【シゴトを知ろう】建築士 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

【シゴトを知ろう】建築士 編

2019.09.24

提供:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】建築士 編

ビルや住宅をはじめとした建築物を設計する建築士。高校生の皆さんが通う校舎も体育館も、通学に使う駅も全て建築士が設計したものと考えると、非常に身近な職業に感じられますよね。今回は、大成建設株式会社で建築士として働く武市章平さんに、仕事の内容ややりがいについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 建築主の漠然とした要望に具体的な形を提示していく仕事
  • 良い建築をたくさん見て・体験しないと、良い建築は生み出せない
  • 日常の中に「好きな風景」を持っている人が向いている

建築主の漠然とした要望に具体的な形を提示していく仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
建築の設計は、こんな建物を建てたい、こんな場所をつくりたい、こんな使い方をしたいといった建築主の漠然とした要望や悩みに対し、具体的な形を提示して快適な環境を提供する仕事です。

形のない状態から実際の建築物になるまで、建築主に寄り添い、密にコミュニケーションを取りながら、望んでいるものを引き出し、図面や模型、CGなどでイメージの共有をしていきます。

工事が始まったら工事現場にも通い、本当に設計図の通りに工事が進んでいるかチェックしたり、施工者とどのように施工すればよいか一緒に検討したりもします。

<一日のスケジュール例> ※工事現場へ行く日の例
8:45 出社、メールチェック、図面チェック
10:00 計画中プロジェクトの社内提案会議
13:00 工事中の現場へ向かい、進捗状況のチェック
15:00 工事現場で建築主と仕上色見本の確認
18:00 帰社し計画中プロジェクトのイメージスケッチ
19:00 帰宅


Q2. お仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんなときですか?
 
完成した建築を実際に使っていただいて、中で過ごされている方の笑顔が見られたときです。

建築が完成するまでは長い時間がかかり、その過程でさまざまな課題が発生します。その一つひとつをみんなで解決していくことや、建築が徐々に建ちあがっていく様子を見ることも大きなやりがいですが、その全てが最終的に、利用者の笑顔に集約されると思います。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときですか?

建築は、他の多くの産業・プロダクトと違って、完成するまで実物大のものを見る・体感することができないので、建築主とイメージを共有することが最も大変な課題だと感じます。

そのため、模型やCGでイメージを共有するだけでなく、本当に快適な環境になっているか、シミュレーションで丁寧に検証します。時には、部分的に原寸大のモックアップ(試験体)を製作して確認してもらう過程を踏む必要があります。

良い建築をたくさん見て・体験しないと、良い建築は生み出せない

Q4. 今のお仕事を目指したきっかけを教えてください。

子供の頃から物を作るのが好きだったのですが、きっかけとなったのは、高校生のときに友人の家に遊びに行ったことですね。友人のお父さんが建築士で、その家の造りが自宅と全く違うことに感動を覚えました。こんな家があるのかと衝撃を受け、それが建築士への憧れに変わっていきました。

Q5. 今のお仕事に就くために、どのようなことを学ばれましたか?

建築の基本は学校で学びましたが、その他のことでいうと、さまざまな建築や風景を見て回りました。良い建築を見て・実際に中に入って体験してみないと、良い建築は生み出せないと考えています。

建築は周辺環境との関わりも大切な要素となってくるので、好きな風景と出会うということも大変重要な経験になると思いました。また建築家の方々の著書を読んで、どのような考え方で、どのようなやり方で建築をつくっていけばよいのかを学びました。

 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在のお仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生の頃、特段これといった夢を描いていたわけではないのですが、先ほどもお話ししたように、建築士の父を持つ友人の家に遊びに行ったことがきっかけで夢を抱くようになったので、今につながっていると思います。

日常の中に「好きだと思える風景」を持っている人が向いている

Q7. どういう人が建築士に向いていると思いますか?
 
まずは、自分の街で好きだと思える場所や風景を持っている人だと思います。この場所が好きだから通学のときに必ず通っているとか、少し遠回りだけど川沿いを歩いて通学しているなど、そうしたいと思う些細な感受性さえあれば誰もが就ける仕事だと思います。

あとは、さまざまなことに興味を持てる人ですね。建築を取り巻く環境は多岐にわたります。日頃から幅広い世界に興味を持つことで、いざという難問に出会ったときに対応できる知恵が育まれるのではないかと。


Q8. 高校生に向けたメッセージをお願いします。

街を歩きながらよく風景を見て、いろいろな視点で観察してみることをおすすめします。

自然の風景や、街並み、人々の生活の様子など、普段気に留めていなかったものに目を凝らすと、多くの発見があると思います。建物の中に入れるところはどんどん入って、建物の中でも外でも、自分なりに心地よいと思える場所をたくさん探してみてください。将来心地いい場所を作るための引き出しをたくさん作っておけば、きっと役立つはずです。



良い建築にたくさん触れなければ、良い建築はできない。基本的なことかもしれませんが、何よりも重要なことなのだと感じました。建築士の仕事に興味がある人は、武市さんのアドバイスに従って、まずはお気に入りの建築物を隅から隅まで観察し、「どうして自分はこの場所が好きなのか」を明確にすることから始めてみるのはいかがでしょう?

【profile】大成建設株式会社 武市章平

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「建築士」
はこんな仕事です

戸建て住宅や集合住宅、ビルといった建築物を設計する仕事。建設会社や工務店、設計事務所などが主な活躍の場で、経験を積めば独立開業の道も開ける。依頼主の要望を聞き、その土地に対して決められた面積、高さ、容積などの条件に合うように設計図を作成し、工事が始まれば作業が設計図通りに施工されているかどうかの監理・確認も行う。設計や工事監理は、建築士法の定めにより建築士しか行うことができない。さまざまな条件をクリアしながら、アイデアを形にして実際の建築物として完成させる。

「建築士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける