【シゴトを知ろう】企画業務 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】企画業務 編

2020.03.17

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【シゴトを知ろう】企画業務 編

飛行機とホテルがセットになったお手軽なパッケージツアーは、旅行をするときに多くの人が利用したことがあるのではないでしょうか。パッケージツアーは、旅行会社の企画担当者が旅程や価格、お客様の満足度などを考慮し、苦労の末に生み出されるものです。株式会社エイチ・アイ・エスで台湾旅行のパッケージツアーを企画されている、ツアープランナーの高橋里帆さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • ツアーの「推しポイント」を工夫して、お客様に注目していただく
  • 台湾の旅行代金の相場が数時間で変動するため、チェックが欠かせない
  • どの国やエリアでも、魅力を探し出して好きになれる人が向いている

努力の結果が数字で見える仕事のため、モチベーションにつながる

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
台湾のパッケージツアーを企画しています。パッケージツアーは、航空会社から仕入れた座席と、現地の支店がホテル側と交渉して獲得したお部屋をマッチングさせて組み立てたものです。

日々の仕事の流れは、現地の営業担当から送られてくるホテルなどの最新情報を確認しつつ、前日の売上データを見て売れ筋を見定めます。私の担当エリアである台湾は特に人気があるため、旅行代金も1日の中で何度も乱高下します。競合他社の価格チェックは欠かせず、常にWebサイトで旅行相場をチェックし、チラシやパンフレット・Webサイトの旅行代金を考えています。

私が所属する部署は海外と頻繁にやりとりをする仕事のため、現地との時差を考慮して、勤務時間にはフレックス制度が採用されています。アジア事業グループは時差がほとんどないため、朝10時には全員出勤します。

<一日のスケジュール>
10:00 出社。見積もり、メールチェック。前日の売上データ集計等のデスクワーク
11:00 部内ミーティングでツアー相場などの情報共有
13:00 ランチ休憩
14:00 チラシ、パンフレットの校正(価格直しなど)
16:00 リサーチした他社の料金相場を元に、サイトのツアー料金変更
18:30 翌日販売分のツアー内容確認
19:00 退社 

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

たくさんある旅行商品の中で、自分で考えたパッケージツアーがお客様の目に留まり、選んでいただけると、うれしいです。1枚のチラシを作るにも、ツアーの「推しポイント」をできるだけ目立たせるように工夫し、刺さるキャッチコピーをあれこれ考えて試行錯誤しています。私なりの工夫を最大限に詰め込んで作っているつもりなので、たくさんお申し込みをいただけることで一気に苦労が報われます。

実際に旅行に行かれた方から直接感想をお伺いする機会は少ないのですが、申込み数を見ればお客様のご期待や満足度は分かります。PRに特に力を入れた商品がヒットしたときは、「やった!」という気持ちになりますね。努力の結果が数字としてはっきり見えるので、それが仕事のモチベーションにつながっています。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

エイチ・アイ・エスでは、年に2~3回のペースで「フェア」と呼ばれる大きな販促キャンペーンを行っています。各フェアで、目玉となる豪華特典付や格安料金のスペシャルツアーをご提供しているため、準備期間は非常に忙しくなります。弊社のフェアは多くのお客様が楽しみにしてくださっているイベントなので、「少しでもいいものを作りたい」という思いと、締め切りに間に合わせなければいけないというプレッシャーとのせめぎ合いが1カ月ほど続きます。フェアの準備をしつつも、通常の企画業務も並行して行わなければいけないため、体調管理を万全に行い何とか繁忙期を乗り切れるよう努めています。

海外ドラマをきっかけにアメリカ留学。夢は海外勤務!

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

高校生のときに海外ドラマ『glee(グリー)』にはまり、大学時代にドラマの舞台であるアメリカに半年間留学しました。海外生活はとても刺激的で、就職の際も「海外で働くチャンスがある会社」という条件で、職種を問わずいろいろ受けました。たくさんの会社を調べるうちに、エイチ・アイ・エスは海外に多く支店を持っていることを知り、海外に行けるチャンスがありそうだと感じました。幼少期から両親と共に何度か海外旅行に行くなど、旅行も大好きだったため、迷わず入社を決意しました。 
 
 
Q5. 大学では何を学びましたか?
 
前述した海外ドラマの影響で英語や洋楽が好きになり、大学では国際経済学を専攻しました。他に国際交流サークルにも所属して、さまざまな国からの留学生と親しくなることができました。ロサンゼルスの大学付属の語学学校に半年留学し、英語力をブラッシュアップ。この経験が、海外勤務への憧れにつながり現在に至っています。


Q6. 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
中学・高校はずっとバレーボール部に在籍していました。私の通っていた学校は伝統のある強豪校だったため、部活の練習はとてもハードでした。バレーボールで鍛えられた忍耐力と根性、体力は仕事をする上でとても役に立っています。

まだ知られていないその国の魅力を探し出してお客様にご紹介

Q7. どういう人がその仕事に向いていると思いますか?

弊社のツアープランナーは部署間の異動があります。どんなエリアを任されても、その国の魅力を探し出して好きになれる人が向いている仕事だと思います。一般にはまだ知られていない見どころや絶景スポットなどを発掘し、お客様にご紹介するのが私たち“旅のプロ”の仕事。調べ物が好きで、旅先のレアな情報や最新の情報を集めるのが得意な方も向いていますね。 

Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
今、将来の夢が見つからなくても、何も心配はいりません。何か一つでも夢中になれることを一生懸命やっていれば、おのずと道は見えてくると思います。高校時代に打ち込んだことは決して無駄にはならず、必ず後の人生に生きてきますので、焦らずに好きなことを極めてみてください。 


「海外で働きたい」という夢を抱いて、旅行会社に飛び込んだ高橋さん。現在はツアープランを考えるお仕事に就いています。会社からの期待も厚く、今後ますます活躍される姿が目に浮かびます! 
 
【profile】株式会社エイチ・アイ・エス 関東海外旅行事業部 アジア旅行事業グループ 企画チーム 高橋里帆

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「企画業務」
はこんな仕事です

企画業務は、商品企画や販売企画・営業企画・イベント企画など、所属する会社によって異なり、多岐にわたる仕事だ。市場の動向を把握したり、最新のトレンドを勉強したり、営業データなどを見たりしながら、さまざまな情報を吸収して企画のアイデアを出す。何度も熟考を重ねながら、企画書にまとめて社内の企画会議やクライアントへの提案会議などでプレゼンテーションを行う。採用された企画を実際にカタチにするために、各部署と連携を取りながら業務を進行していく。

「企画業務」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける