【2019年高校総体】横浜高等学校 剣道部

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【2019年高校総体】横浜高等学校 剣道部

2019.08.01

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【2019年高校総体】横浜高等学校 剣道部

インターハイ神奈川県予選において、団体戦・個人戦ともに見事優勝を果たした横浜高等学校剣道部。団体戦は控えを含め全員3年生という、実力と経験を兼ね備えたメンバーが揃います。3年生で部長の大埜(おおの)成夢くんと、同じく3年生で個人戦にも出場する副部長の伊藤和樹くんに、チームの強みやインターハイへの意気込みを伺いました。

この記事をまとめると

  • 一番大切なのは基本。その上で目的意識を持って練習に取り組む
  • メンバー一人ひとりが役割を自覚し、強い信頼関係で結ばれている
  • 「普段通りやれば勝てる」という先生の言葉で本来の力が発揮できる

ギリギリの局面で力になるのは、日々積み上げてきた「正しい剣道」

―― 練習がある平日のスケジュールを教えてください。

大埜:学校の授業がある日は14時半から17時までが練習時間で、面打ちなどの基本練習をしてから応用技や運動量の多い練習をします。そして試合を想定した実戦形式の練習を行い、最後に打ち込み稽古、という流れが多いです。

伊藤:運動量多めの練習では、トップスピードで打ち込みながら剣道場の端から端まで往復したりします。距離もあるので結構ハードです。

―― 普段のトレーニングや練習で意識的に行っていることはありますか?

伊藤:意識しているのは「正しい剣道」です。先生や指導してくださる方から言われたことをしっかりと頭に入れ、まずは基本を大切に、その上で自分の課題に取り組むようにしています。一つひとつは小さなことでも基本がしっかりしていれば、形勢が不利になっても体は崩れません。そうやって積み上げたものが、試合で一番苦しいギリギリのところで生きてくるのだと思います。

大埜:毎日同じようなメニューを何となくやっているだけでは、きっと何も身につかないと思います。そのため「今日はここを練習しよう」と自分なりに目的意識を持つように心がけています。先生からは「攻め方が足りない」と指摘されることが多いので、構えや足の出し方などを変えるなど試行錯誤しながら練習しています。


―― チームの強みやここは他校には負けない!という部分はありますか?

伊藤:団体戦ではこの1年、補欠を含めずっと同じ7人のメンバーで戦ってきました。それぞれが自分のやるべきことを自覚し、強い信頼関係で結ばれていると思います。また、僕の強みは大きな舞台を楽しめることです。これは中学時代に団体戦で大将を任され、我慢強さと集中力が身についたおかげだと思っています。

大埜:チームワークの良さでは他校に負けません。ずっと同じメンバーで戦ってきてお互いのこともよく分かっているし、団体戦では優勝という目標に向けて一人ひとりがしっかりと役割を意識しています。たとえば僕と伊藤くんの役割はポイントゲッター。他のメンバーは勝敗を気にせず思い切りやってくれれば、最後に僕が絶対勝つ! という気持ちで試合に臨んでいます。

身近にいる憧れの存在が自分を強くしてくれる

―― 監督や仲間などからもらって印象に残っている言葉はありますか?

伊藤:コーチの先生から言われた「日々進化し続けることが大切」という言葉です。試合に勝って満足するのではなく、そこからがスタートなんだ、と深く心に残りました。
あと思い出深いのは、中学最後の全国大会のときに仲間がかけてくれた言葉です。団体戦で最後、僕が負けてチームが敗退してしまったとき、みんなが「お前が勝てなかったんだから仕方ないよ」と言ってくれました。とても悔しかったけれど、全員が全力で頑張った試合だったと思います。その経験があるから、高校でも最後まで悔いのないように頑張ろうと思いました。

大埜:試合前にはいつも顧問の先生が「普段通りやれば勝てるよ」とチームメンバーに声をかけてくれます。「勝たなきゃ」と力みすぎると気持ちが空回りして、かえってミスをしてしまいがちです。でも先生のその言葉で「いつも通りでいいんだ」と気持ちがラクになり、自分本来の力が発揮できます。

―― 目標としている選手は誰ですか?

伊藤:神奈川県警の高鍋進さんです。全国大会で何度も優勝経験のある強い選手で、技の一つひとつにスピードとキレがあり、なおかつきれいです。実は高鍋さんは父の同級生で、以前剣道を教えていただいたこともあります。父から話を聞いてますます尊敬するようになり、そんなすごい選手が僕のことを知ってくれていることが本当に光栄です。僕の技術は到底及びませんが、「高鍋さんに近づくためにもっと努力しよう」と目標にしている選手です。

大埜:顧問の加藤先生です。先生の攻めは本当にすごくて、真似したくてもできません。スピードやパワーは僕たちも負けていないはずなのに、全然勝てません。他校との合同稽古でも「加藤先生は強い」とよく言われますし、試合のときに「先生の方が強いな」と感じることもあります。そんな強い先生と毎日練習することができて、すごく力になっていると思います。

選抜大会敗退の悔しさをバネに、インターハイでは優勝を目指す

―― 高校卒業後の目標を教えてください

伊藤:僕は剣道推薦で大学に行く予定です。大学には全国から強い選手が集まると思いますが、その中でレギュラーとして活躍し、他校の上級生にも勝てるようになりたいです。そして将来は教員の仕事に就き、剣道部の顧問になりたいです。先生として生徒を教える上でも、やっぱり結果を出した人の方が信頼されると思います。大学では自分のモットーである「正しい剣道」を忘れず、しっかり結果を残せるように頑張ります。

大埜:僕もスポーツ推薦で大学に進学し、剣道を続けるつもりです。大学での練習は中学や高校とは違い、自分でいろいろなことを決めて取り組んでいかなければいけません。たとえ先生からの指示がなくても、自分がこれまでやってきた剣道を崩さず、さらにレベルアップしていきたいと思います。大学には強い先輩方もたくさんいるので、技や知識を自分から積極的に吸収したいです。


―― インターハイへの意気込みを教えてください

伊藤:インターハイでは悔いの残らないように、自分たちの力を全部出し切りたいと思います。どんな局面でも決して弱気にならずに「横浜高校の剣道」を貫き、全力で戦います。

大埜:今年3月に出場した全国高校選抜大会では団体1回戦敗退という結果に終わってしまい、「インターハイで選抜大会の借りを返す」という強い気持ちでチーム一丸となって頑張ってきました。インターハイでは上位まで勝ち進み、しっかりと借りを返したいです。中学のときは全国大会団体3位だったので、その壁を越えて優勝を目指します。


中高一貫校である横浜高等学校。今回お話を伺った2人をはじめ、団体戦のメンバーの多くは中学から一緒に剣道をやってきた仲間だということもあり、チームの絆はとても強いそう。全員の力を存分に発揮し、インターハイの舞台で「横浜高校の剣道」を見せてほしいですね。


【profile】横浜高等学校 剣道部
大埜成夢(3年)、伊藤和樹(3年)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける