【シゴトを知ろう】レストラン・バンケットスタッフ 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】レストラン・バンケットスタッフ 編

2020.05.11

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】レストラン・バンケットスタッフ 編

レストランを訪れたお客様をもてなすスペシャリストである「レストラン・バンケットスタッフ」。レストランを訪れたお客様に料理やサービスを提供し、特別なひとときを演出しています。今回は、東京・白金台で結婚式や貸し切りパーティーなども開ける高級フレンチレストラン「ステラート」とイタリアンレストラン「カフェ ラ・ボエム」でシェフを務める湯川司さんに、お仕事の内容や魅力について伺いました。

この記事をまとめると

  • お客様の笑顔や「おいしかった」の言葉が大きな励みになる
  • 結婚式でも料理が一番おいしい状態で提供できるように工夫する
  • 料理好きで、地道な努力を続けられる人が向いている仕事

「おいしかった」の一言で、日頃の苦労が吹き飛ぶ

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
現在、私がシェフとして働いているのは、1・2階はカジュアルなイタリアンレストラン「カフェ ラ・ボエム」、3階は高級フレンチレストラン「ステラ―ト」が入っている、一軒家レストランです。同じ会社が経営しており、両店のシェフを任せていただいています。「ステラ―ト」では、通常のレストラン営業の他に結婚式や各種パーティーも承っており、多い時期は毎週末が貸切となる月もあります。

仕事内容は、両店舗のランチやディナーメニューの考案・仕込みなどの料理全般・食材の発注や品質管理・店内の衛生管理、棚卸・原価計算・従業員のシフト管理・人材育成・経営状況の把握や改善策考案まで、多岐にわたります。

<一日のスケジュール>
10:00 出社。予約確認、本社からの共有事項チェック。ランチ営業の仕込み
11:30 ランチ営業スタート
16:00 休憩
17:00 ディナー営業の準備
17:30 ディナー営業スタート
22:00 ディナー終了。管理業務(上記時間帯の合間にも実施)
22:30 帰宅
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

当店はオープンキッチン仕様なので、キッチンから料理がテーブルへ運ばれた瞬間やお客様が召し上がっているご様子を伺っています。お客様の表情や仕草から、その方に合う料理をご提供できていたかを確認しています。料理を召し上がったお客様が、笑顔で幸せそうにしていらっしゃるのを拝見すると「この仕事を選んでよかったな」と心から思います。

そして、料理の感想は、お客様に直接お伺いすることもあります。お客様から「おいしかった」と言われると、日頃の苦労が全て吹き飛んでしまうくらいうれしく、大きな励みになります。どの味付けがお好みだったか、量はどうだったかなどをお伺いして、よりご満足いただける料理をお出しできるようにしています。

また、結婚式会場として当店を選んでくださった新郎新婦様に「料理がおいしかったから、このお店に決めました」と仰っていただけたときは、やりがいを感じます。レストランウエディングは、お料理を事前に作っておくなどはせず、式の最中に料理を仕上げて、おいしいお料理を食べていただくのが特徴です。さらにオープンキッチンを生かして、調理中のお肉を焼き上げる音や香りも届けられます。そこに魅力を感じてくださる新郎新婦様もたくさんいらっしゃいます。

カフェ ラ・ボエムの内観

カフェ ラ・ボエムの内観

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

業務内容が幅広いぶん豊富な知識が求められますし、料理の腕を磨き上げていく必要もあります。さまざまなことを学び続けなければならない点は、大変と思うものの、やりがいや楽しさも感じます。

常に新しいメニューを生み出しつつ、既存のメニューに対しても日々向き合い、「もっとおいしくなるのではないか?」と試行錯誤を続けていかなければなりません。しかし、だからこそ、毎日新しい発見が得られます。

そして、結婚式やパーティーにおいては、決められた時間内で大勢の人にスムーズに料理をお出しするためのオペレーションを重視しながらも、作り置きに頼らず、おいしい料理をご提供することが重要です。どこまで事前準備をしておけばベストタイミングでお肉を焼いてご提供できるのか、いつお皿を用意すれば熱々の状態で盛り付けられるのかなど、普段の調理とは少し異なる視点が求められます。

