【シゴトを知ろう】水族館の飼育係 ~番外編~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】水族館の飼育係 ~番外編~

2019.10.29

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】水族館の飼育係 ~番外編~

水族館の飼育係はどんなことを感じ、何を大切にしているのでしょうか。今回は、アクアマリンふくしまでカワウソ・鳥類・両生類など幅広く飼育を担当している戸倉渓太さんを取材。この番外編では、日々のエピソードを元に「大切にしていること」「印象的だったこと」「今後の目標」などを伺いました。

この記事をまとめると

  • 生物にとって居心地の良い環境をつくるために努力している
  • 「上には上がいる」衝撃を覚えた達人ダイバーの技術
  • 「この動物ならあの人」と言われる専門性を高めたい

エサを食べやすい水深にまでこだわる

―― 魚や動物を扱う上で大切にされていることはありますか?
 
言葉が通じない分、いろいろ考えなきゃいけないと思っています。どうやって生物にとって居心地の良い環境にするか、そしてその環境をどうやってお客さまに見てもらうかということです。

カワウソのご飯の準備をする戸倉さん

カワウソのご飯の準備をする戸倉さん

例えばカワウソのスペース作りでも、エサを食べやすいように水深にまでこだわっています。彼らは魚を食べるんですが、深すぎると潜っても届かないし、浅すぎると川底にぶつかったりする。普段どういう環境で動物がエサを食べているのか、実際に足を運んで観察したりもしています。

印象的だった魚の追い込み技術

魚の病気や虫害を予防するため、大水槽の生物を取り出すことがあります。担当ダイバーが潜って魚生物を追い込むのですが、その技術が人間離れしていたんです。僕がやっても、角に追い込んだと思った魚がどうしても脇に逸れてしまい、結局2人がかりになってしまいます。その生物の習性を熟知しているからこその芸当で、「上には上がいる」と思ったのが印象に残ってますね。

それと、数カ月前にカワウソが赤ちゃんを産んだのですが、寝床を掃除しようとするとママが怒るんですよ。子どもを守ろうと、気が立っているんですね。長靴にガブっと噛み付いてきたりして、それもだいぶ印象が強いです(笑)。

―― 業界内でのあるあるを教えてください。

僕は「雨男」なんですけど、屋外で仕事をする時はそのことを黙っているようにしています。天気にものすごく影響される仕事なので、雨が降った時に、自分のせいにされてしまいますから(笑)。

あとは、他の水族館に行っても昔のように純粋に見学できなくなりましたね。視点が変わってしまい、「この展示方法すごいな」と悔しくなったり、ついつい配管を見てしまったりします。

「この動物ならあの人」と言われるのが目標

―― 今後チャレンジしたいと思っていることはありますか?

この仕事に就いて、僕はまだ5年目。毎年チームを異動し、いろいろな生物を浅く広く担当しているところです。将来的には、より深く何かの生物に専門化し、「この生物についてはあの人に聞け」と言われるようになりたいですね。


―― 水族館で働きたいと考えている高校生にアドバイスをお願いします。

水族館を見学する際に、「何故こうなっているか?」と考えるのをおすすめします。生物を見て「キレイだな、大きいな」だけで終わらず、「どうしてこういう形や色をしているのか?」とか、「何でこんなに速く泳げるんだろう?」とか、いろいろ考えてみてほしいですね。


小さい頃から水族館が好きで、高校で飼育係になることを決めた戸倉さん。大学を卒業しその仕事に就いた今でも、生物にとってより良い環境を目指して日々努力を続けています。現在はさまざまな生物を広く浅く担当しているそうですが、将来的には専門性を高めたいと語ってくれました。その言葉から、戸倉さんの強い熱意を感じることができました。


【profile】公益財団法人ふくしま海洋科学館 縄文の里グループ 縄文の里チーム
技師 戸倉渓太

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「水族館の飼育係」
はこんな仕事です

水族館の魚など水生生物をはじめ、さまざまな生き物を飼育する仕事。人工空間の中でも生き物たちが快適に過ごせるように水質を管理したり、餌を与えたりする。病気の予兆や異常をチェックして飼育環境を整え、生き物たちの健康状態を保つのも重要な役割だ。来場者に、水生生物の特徴や魅力を伝えるのも仕事の一つ。イルカやアザラシなどのショーを開催する水族館の場合は、調教や来場者を楽しませる企画の考案も含まれる。その他水槽の掃除や展示物・観覧通路の確認、生命維持装置の点検など、仕事の幅は広い。

「水族館の飼育係」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける