦しますが、4対2とストレート勝ちで鶴崎が圧勝。勝利者インタビューでは「思い通りのプレイができた。完璧なコンビネーション」と胸を張りました。一方の釧路工業は「今回の大会で連携することの大切さを学びました。チーム全員が高校2年生なので、来年リベンジしたい!」と闘志を燃やしました。
 準決勝第2試合はN高等学校VS佐賀県立鹿島高等学校。試合前はN高等学校のメンバーが、「釧路工業高等専門学校とは仲が良いので代わりに勝ちます!」とマイクアピールをします。しかし対戦相手の鹿島は第1回大会で優勝した強豪チーム。ワンサイドゲームも予想される中、バトル1ではN高等学校が序盤から怒涛の攻撃を見せ3対2で勝利。実況者もN高等学校の成長ぶりに目を瞠っていました。しかしバトル2では鹿島が本来の力を発揮して3対0で圧勝。ここからは勢いが止まらなくなり、バトル3は4対0、バトル4は両チームとも得点することのできない状況が続くも、残り約30秒でゴールが決まり1対0と、3試合連続の完封勝利で鹿島が決勝へと進みました。試合後の囲み取材で、N高等学校は「良くも悪くも自力で戦えて、自分たちの力を発揮できました。個人技では負けていましたが、チームワークでは勝っていたと思います」と試合を振り返りました。

ラスト0秒でドラマティックな勝利

決勝戦は佐賀県立鹿島高等学校VS大分県立鶴崎高等学校。奇しくも第1回大会と同じ因縁のカードとなりました。実力の拮抗した両チームだけあって、バトル1は一進一退の攻防戦。しかし攻守にわたるファインプレイが目立った鶴崎が4対2で競り勝ちました。バトル2は早々に鶴崎が1点目を上げましたが、そこからはどちらも決定打に欠けて得点を上げることができません。ようやくラスト1分で鹿島が1点目を上げますが、同点のままオーバータイムに突入し、最終的に鶴崎が2点目を上げて勝ちました。バトル3は鹿島が前回王者のプライドを見せつけるように、目まぐるしい空中戦を制して3対0で完封勝利。さらにバトル4でも鹿島の勢いは止まらず4対2で勝敗をイーブンにします。試合の流れが鹿島に傾いたところでバトル5に突入。ところが序盤の1分で鶴崎が3得点を叩き出し、一気に主導権を奪い返します。それでも鹿島は諦めることなく、じわじわと得点を重ね、残り1分を切ったところで同点にします。このままオーバータイムに突入すると思いきや、制限時間ピッタリに鶴崎が4ゴール目を決めて劇的勝利をおさめ、前回の雪辱を果たしました。

試合後の取材では、鹿島は連覇できなかった悔しさを噛みしめながらも、鶴崎の強さを称えました。
 勝利者インタビューでは、キャプテンのAroDra(アロドラ)選手が「優勝できるとは思っていなかったですけど、メンバー全員で一丸となって良いプレイができました。最高の仲間とゲームができて良かったです」と喜びを語りました。

ラスト0秒で劇的なクライマックスを迎えた「ロケットリーグ部門」。優勝した鶴崎高等学校の皆さんは本当におめでとうございました!
29日に開催された「リーグ・オブ・レジェンド部門」のレポートも掲載しています。ぜひご覧ください。

ロケットリーグ© 2015-2019 Psyonix Inc. All rights reserved.
リーグ・オブ・レジェンド© 2019 Riot Games, Inc. All rights reserved.

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける