史上最年少でグランプリ! ミス・ワールド2019日本代表・世良マリカさんにインタビュー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

史上最年少でグランプリ! ミス・ワールド2019日本代表・世良マリカさんにインタビュー

2019.11.11

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

史上最年少でグランプリ! ミス・ワールド2019日本代表・世良マリカさんにインタビュー

「目的ある美」をスローガンに掲げ、世界で美しさを競い合うミス・ワールド。
同コンテストの日本代表を決める「ミス・ワールドジャパン2019」で世良マリカさん(16歳)が史上最年少でグランプリに選ばれました。今回は世良さんが日本代表に選ばれた時の心境や自己表現をする上で気をつけていることなどを赤裸々に語ってくれました。

この記事をまとめると

  • 周りの影響で環境問題に強い関心がある
  • SNSは得意な英語を使いつつ、言葉遣いにも気をつけて投稿
  • 選考期間中に体験した全てのことが成長の糧に

史上最年少でグランプリを受賞

―― ミス・ワールドジャパン2019に選ばれた率直な感想を聞かせてください。

選ばれた瞬間はうれしい気持ちが一番でしたが、そこからだんだん注目を浴びるようになり責任感が大きくなりました。
とはいえ、ミス・ワールドの日本代表として世界の方々と競い合えることはなかなかできる経験ではないので、楽しみな気持ちも大きいです。

―― 発表前に自分が選ばれるという自信はありましたか?

発表される前は本当にどうなるか分からなかったんです。可能性も感じていた一方で、華やかな実績を持つ方も沢山いらっしゃって、皆さんそれぞれ個性があって一人一人が印象的でした。でもそんな中で自分にできることを精一杯やろうと頑張りました。


―― ミス・ワールドジャパン2019に出場しようと思ったきっかけは何ですか?

世界に目を向けたかったことがきっかけです。周りにユニセフで働いていたことがある人が多かったこともあり、元々環境問題に興味がありましたが、高校生になって自分ごととして考えるようになりました。学校の授業でも環境問題に関するビデオを見る機会があって、そこで「自分にできることが何かある」と思ったんです。ミス・ワールドに出ることで世界のことをより深く知ることができると考えました。

得意な英語をSNSでも発揮!!

―― さまざまな実績を積んだ方が多い中で、何を強みにしましたか ?

学生だからこそできることを強みにしました。特にSNS審査は高校生の自分にとって強みだと思い、大切にしていました。また、周りの方を気にせず自分ができることを精一杯やろうと意識していたことも大きかったと思います。


―― SNSでは具体的にどのようなことを意識していましたか?

投稿をできるだけ多くの方に見てもらえるよう意識していました。例えば、多く見られているハッシュタグを入念に調べたり、他人目線で見たときに目を引くような写真を選んだりしていました。単純に写りが良い・悪いより、色や配置を意識して投稿していましたね。


―― 写真以外で気をつけていたことは?

SNS上での言葉遣いには注意していました。ミス・ワールドという名に恥じないように、敬語はもちろん言葉の表現や書く内容をよく考えていました。他にもより多くの方に届くよう英語表記もつけたりしていました。最初の頃は、写真選択から投稿まで1つに対して1時間くらいかけていましたね。

選考期間中に起きたすべてのことが自分を変えた

―― 出場するにあたって、プレッシャーはどう乗り越えましたか?

両親の協力など周りの方の支えが大きかったです。自分自身では、思い詰めずポジティブでいることを意識していました。失敗したことについて考えるより、これから他のところでどう頑張れるか考える必要があったので、失敗に引きずられないようにしましたね。


―― 選考中、自分を変える出来事はありましたか?

選考期間全部ですね(笑)。自衛隊に体験入隊させていただいたり、他の方のプレゼンテーションを聞く中で自分が知らないことがたくさんあると実感したり......。もっといろいろなことを知りたいという気持ちがとても大きくなりました。


―― 選考後に変わったことはありますか?

立ち振る舞いはもちろん、環境のことを考えてプラスチックを使わないようにしようと意識するようになりました。これも、他のファイナリストや協賛の方からの刺激があったからこそだと思います。

―― 世界大会に向けての意気込みを聞かせてください。

大舞台で緊張してしまうと思うのですが、自分らしくあることを忘れず、一生懸命頑張りたいと思います!


SNSでは英語表記をつけたり、環境問題の解決方法を自ら発信したり、自分だからできることを見つけ実行している世良さんからは、世界で活躍・貢献したいという熱い気持ちが伝わってきました。丁寧な言葉と落ち着いた口調で、自身のビジョンを語ってくださる姿はとてもかっこよかったです。ミス・ワールド2019の世界大会は11月20日から12月14日にかけて、イギリス・ロンドンで開催されます。日本代表としての世良さんの活躍に期待したいですね。


【profile】ミス・ワールドジャパン2019 グランプリ
モデル 世良マリカ

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける