【シゴトを知ろう】歯科衛生士 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】歯科衛生士 ~番外編~

2020.01.28

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】歯科衛生士 ~番外編~

診療補助から雑務までこなし、歯科医院の仕事全体を支えている歯科衛生士。山梨県昭和町の「あまね歯科医院」に勤務する深澤未来さんに伺ったお話の中から、業界事情や衛生士のお仕事の裏側についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • セミナーや本などから、常に歯科医療の新しい知識を取り入れている
  • 国家資格があるので、ライフステージが変化しても働き続けられる
  • 年齢も性別も違う患者さんそれぞれに合った治療を心がけている

新しい知識を常に取り入れることが大切

―― 業界内にはどんな性格の方が多いですか?

歯科衛生士はさまざまな個性を持った人がいますが、やはり仕事をしていると、いろいろなことに気がつくようになりますね。患者さんの口腔内の些細な変化に気づくことは、治療にとってすごく重要。細かいところまで気を配れる人が多いと思います。


―― 業界内の情報はどのように得ていますか?

セミナーなど、勉強できる機会は多いです。新しい治療方法から、電動歯ブラシの使い方、患者さんとのコミュニケーションの仕方など、内容はさまざま。自分が行きたいセミナーに申し込んで、参加しています。

また、当院ではドクターが歯科医療に関するさまざまな本を揃えてくれるので、それを読むことも多いですね。日常生活でも、テレビの健康番組を参考にすることもありますよ。

―― 業界内で働くにあたって、特に意識したり、制限されることはありますか?

清潔感はとても大事です。寝癖をきちんと直したりするのはもちろんですが、お化粧も濃くなりすぎないように心がけています。

また、グローブはするものの、患者さんの口腔に触れるので、手の衛生はとくに気をつけなければいけません。爪との間で細菌が繁殖する可能性があるので、ネイルアートは厳禁です。爪は常に短く整えておきます。

資格があれば、年齢を重ねても働き続けられる

―― 業界内ではどんなキャリアパスがありますか?

歯科衛生士になるには、専門学校や短大に通い、国家試験を通過する必要があります。試験はマークシートで、実技試験はありません。技術的な面は、臨床実習を重ねて身につけていきます。

私は出産を機に一旦退職したのですが、パートとして戻ってきました。どちらかというと、出産後も戻ってきやすいのが歯科衛生士。医院によっては、産休や育休を取得できるところもあります。「ベテランが良い」という患者さんも多いですし、年齢を重ねても働けると思います。


―― 業務をされてから、一番驚かれたことは何ですか?

歯を失う原因が、磨き残しや細菌以外にあるパターンが案外多かったことです。食いしばりや歯ぎしりなど、歯にかかる大きな力が影響する場合があります。たとえ少しの力でも毎日のことなので、歯にどんどん負担がかかって、歯根が折れたり、歯周病が進行することがあります。

治すには、マウスピースを装着する対症療法の他、疲れや習癖(クセ)を解消する根本治療も必要になります。

患者さん一人ひとりに合った治療がモットー

―― 一般の方に言うと驚かれる業界の常識はありますか?

近年、第三大臼歯、いわゆる「親知らず」がもともと存在しない人が出てきていることでしょうか。現代人はあごの骨格がシャープで口腔内のスペースが狭いので、歯並びが良くなかったり、親知らずが横向きに生えたりしますよね。そして若い世代の中には、親知らずが存在しないという人がいるんです。

これは、食習慣が影響を及ぼすところが大きいんです。生きる上で、歯はとても大切。なるべく小さいうちから、硬い食べ物をしっかり噛んで、健全なあごを形成するのが望ましいです。


―― 歯科衛生士として、一番大切にされていることはなんですか?

患者さんは、一人ひとり年齢層も性別も、ライフスタイルも違います。それぞれに合った対応をすることを大切にしています。

たとえば歯磨き指導でも、まずはいろいろなお話をして、患者さんのことを理解することからはじめます。そこから、「まずは歯磨きの習慣づけが必要」「奥歯の磨き方を改善する」「フロス(歯間ブラシ)を使ってもらう」など、患者さんに合った口腔ケアを導き出しています。
 

歯科衛生士は、「資格を取りさえすればいい」という仕事ではなく、常に新しい知識を取り入れていかなくてはいけないことが分かりました。一方で、国家資格があるからこそ、ライフステージが変化しても働き続けられる職種。深澤さんも、出産をした後、育児と両立しながら働いているそうです。印象に残ったのは、「まずは患者さんとお話する」という深澤さんの姿勢。丁寧なコミュニケーションが、適切な治療を支えているのですね。
 
 
【profile】あまね歯科医院 歯科衛生士 深澤未来

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歯科衛生士」
はこんな仕事です

歯科衛生士は、歯の病気予防や歯科医師の診療補助を行う仕事。生涯健康で丈夫な歯を維持するためには、虫歯や歯周病の予防は不可欠。歯科衛生士は、それらの予防処置として、歯垢や歯石の除去などを行う。子どもの頃から正しい歯の磨き方など、セルフケアの指導を行うことも重要な役割だ。診療補助の仕事では、歯科医師の指示を受け、器具の準備や受け渡し、管理などを担当する。出産後の再就職もしやすいため、女性が多い職種でもある。勤務先は歯科医院、保健所、老人保健施設などが挙げられる。

「歯科衛生士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける