安倍総理大臣の給料は? 世界の政治家の給料比較!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

安倍総理大臣の給料は? 世界の政治家の給料比較!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

安倍総理大臣の給料は? 世界の政治家の給料比較!

この記事をまとめると

  • 政治家の給料については、国によって考え方が違う
  • 世界でもっとも高給取りな首相はシンガポールで、金額は約1億3,000万円!
  • 給料の金額やその使い道から、その国の政治に対する考え方が垣間見える

国のいろいろな制度を決めたり、外交を行ったりする総理大臣のお給料は、国民が納めている税金から支払われています。でも実際にどれくらいのお給料なのかは知らないですよね? そこで今回は、日本と世界のリーダーのお給料を比較してみました。

【日本】

およそ1億3,000万人の人口のリーダーである安倍晋三内閣総理大臣。安倍首相のお給料は実は特別職給与法という法律で決められていて、基本給は月収205万円となっています。そこに各種手当やボーナスなどが加わって、年収は大体5,000万円程度。この総理大臣のお給料は最高裁長官と同じで、国家公務員の中では一番高いのだそうです。

【アメリカ】

アメリカの大統領のお給料は、年収約4,000万円と言われています。世界でも非常に大きな国であるにもかかわらず、そのリーダーの年収は他の国と比べてもやや少なめ。しかし、アメリカの大統領が本当に稼ぐのは大統領の任期を終えてからなんだとか。公務員として国から支払われる年金や医療保険、個人事務所などが与えられたりと、一生安泰な暮らしができる上、元大統領として本を書けば、多額の印税が入ります。本の印税や講演料でお金持ちになった元大統領も多いようです。

【シンガポール】

世界で最も高給取りの首相がいるのはシンガポール。年収は約1億3,000万円だそうです。シンガポールは優秀な人材を集めるために政治家の報酬を高くしているそうですが、それにしても給料が高すぎるのではないかという国民の批判を受けて1億8,000万円から約36%減額しました。

【イギリス】

イギリスの首相のお給料は1,900万円と言われていて、他の国と比べると非常に低い印象を受けます。6,400万人の人口のうち、首相より高いお給料をもらっている人は約9,000人もいるのだそう。しかも、キャメロン首相は2010年に自らのお給料を5%減給することを要求したのです。とはいえ、任期を終えてから本を出版することも多く、そこはアメリカ同様、辞めた後も稼げるからこその金額設定かもしれません。

【ロシア】

クリーンな政治を目指すロシアでは、大統領をはじめ公務員は年収や財産を1億4,000万人の国民に公表することを義務付けています。大統領のお給料は約1,000万円。国の大きさを考えると、お給料はやや少なめといえるでしょう。

各国のリーダーは、国の景気や支持率に合わせて自分の給料をカットしたり、多額の寄付を行ったりしています。国を背負った責任の大きな仕事をしているわけですから高給なのも分かりますが、リーダーがそういう姿勢を見せることで国民の信頼も変わりそうですね。

また、こうした比較からは政治に対する各国の国民性が見えてきます。抜群の知名度を誇るアメリカ大統領と伝統あるイギリス首相では、その職に対する国民の見方も異なるでしょう。きっかけが大統領のお給料比較でも、そこから各国の選挙制度にまで興味が広がれば、本格的に政治学を学んでみる価値はありそうです。

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「政治学」
はこんな学問です

社会制度の基礎となる枠組みを決めるのが政治であり、政治理論、政治思想史、政治史、公共政策、国際政治などについて総合的に研究するのが政治学である。具体的には、国内の少子高齢化と介護福祉の問題などの目の前の問題から、世界の平和を危うくする海外の紛争と難民の問題まで、政治学的なアプローチによる幅広い研究がなされている。また、より公正な政治を実現するために、国によって異なる国家を統治する仕組みや制度についての比較研究も行う。

「政治学」について詳しく見る