父親の影響を受け、同じ料理人の道へ

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

私の父が町の洋食店で料理人として働いていました。私も幼い頃から父の手伝いをして、自然と料理が好きになり、「将来は自分の店を出したい」と思うようになりました。

高校卒業後に料理の専門学校へ進学し、専門学校卒業後は高級レストランへ就職しました。フレンチやイタリアンのお店で8年ほど修行しました。最初に高級店を志望したのは、衛生面や料理への向き合い方、包丁の扱い方など、あらゆる面においてしっかりと学べるのではないかと思ったからです。まずは一番厳しいと思うところで学んでおけば、後でアレンジが可能になるのではないかと思いました。おかげさまで、現在、私はシェフとして、高級フレンチレストランとカジュアルなイタリアンレストランの2つを任されています。


Q5. 専門学校では何を学びましたか?
 
専門学校には2年間通い、1年目は和食・中華・フレンチ・イタリアンなどの料理を、2年目には洋菓子を学びました。2年目は2週間の海外研修にも行きました。フランス・スイス・オーストリアの本場の味をめぐる研修です。同時に、洋菓子の国際大会である「クープ・デュ・モンド」に出場している日本代表の見学・応援をさせていただきました。さまざまな国の食文化に触れながら、多くのことを吸収でき、とても良い経験になりました。

湯川さんが作られた料理

湯川さんが作られた料理

Q6. 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校時代はファミレスでキッチンのアルバイトに励みました。高校の入学式翌日から働き始め、2年目にはリーダーとしてキッチン業務を全て任せてもらっていました。このバイトで、包丁の扱い方・衛生面の管理・仕込み・発注などのオペレーションスキル・指示の出し方などが身に付きました。当時学んだことは現在も役に立っています。

業務面以外にも、このバイトをして良かったなと思ったことがあります。バイト先では、幅広い年代の人たちが働いていました。私のような高校生もいれば、主婦・社員の方など大人もいます。年齢はばらばらでしたが、みんな仲が良く、私は学校での悩みを歳の離れた先輩たちに話して、アドバイスをもらったこともあります。料理人としてだけでなく、人としても成長できた貴重な場所でした。

悩んで迷った末に決めた道には、後悔はない!

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

まずは、料理が好きな人です。営業時間も長いですし、立ち仕事で体力も求められるため、本当にこの仕事が好きでないとなかなか続かないと思います。地道な努力を続けられる人が向いています。毎日同じような内容の仕事をしていく中で、現状に満足せず、もっと良くするためには何をすべきかを常に考え続けられる人。また、この仕事にはチームワークが欠かせないので、みんなで一つの目標に向かって頑張れるかどうかも大切です。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

高校時代は、自分がこれからどのような道に進むべきか悩む時期だと思います。進路を決め兼ねている人は、学校で許可されているならば、アルバイトをしてみてください。バイト先には、さまざまな立場の人が働いているものです。たくさんの人に出会い、いろいろな話を聞くことで自分のやりたいことが見つかることもあります。もしすでに興味のある仕事が見つかっている人は、その仕事につながるアルバイトを選んでみるのもおすすめです。

また何かに悩んでいる人は、いろいろ考えて、そして行動してみてください。悩んで迷った末に自分が進むと決めた道に、後悔はないはずです。大いに悩んで、素敵な経験を積み重ねて、頑張ってください!
 
 
心を込めたサービスや料理で、お客様へ幸せを届ける「レストラン・バンケットスタッフ」。料理好きな人はもちろん、人を笑顔にしたい人にもぴったりの仕事かもしれません。もしレストランへ食事に行く機会があれば、働いている人の様子を観察してみてはいかがでしょうか。
 
 
【profile】株式会社グローバルダイニング「カフェ ラ・ボエム」「ステラ―ト」シェフ 湯川司

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「レストラン・バンケットスタッフ」
はこんな仕事です

結婚披露宴や記念パーティーなどで、宴会がスムーズに進むようサポートする仕事。主な業務としては、来場者に料理やサービスを提供する接客担当、厨房で料理をつくる調理担当、イベントの企画・提案や販売を行う営業担当などがある。フォーマルな会場で仕事をすることが多いので、常にクオリティーの高いサービスを心がけることが必要だ。また、来場者に心地よく過ごしてもらえるよう、丁寧な接客はもちろん、テーブルマナーやセッティング技術も求められる。

「レストラン・バンケットスタッフ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける