【2019年高校総体】日本体育大学柏高等学校 レスリング部

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【2019年高校総体】日本体育大学柏高等学校 レスリング部

2019.07.26

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

【2019年高校総体】日本体育大学柏高等学校 レスリング部

インターハイ常連校の日体大柏高校レスリング部。強豪チームで指導をしてきた大澤監督の下、今年も多くの選手がインターハイに出場します。数週間後に迫った決戦の日に向けて、いつも以上に練習に熱が入る選手たち。3年生でキャプテンの山倉孝介君、同じく3年生の山田脩君、片岡梨乃さんにお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 「勝ってもおごらず、負けてもくさらず」という監督の教えに忠実に
  • 選手層が厚く、お互いを信頼して戦っている
  • 3年生として出場する最後のインターハイで優勝したい!

試合を振り返り、できなかったことを練習で改善

―― 練習がある平日のスケジュールを教えてください。

山倉:毎朝6時20分から1時間ほど朝練を行います。メニューはランニングと補強トレーニングが中心で、自重を使ったトレーニングや腕立て伏せなどで身体能力を高めます。午後は授業が終わった後、16時から18時半まで練習します。30分ほどウオーミングアップをしてからタックルの打ち込みがあり、実戦形式の練習であるスパーリングへと移ります。

片岡:スパーリングは男女関係なく組み合い、試合と同じ3分2ラウンドを行って別の選手と交替します。毎日だいたい16本くらいのスパーリングに取り組んでいます。全体練習が終わってからも、学校は21時まで開いているので、各自自主トレをすることもあります。

―― 普段のトレーニングや練習で意識的に行っていることはありますか?

山倉:僕は直前の試合でできなかったことを練習で改善するようにしています。試合で繰り出せなかった技や、技までの流れを再確認するなど、次の試合に向けて意識的に取り組んでいます。

片岡:私も普段から、試合での反省点を意識して練習しています。相手に与えずに済んだポイントや、逆に自分が拾えたポイントを考えながらスパークリングに取り組んでいます。またもっとパワーをつけるために、ロープ上りのトレーニングを積極的に行っています。

山田:自分は、次の試合で使える技をいつも研究しています。他校の選手の試合動画などを参考に、練習で実際にやってみて、自分に合うか合わないかを試しています。レスリングは一つの技からの展開が無数にあるので、少しでも多く習得したいと思っています。

全階級で選手層が厚く、信頼しあうことで良い相乗効果が生まれる

―― チームの強みやここは他校に負けない!という部分はありますか?

山倉:レスリングの団体戦では、7階級の選手が順番に対戦していきます。当校は全ての階級で選手層が厚いのが自慢です。たとえ自分が負けてしまっても、次に信頼できる仲間が控えていると思うと試合に向かうプレッシャーが半減します。また逆に「自分が勝って仲間に楽をさせてあげたい」と思う気持ちもあり、良い相乗効果が生まれていると思います。

山田:僕は80kg級で、6番目に登場します。すでに勝ちが決まった状態で試合に臨むことが多く、とても楽をさせてもらっています(笑)。選手層の厚さは身をもって実感しますね。


―― 監督や仲間などからもらって印象に残っている言葉はありますか?

山倉:大澤監督がよくおっしゃる「得意淡然失意泰然(とくいたんぜん しついたいぜん)」という言葉です。勝ってもおごらず、負けてもくさらないという意味で、部員全員が大切にしているスローガンです。去年のインターハイで勝利を収めて少し舞い上がっているときに、前のキャプテンからこの言葉を言われ、気を引き締め直したことを今でも覚えています。インターハイは4日にわたる大会で、勝った次の日も試合があったので、とてもありがたい一言でした。

片岡:私は少しメンタルが弱いところがあり、試合で相手に先にポイントを取られると「もうだめかも」とくじけてしまいそうなことがあります。そんな時に思い出すのは、大澤監督の口癖である「執念」という言葉です。「ブザーが鳴るまで絶対に諦めるな!」という先生の言葉に奮い立ち、残り数秒から逆転した試合もあります。

山田:僕は、去年まで寮で同室だった先輩からの激励のメッセージに、いつも勇気づけられています。試合の前はいつもLINEを送ってくれ、技のアドバイスやケガの心配をしてくれるんです。いつも見守っていてくれる心強い存在で、とても感謝しています。


―― 目標としている選手はいますか?

山倉:2学年上の先輩である山口海輝選手です。今も練習で大学にお邪魔するといつも丁寧に指導してくれます。レスリングスタイルが格好いいのはもちろんのこと、尊敬するのはレスリングへの真面目な姿勢。とてもストイックで誰よりも練習量が多い山口先輩は、いつも憧れの存在です。

片岡:私が目標とするのは、2学年上の須崎優衣選手です。学校は違いますが、小さい頃に同じクラブでレスリングを習っていたことがありました。世界選手権で2回も優勝するような強い選手なのに、とても謙虚な方で、人間的にも尊敬しています。

山田:僕は、日本選手権で優勝した日下尚選手です。自分と同じグレコローマンスタイルの選手で、高校時代は2度ほど対戦したことがあります。試合後にいつも声をかけてくれる気さくな方です。日下選手は投げ技が得意で、自分がやりたい技のイメージにぴったりで、試合の動画を見て研究しています。ときどき、技について貴重なアドバイスをいただくこともあります。

インターハイでは、チームのための一勝をもぎ取りたい

―― 高校卒業後の目標を教えてください。

山倉:大学でももちろんレスリングは続け、全日本で優勝して世界で活躍できる選手になりたいです。大学ではスポーツ栄養学や身体構造など、スポーツに関わる勉強をしたいと思っています。

片岡:私もスポーツ関連の学部がある大学に進み、レスリングでは全日本で優勝して世界大会に出たいという夢があります。

山田:自分は体育の教師になりたいという目標があり、大学ではレスリングと教員免許取得の両立を頑張りたいです。

―― インターハイに向けた意気込みをお願いします。

山倉:キャプテンとして迎える最後のインターハイ。個人戦でも団体戦でもしっかり勝利を収め、キャプテンとして恥ずかしくない結果を出したいと思っています。チームのための一勝をもぎ取りたいです。

片岡:去年は惜しくも準優勝で終わってしまったので、今年は絶対に優勝したいです。残りの練習期間でタックルを強化し、攻めのレスリングを目指します。

山田:春の選抜大会では優勝することができましたが、その時の決勝の相手が、先日の全日本選手権で優勝しています。選抜優勝は運が良かっただけと思われないよう、インターハイではきっちり実力で勝ちにいきたいです。



それぞれに個人技を磨きながら、団体戦では見事なチームワークを見せる日体大柏高校レスリング部。息の合った練習風景からも、部員の仲の良さが伝わってきました。切磋琢磨しながら、インターハイでは存分に実力を発揮してください!


【profile】日本体育大学柏高等学校 レスリング部
山倉孝介(3年生)、山田脩(3年生)、片岡梨乃(3年生)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける