【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編

2020.04.17

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編

パソコンなどのOA機器の使用方法をレクチャーする「OAインストラクター」。パソコンやスマホ、インターネットが普及した現代、ビジネスにおいてもプライベートにおいてもOA機器を使う機会が増えています。今回は、ヤマダパソコンスクールの品川大井町校でOAインストラクターをしている金木昭子さんに、仕事内容や魅力について伺いました。

この記事をまとめると

  • OAインストラクターは、受講生の学習のみならず人生もサポートしている
  • OA機器やソフトウエアに関する知識は常にアップデート
  • 「諦めずに学習を継続することの大切さ」を伝える仕事

OAインストラクターは、受講生の人生をサポートできる仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
ヤマダ電機の店内で個人のお客様向けにパソコン教室を開いています。私はそのパソコン教室で、受講生にパソコンやタブレット、アプリケーションの使い方、ときには接続する機器についても、基礎から応用まで幅広く教えています。教室では、パソコン資格取得講座も開講しています。

学習は、インターネットを利用した、eラーニング形式で行います。お好きなコースを選んで動画を閲覧していただき、学習の過程で分からないところが出てきたときは、私達インストラクターが補足説明などのサポートを行います。基本は少人数制のレッスンですが、ご希望の方には1対1の個別指導も行います。その他にも「短期集中レッスン」や小学生のための「プログラミングスクール」なども行っています。

レッスン時間は1コマ50分。スクールは朝10時から19時まで(教室によっては21時まで)開いています。勤務はシフト制になります。

<一日のスケジュール>
09:45 出社
10:00 朝礼、準備
10:30 教室オープン
12:30 1コマ50分を2コマ開講
13:00 休憩
14:00 1コマ50分を5コマ開講
受講生が使ったPCのメンテナンス、教室をクローズ
掃除、スタッフとの報告や目標設定など
19:00 退社

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

受講生それぞれの目標達成をサポートでき、達成されたときに一緒に喜べるところです。全くパソコンを使えなかった方がパソコン資格を取得されたときや、再就職が決まったときなどは「この仕事は受講生の人生をサポートする仕事でもあるのだな」と実感することがあります。

また、最近ではスマホの使用方法を学ばれるご年配の受講生が増えてきています。初めは「とても使いこなせない」と仰っていた方が、しばらくすると「LINEのスタンプを送れた!」「skypeを使って海外にいる孫とやり取りができた!」などと、うれしそうにされている姿を拝見すると、大きなやりがいを感じます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

大変なのは、常に勉強を続けなければならないことです。パソコンなどのハードウエアやソフトウエア・アプリケーションなど、覚えることがたくさんあります。さらにアップデートが行われる場合には、アップデート情報から注意点など、細かい情報も仕入れなければなりません。また、インターネットの接続環境も常に進化しているため、通信規格なども覚えます。

そして、ヤマダスクールはヤマダ電機の売り場内にあるため、受講生から新しいパソコンを買いたいのだけれど、どれがいいかな?」というご相談を受けることがあります。そのため、新機種やデジタル周辺機器などの製品知識も必須です。こうした知識は、勤務時間内の空き時間に学習したり、会議や勉強会などで学んだりしています。

受講生が理解していただけるように伝える

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

OAインストラクターになる前は食品メーカーの営業として働いていましたが、体調を崩したことをきっかけに今の会社へ転職し、配属されたのが今の部署でした。

2カ月近く研修を受けてから、いざ現場に立ちましたが、慣れないことばかりで、毎日苦戦していました。前職が営業だったので人と話すことに関しては全く問題ありませんでしたが、受講生に理解していただけるように伝えることはとても難しかったです。「このままではいけない」と思い、自分でパソコンを作ってパソコンの仕組みから学んだり、さまざまなパソコン資格を取得したりしました。その経験が、今の自分の糧になっていると思います。


Q5. 専門学校では何を学びましたか?

専門学生時代は、この仕事に就くと思っておらず、パソコンについても勉強していましたが、現在ほどの勉強はしていませんでした。学生時代は、スポーツに力を入れていました。


Q6. 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?

高校時代はバトミントン部に所属しつつ、陸上競技にも励んでいました。寝ても覚めても運動という日々の中で、何事も諦めないということは、身に付きました。遊びでも仕事でも、最後まで諦めないと、失敗は少なくなります。諦めずに続けていれば、新たな発見も得られ、達成できないことはないと思っています。

この考え方を高校時代に身に付けられたおかげで、現在、受講生に「諦めないで学習を継続することの大切さ」をお伝えできています。辞めることはいつでもできます。諦めようかなと思っている方には、「せっかく学べる環境にあり、やる気を出して一歩踏み出されたのですから、本当に嫌になるまで続けてみて、どうしても無理ならばそのときにまた考えてみてはいかがでしょう」というお話をさせていただいています。

やりたいことをやり抜く強い気持ち・向上心を持つことが大切

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

人と接することが好きな人や、話すことが好きな人、相手の気持ちになって考えられる人です。あとは、気が長い人にも向いていると思います。受講生の中には「何が分からないのかも分からない」という方も多く、たくさんのご質問をいただきます。そのため、親身になって粘り強くお話をお伺いしてお気持を理解し、一緒に頑張っていけるように指導しようという姿勢を持つことが大切です。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

人に教えるということは、プロフェッショナルとして積み重ねてきたスキルと経験がなければならないと思いがちです。しかし、やる気と勉強意欲があれば、それまでの経緯はあまり関係ないこともあります。パソコンが苦手でも、使ったことのないソフトウエアがあっても、人に教えた経験がなくてもいいのです。実際に私もそうでしたが、「誰よりもパソコンに強くなりたい」という気持ちを持ってたくさん勉強した結果、今があります。やりたいことを本気でやり抜く強い気持ちと向上心をぜひ大切にしてください。

また、パソコンやタブレットは今や学校教育にも取り入れられており、一人一台の時代です。パソコンを使う人の年代は幅広く、使う目的も多種多様。OAインストラクターに興味がある人は、まずはどのような教室やクラスがあるのか、また製品についても調べてみてはいかがでしょうか。
 

毎日さまざまな受講生と、真剣に向き合っている金木さん。「自分にはできない」と諦めてしまいそうな受講生には、励ましながら、「できるようになるために、今何をすべきか」を一緒に考えてさしあげるそうです。技術や知識を身に付けさせるだけではなく、困っている人のサポートをしたいという人にもぴったりのお仕事かもしれません。
 
 
【profile】ヤマダ電機 ヤマダパソコンスクール 品川大井町校 金木昭子

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出します。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系と、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系があります。また、ビジネスの現場で広く使われているアプリケーションを使いこなすスキルを身につける授業もあります。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「OAインストラクター」
はこんな仕事です

パソコンを中心としたOA機器の操作方法を指導するのが仕事。ビジネスで使う最新のソフトウエアを教えることもあれば、マウス操作など初歩的なパソコン操作を教えることもある。活動は、営業担当者と共にすることが多い。また、製品を導入するメリットを伝え、企業のOA化を促進することも目的の一つで、OAインストラクター自身も営業としての役割を持つことがある。パソコン教室などでは個人が対象になることもあり、ショールームなどでプレゼンテーションを行うことも珍しくない。

「OAインストラクター」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける