【シゴトを知ろう】アロマテラピスト 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】アロマテラピスト 編

2019.11.08

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】アロマテラピスト 編

植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を用いて、心と体を整える自然療法「アロマテラピー」。そんなアロマテラピーを専門的に学び、施術を行うのがアロマテラピストです。今回は、グランラフィネ グランデュオ立川店の伊藤愛子さんに、アロマテラピストのお仕事内容や魅力についてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • お客様の不調やお好みに合わせて、施術の方法を変えていく
  • 良い香りが好きな人や、人に興味を持てる人に向いている仕事
  • いろいろなことに挑戦して、自分らしくいられる場所を見つけてほしい

お客様からいただく「ありがとう」の言葉が一番の喜び

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
エッセンシャルオイルを使った全身のトリートメントやリフレクソロジー・ハンドリフレクソロジーなどの施術を行っています。

グランラフィネのアロマトリートメントは、やさしくリンパの流れを促進させる「リンパドレナージュ」、適度な圧力を与えて血流を促す「スウェディッシュトリートメント」、経絡(代謝物質の道)をやや強めに刺激する「中医学」の3つを組み合わせているのが特徴です。アロマの香りによる癒やし効果に加え、リンパや血液の流れをスムーズにすることで冷えやむくみにアプローチできます。また、肌への心地よい刺激が疲労回復やストレスの軽減につながります。さらに、オイルが肌に自然なツヤを与えてくれ、体の内も外もくまなくケアできるのです。

1日のタイムスケジュールは、シフトによって異なります。早番・中番・遅番の3つがある中で、本日は中番でした。

<一日のスケジュール(中番の例)>
10:30 出勤。掃除・身支度・予約確認
11:00 施術・お客様の受け入れ・電話対応・雑務
15:00 休憩
16:00 施術・お客様の受け入れ・電話対応・雑務
20:00 退勤

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

お客様から「ありがとう」と仰っていただけることが一番です。施術前は疲れて険しい表情だった方が、施術後には穏やかな表情に戻っていらっしゃるのを拝見すると、私もほっとします。

また、お客様が心を開いてくださった瞬間も大きなやりがいを感じます。緊張されているご様子だったお客様が、施術や会話を通して徐々にリラックスされていき、最後に「初めて来て、すごく緊張していたんです」と本音を打ち明けてくださったことがありました。さらに後日、再びご来店くださり、とてもうれしかったです。

元々体の仕組みや働きに興味があり、勉強していたので、施術によってお客様の体が変化していくのを自分の手で実感できるのも、この仕事の楽しさの一つです。筋肉の動き方などを施術中に詳しくお話すると、特にスポーツをされているお客様はすごく喜んでくださいます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

大変なのは、全てのお客様にご満足いただけるように、その方によってほぐし方・タッチの強さ・会話の仕方などを変える必要がある点です。

また、私は元々人とのコミュニケーションに苦手意識を持っていたので、働き始めた当初は苦労しました。会話を通じてお客様の生活環境やストレスに感じていることなどを引き出すのも大切な仕事です。お伺いした内容を踏まえて、施術のアプローチを変えたり、お悩みを改善するためのアドバイスをさせていただいたりすることもあります。

コミュニケーション力を鍛えるために、他のスタッフの接客を観察したり、一人旅をして人と接する機会を増やしてみたりと、いろいろなことを実践しました。その結果、今では人との出会いや会話を楽しめるようになりました。ちなみに一人旅は今も続けていて、名古屋には行きつけの飲食店もできました。そこで地元の人たちと会話を楽しんでいます。

アロマテラピストは、自分がまさに求めていた仕事だった

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

高校2年生までは、実は、パティシエになるのが夢でした。しかし、パティシエについて詳しく調べていくうちに、お菓子作りは「趣味」として今後も楽しんでいきたいものと思うようになりました。改めて、どのような仕事をしたいのか考えたところ、人に喜んでもらう仕事に就きたいと思いました。そもそもパティシエを目指していたのは、お菓子作りを通して「人に喜んでもらいたい」と思ったからだと気づいたのです。そして、どこかに出掛ける度に良い香りのハンドクリームを買ってしまうほど、「香り」も好きだったと思い当たりました。

そこで、この2つに当てはまる仕事を調べるうちに、アロマテラピストという職業にたどりつきました。高校卒業後にはエステ・リラクゼーションを学べる専門学校へ進学して卒業後に、グランラフィネの姉妹店「ラフィネ」でお仕事を始めました。ラフィネで5年半程働いた後にグランラフィネへ異動し、現在に至ります。

Q5. 専門学校では何を学びましたか?

専門学校では、アロマテラピーや痩身エステ、リフレクソロジーなどの技術と、人体の仕組みや栄養学、メンタルヘルスなどの知識を幅広く身に付けました。

特にアロマテラピーの授業は、アロマの概念や歴史、各アロマの効能などを学んだり、アロマの嗅ぎ分けをマスターしたりと、とても有意義で楽しい時間でした。在学中に、アロマテラピー検定1級も取得しました。


Q6. 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校時代はバドミントン部に所属していたのですが、部活動を通して培った体力や気持ちの強さが今まさに役立っています。アロマテラピストは常にスクワットをしているような姿勢で施術を行うため、結構体力を使うんです。また、この仕事に関わらず、働き始めると心の強さを試される場面は必ず出てくるので、高校時代に鍛えておいて良かったなと思います。

「何でも挑戦すること」と「自分らしさ」を大切にしてほしい

Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?

良い香りが好きな人は、この仕事を楽しめると思います。あとは、人と接することが好きで、人に興味を持てる人です。お客様との会話は体の不調の原因を見つけ出すきっかけにもなるので、コミュニケーション力は欠かせません。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

興味を持ったことは、どんなことでも取り組んでみてください。就職して働き始めると、時間的にも、なかなか新しいことに踏み出せなくなるかもしれません。高校時代の経験が将来につながることもあるので、今のうちにいろいろなチャレンジをして、さまざまなことを楽しんでほしいと思います。

また、「自分らしくいられる場所」を探してみてください。現在、私は自然体でいられる職場で働けているおかげで、充実した日々を過ごせています。無理せず自分らしくいられる場所は自分を輝かせてくれますし、人生に喜びを与えてくれるはずです。
 
 
お客様の中には、「伊藤さんに施術してもらわないと体がほぐれない!」と仰ってくださる方もいるそうです。グランラフィネ グランデュオ立川店の伊藤さんが、これほどまでにお客様からの信頼を得ているのは、アロマテラピストとしてお客様の体に直接触れたり、会話をしたりする際に、お客様の体と心に誠実に向き合っているから、そしてアロマテラピストの仕事を心から楽しんでいるからだと感じました。
 
 
【profile】グランラフィネ グランデュオ立川店 伊藤愛子

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アロマテラピスト」
はこんな仕事です

アロマテラピーとは、植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を肌に塗り、その香りで心や身体のストレスを取り除く自然療法を指す(『アロマセラピー』ともいう)。専門的知識を持ってアロマテラピーを行う技術者が、アロマテラピストである。アロマサロンで施術を行う他、ショップやカルチャー教室で個人の愛好者への指導を行うなど、活躍の場は幅広い。身体に優しい療法として一般の愛好家も増えているが、精油を取り扱う上で専門的な知識を要する場面もあり、アロマテラピストの需要は高まってきている。

「アロマテラピスト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける