【シゴトを知ろう】保健師 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】保健師 編

2019.10.04

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】保健師 編

地域住民の健康管理や保健指導を行う保健師さん。高校生にとっては、触れる機会が少ない職種かもしれません。保健師の日常に迫る今回の「シゴトを知ろう」。杉並保健所 保険サービス課の大岩和也さんにお話をうかがいました。

この記事をまとめると

  • 新米ママから神経難病患者まで、地域みんなの健康をサポートしている
  • 法学部出身の文系ながら、卒業後に保健学科へ編入し、保健師に
  • 自分を「理系・文系」という型にはめずに、広い視野で職業選択すべき

地域住民みんなの健康をサポート

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
自治体に勤務する私達「行政保健師」の仕事は、赤ちゃんからお年寄りまで、地域住民の健康づくりのお手伝いをすることです。具体的には、母子保健(親子保健)・精神保健・難病患者支援・感染症対策・高齢者保健などの業務です。

この保健サービス課では、各種の健康相談や、医療費助成の申請・健康に関する教室の開催などを行っています。私が主に担当しているのは、母子保健(親子保健)。乳幼児健診や、新生児の家庭訪問指導の他、発達に課題がある子どものサポート、お母さんのメンタルケアなどです。

<一日のスケジュール>
 08:00 朝礼、メールチェックなど
 10:00 精神疾患患者の家庭訪問
 12:00 昼食
 13:00 乳児健診(医師や看護師などの医療職と協力して実施)
 15:00 健診データの統計処理(地域の有病率や疫学データを統計にして解析する)
 16:00 神経難病患者の面接(ヒアリングで、患者に合った地域支援体制を考える)
 17:15 業務終了

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
自分が行った支援がうまくつながったときはうれしいですね。最初は支援を拒否していた方でも、それを乗り越えて家族と健康に暮らせるようになる。そんな姿を見られるのは、地域の方々と直接関わる現場ならではの良さです。

また、保健師は地域に積極的に出ていきます。児童館や子育てひろば、老人クラブなど、さまざまな地域の拠点で健康指導や教室を行うたび、地域の方々が互いにつながって、助け合う基盤が醸成されていきます。保健師として、地域と一緒に成長できるのも大きなやりがいです。
 

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
大変なのは、対応すべき領域が広いことです。新生児のお母さんからは「ミルクをあと何ml足せばいい?」という具体的な質問が出ますし、たくさんの病気があって進行の度合いもさまざまな神経難病患者さんへの支援も、一筋縄ではいきません。「広く浅く」ではなく、それぞれの課題について常に勉強し、理解を深めていく必要があります。

また、感染症や精神疾患の患者さんに対する、いわゆる「強制入院」の措置はつらいものがあります。もちろん、法律の下で行うことなのですが、ある意味では人権を侵害していることになります。「本当に妥当なのか、ほかに方法はないのか」と、いつも考えてしまいます。

大学卒業後、保健学科へ編入

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?

法学部で学んでいた大学時代、社会保障に関わる仕事がしたいと思ったのがきっかけです。官僚など制度をつくる側ではなく、現場のほうが楽しそうだと考え、医療関係の仕事についていろいろと調べたんです。そこでたどり着いたのが、社会レベルで人々の健康を考える「公衆衛生」のエキスパート・保健師でした。

大学卒業後、医学部保健学科の2年次に編入して卒業。看護師として病院に勤務後、この職場で保健師として採用されました。 
 

Q5. 大学では何を学びましたか?
 
編入した保健学科では、まず看護師になるための勉強をしました。基礎医学、看護学の他、病棟実習などを通して臨床看護についても学びます。そして、4年次の1年間で保健学を学び、ようやく看護師・保健師双方の国家試験の受験資格が得られるのです。保健師として働くには、看護師の資格が必須となっているため、このようなカリキュラムになっています。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生のとき、司法修習生をテーマとしたドラマを見て、法律関係の仕事に興味を持ちました。単純に格好いいと思ったのと、法律関係の仕事であれば選択肢が多いだろうという思いもありました。それで、法学部を目指したわけです。

保健師は一見法律とは無縁のようですが、行政保健師としての仕事は全て法令に基づいているんです。法曹ではなくても、高い頻度で法令を扱うので、現在の仕事にもつながってはいますね。

理系・文系を決めつけないことが大切

Q7. どういう人がその仕事に向いていると思いますか?
 
一歩引いて物事を見られる冷静さを持った人だと思います。私は、保健師として2万人を担当しています。全ての住民の方につきっきりでサポートすることは不可能。全体を俯瞰して、訪問看護師さん、ケアマネジャーさん、民生委員さんなど、周囲をうまく巻き込んで支援を行うことが大切です。

また、支援を行う立場としては「傾聴」する力も必要です。相談にじっくり耳を傾け、相手が何を求め、困っているのかを冷静に評価することができれば、適切な支援につながります。

 
Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。
 
「自分は文系だから、理系だから」と決めつけないでほしいと思います。長い人生ですから、入った学部で選択肢が決定されるわけではありません。私も文系で法学部に進みましたが、大学に入った後に保健師という仕事に巡り会い、理系の道に進みました。

高校で学んだ生物は、保健師の仕事に結びついていますし、英語を頑張ったおかげで英文の論文も読めます。いろいろなことに興味を持てるのは強みです。学問についても職業についても、広い視野を持ってほしいと思います。 

 

法学部を卒業した後、保健師の道を志した大岩さん。もともと興味のあった社会保障について学びを深めるうち、地域みんなの健康をサポートする保健師の仕事にたどり着きました。大岩さんのメッセージにもあったように、自分を「文系・理系」と決めつけずに、さまざまな学問に興味を持つことで、意外な天職に巡り会えるかもしれません。
 
【profile】杉並保健所 保健サービス課 大岩和也

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保健師」
はこんな仕事です

保健師は、人々が健康な生活が送れるよう、病気予防や健康管理の指導を行う仕事。勤務先としては市町村が多く、地域の身近な健康相談係として、妊婦や乳幼児、高齢者などを対象に幅広く指導を行っている。さらに、障がい者や難病の患者を対象とした保健所での勤務、一般企業の労働者、学生や教職員を対象とした保健業務など、活躍の場は幅広い。今後の高齢化や、生活習慣病予防をはじめ健康への関心が高まるなか、保健師が必要とされる場が増えるだろう。

「保健師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける