【シゴトを知ろう】動物園の飼育係 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】動物園の飼育係 ~番外編~

2020.02.20

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】動物園の飼育係 ~番外編~

「【シゴトを知ろう】動物園の飼育係 編」では、多摩動物公園でキリンの飼育管理を担当している齋藤美和さんに、飼育係のお仕事内容や魅力などを伺いました。番外編では、キリンのお世話をしている中で特に心に残っているエピソードや、飼育係ならではの「あるある」などについてお伺いします。

この記事をまとめると

  • 動物の健康管理のために、小さなことも見逃さないよう観察している
  • 飼育係の気持ちは動物たちへ伝わるため、常に平常心でいることが大切
  • 担当動物が変われば、ベテラン飼育係も1年生から再スタート

わずかな兆候も見逃さないように、常に動物を観察することが大切

―― 動物の健康チェックは具体的にどのように行っているのですか?
 
健康チェックは、掃除やエサの準備などの作業中も常に行っています。わずかな兆候も見逃さないように、傷の有無・歩き方・食べる量・フンの状態などを中心に、動物を1日中観察して、もし具合が悪い場合には、すぐに対処ができるようにしています。

また、雌キリンは2週間に1回と短いスパンで発情するため、発情期中か否かも健康チェックと同じく常に確認し、記録に残しています。発情期中に交尾が成立すれば妊娠するのですが、発情期を記録に残しておかないと、いつ妊娠したのかが分かりません。そうすると出産時期を把握できないので、母キリンを産室に隔離することができず、出産前の準備が不十分で困ることになります。

人間の親が子どものことを見守ったり、恋人や友人が相手の体調や心情を察したりするのと同じように、動物園の飼育係が日々動物をきちんと観察することが大切です。動物は、言葉を話すことができない分、さらに注意深く観察するようにしています。
 
 
―― 多摩動物公園で飼育しているキリンについて教えてください。

多摩動物公園では、16頭(2019年10月19日現在)のキリンを飼育しています。飼育頭数は現時点では国内で最も多く、先輩からも「多摩動物公園はキリンの繁殖基地として認識されていて、キリンが大きくなったら日本全国の動物園へお嫁さんやお婿さんとして送る施設になっているから、繁殖を絶やしてはダメだよ」と言われてきました。

多摩動物公園ではたくさんのキリンが産まれているので、時期やタイミングにもよりますが、お客様に仔キリンを見ていただける機会が他の動物園より多いかもしれませんね。

―― 特に心に残っているキリンの出産はありますか?

キリンは通常3~4歳で性成熟するのですが、一昨年、10歳と高齢で初めて妊娠・出産をしたキリンがいました。そのときのことは、特に心に残っています。このキリンは多摩動物公園で生まれ育ったわけではなく、小さな頃に他の動物園からここに来て、雄との相性が合わず、なかなか妊娠の機会に恵まれなかったのです。

高齢での初産ということで、飼育係みんなで「無事に産めるかな」と心配していたのですが、なんとか無事に出産することができました。母仔ともに問題なく、仔キリンはすくすくと育っていき、心底ホッとしたのを覚えています。さらにその後、うれしいことに第二仔も誕生しました。今も親仔揃って元気に群れの中で過ごしています。

その母キリンは、日頃から幼いキリンの面倒を見るような素振りを見せていたので、もともと母性本能は強かったのかもしれません。今ようやく本当のお母さんになれて良かったなと、心からうれしく思っています。

飼育係は、常に平常心でいることが求められる

―― 仕事中、こだわってやっていることはありますか?

なるべくいつも同じペースで、平常心で作業することを心掛けています。飼育係の気持ちは、すぐ動物に伝わってしまうのです。例えば「今日は用事があって終業時間後すぐに帰らなければいけないから、早くキリンたちを動物舎に入れないと」と内心焦りながら作業をしていると、キリンたちはその気持ちを敏感に察知して、逆に動物舎に戻ってくれなくなります。私が焦ることにより、キリンたちも驚いてソワソワしてしまうのです。

プライベートのことで気になることがあっても、動物園に来たらきちんと気持ちを切り替えて冷静になる。これは常に意識しています。


―― この仕事に就いてから、何か勉強をしていることはありますか?

担当する動物が変わるごとに、その動物について勉強しています。飼育係は、長年経験を積んだベテランでも、担当が変わればまた1年生からスタートです。飼育係としての基本の動き方は変わらなくても、動物によって習性や飼育方法は大きく異なるので、勉強する必要があるのです。

私がキリンの担当になったときは、キリンについて勉強するだけではなく、フォークリフトやショベルカーの免許も取得しました。フォークリフトはキリンが引っ越す際の輸送箱を運ぶために、ショベルカーは運動場を整備するために必要なのです。

なお、担当が変わるスパンは動物の種類や人によって異なります。

今後の目標はサバンナの動物たちのエキスパートになること

―― この仕事ならではの「あるある」なことはありますか?

街路樹を市役所の人が手入れをしているのを見ると、「この葉っぱおいしそうだから、うちのキリンにあげたいな」と思ってしまいます(笑)。また、以前小動物を担当していた時期は、自分で食べるフルーツを小動物のエサのようにかなり小さくカットしてしまったこともありました。担当している動物によって「あるある」は変わってくるのかもしれません。

飼育係全体の「あるある」でいうと、雨が気にならなくなることです。飼育係は、小雨ならレインコートを着ずに作業することがほとんどなので、プライベートで街を歩いているときに雨が降ってきてもすぐに傘を差さない飼育係が多いと思います。一緒にいる友達に、「何で傘を差さないの?」と驚かれることもしばしばです。


―― 今後の目標を教えてください。

現在サバンナの動物たちを担当して5年目になりますが、徐々に先輩から仕事を任せてもらえるようになり、自分の仕事に自信を持てるようになってきました。今後はさらに上を目指し、サバンナの動物たちのエキスパートになりたいです。また、何かトラブルが起きたときに素早く対処できるように、経験値を上げて自分の引き出しを増やしていこうと考えています。
 
 
個性豊かな動物たちの暮らしを、日々愛情をもって支えている飼育係のみなさん。動物の命に対する責任感や体力、観察力、コミュニケーション力と多くの要素が求められますが、その分大きなやりがいと喜びを感じられるお仕事です。動物好きの人はもちろん、動物の魅力をより多くの人に伝えたいという人は、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。
 
 
【profile】多摩動物公園 齊藤美和

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「動物園の飼育係」
はこんな仕事です

動物園で動物を飼育する仕事。一人で数種類の動物を担当し、餌やり、健康状態のチェック、園舎の掃除などが基本的な業務となる。日々の動物の様子を観察・記録し、わずかな体調変化も見逃さないことが求められる。さらに、ユニークな展示方法で人気を集めるなど、動物の生態に即した環境を整えつつ、多くの来園者に動物の魅力を楽しんでもらえる企画を考えることも重要な仕事となっている。また、動物園で飼育する希少動物の繁殖に取り組むことも大切な役割である。

「動物園の飼育係」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける