新体制メンバー6人に聞く!はちみつロケットの「過去」「現在」、そして「未来」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

新体制メンバー6人に聞く!はちみつロケットの「過去」「現在」、そして「未来」

2019.06.10

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

新体制メンバー6人に聞く!はちみつロケットの「過去」「現在」、そして「未来」

結成以来、センター兼リーダーとしてグループを引っ張ってきた雨宮かのんさんが6月8日開催の「雨宮かのんラストライブ Diary〜未来〜」をもって卒業、6人体制で新たなスタートを切るアイドルグループ「はちみつロケット(以下、はちロケ)」。
今回は新たな思いで新体制に臨む6人に「過去」「現在」「未来」をキーワードに、これまでのグループの歴史や、今後の夢についてお話を伺いました。

〜過去ⅰ〜3B juniorから新グループ結成。この7人で本当に良かった!

播磨怜奈さん

播磨怜奈さん

――まずは、はちロケ結成までの道のりを振り返ってもらえますか?

播磨怜奈 はちロケメンバーがそれぞれ「3B junior」として活動していたころ、かなり遅い時間にスタッフさんから電話があって、「明日何時までに○○スタジオに来てください!」って突然呼び出されたんです。

華山志歩 そうそう。それが行ったこともないスタジオで、いつもだったら連絡事項はメールなのに、わざわざ電話だったから、「何かやらかしちゃったのかな……?」と思いました(笑)。

塚本颯来 それで指定された場所に行ったら、「グループを結成する」というお話で。でも最初に呼ばれたのは5人だけだったんです。

塚本颯来さん

塚本颯来さん

森青葉 私と公野(舞華)は入っていなかったんですよ。それから数週間後に新グループの5人で写真撮影をする機会があって、私たちも呼ばれたんです。そこで、いきなり5人の中に入れられて……。「7人のほうが、バランスがいいから!」ってスタッフさんに言われて、グループへの加入が決まったんです。ただ、そんなふうに後から追加で入ったから、5人がどう思ってるのか最初は心配でした。

公野舞華 うん。正直不安だった。

華山 あのときは、2人がどうこうじゃなくて「5人で何が足りなかったんだろう」って気持ちはありました。でも、結果的に7人で本当に良かったです。

澪風 そうだね。公ちゃん(公野)ともりりん(森)はとってもパワフルだから、別のグループにいたら手ごわい(笑)。はちロケに入ってくれて良かった!

森 当時の3B junior内には、はちロケの他にもいくつかチームがあったので、「次はどこがメジャーデビューなんだろう」って、モヤモヤしていましたね。はちロケ結成後も、しばらくは並行して3B juniorの活動を行っていたので、普段は仲が良かったんですけど、イベントなどで競い合うことがあるとバチバチしてました。

澪風 それぞれのグループが本気でメジャーデビューを目指していたから、心の中では競い合っていましたね。


――そんな中、はちロケがメジャーデビューできた理由を自己分析すると?

森 光るものがあったからでしょうね(笑)。


――なるほど(笑)。心が折れることはなかったんですか?

塚本 2016年の3月から「はちみつロケット50番勝負」と銘打って年内に50本のライブを開催したんです。それが終わったら「いよいよメジャーデビューかな」って気持ちもあったんですけど、何もなかったんですよ。しかもどんどんライブの回数も減っていたので、正直「私たち終わってしまったのかも……」って思いました。でも、翌年11月3日に「前前前進!!!」というワンマンライブを開催して、そのタイトルにもある通り、気持ちを新たにして前に進むことができたんです。

〜過去ⅱ〜Zepp Tokyoのステージに立てたことは最高にうれしかったし、自信にもつながった

澪風さん

澪風さん

――これまでの活動の中で、いちばん楽しかったことや、うれしかったことは何ですか?

澪風 「はちみつロケット50番勝負」ですね。このときは毎日のようにライブがあって、多いときは1日に4公演あったんです。大変ではあったんですけど、自分たちで「やりたい!」と思ったことをやらせてもらったり、好きなカバー曲を歌ったり、いろいろなことにチャレンジできたのが楽しかったです。

華山志歩さん

華山志歩さん

華山 2017年のイベントで、事務所の先輩であるももいろクローバーZの玉井詩織さんが、サプライズではちロケのメジャーデビューを発表してくれたことです。そのときはうれしくて泣きました。実は偶然、その2日前に学校で「20歳の自分に手紙を書く」という授業があって、私は「メジャーデビューすることが私の夢」と書いたんですよ。その夢がたった2日でかないました(笑)。

公野舞華さん

公野舞華さん

塚本 はちロケの初MV「はちみつロケット ~黄金の七人~」の撮影です。セットが豪華で、あちこちのロケ地をまわれたのが楽しかったです。

播磨 4thシングル『忠犬ハチ公』(2019年3月20日発売)のカップリング曲「美味闘伝説ハッピー招拳」で、初めて落ちサビ(楽器の音量を極端に落としてボーカルを目立たせたサビのこと)の歌割りをもらえたことです。3年ぐらい前から「落ちサビを歌いたい!!」って言ってきたので、泣きそうになるほどうれしかった!

公野 私は今年4月6日のワンマンライブで、Zepp Tokyoのステージに立てたのが最高にうれしかったです。ワンマンでZepp Tokyoのステージに立てるアイドルは、これから上に向かっていく勢いのあるグループという印象だったので。残念ながら満員ではなかったので、そこは私たちの実力不足なんですけど、そのステージに立てたことは意味のあることだし、自信にもつながりました。

森 最近のことなんですけど、5月12日に私の生誕ライブを開催してもらったんです。そのときに、自分でデザインした衣装を一から作っていただいて……世界にたった一つしかない自分の衣装が完成したのはうれしかったですね。

〜現在〜メンバー全員がそれぞれはちロケを引っ張っていける存在になりたい

森青葉さん

森青葉さん

――センター兼リーダーとしてグループを引っ張ってきた雨宮さんが、はちロケを卒業して新しい道へ進むと聞いたとき、どう感じましたか?

塚本 うそであってほしいと思ったし、まだ整理がついてないのが正直なところです。

澪風 どうにかして止められないかなと思って、何度も「何で?」って聞いちゃいました。ただ、どんなときでもはちロケは楽しいことが好きで、いつも楽しいライブをしたいのでかのんちゃんの卒業も明るく捉えるようにしました。

森 もちろん驚きましたし、「今、どうして?」って気持ちもありました。でも、かのんちゃんが考えて決めたことだから心変わりはないだろうし、他にやりたいことが見つかったんだったら、それを尊重してあげないとなって思いました。

華山 私も正直、「今じゃないでしょう?」って気持ちがありました。でも、ちゃんと自分を持って決断できることってすごいことです。

公野 私も卒業してほしくない気持ちが強かったけど、かのんちゃんから「前々から卒業を考えていた」と聞いて、その選択を私たちが止めるのは違うかなって。

播磨 みんなに卒業を伝えた時点で本当に強い意志だろうし、私たちが引き留めて心変わりしたら、そこまで強くない決断ってことだから、そこは素直に受け入れました。

森 7人でいた時間が長くて、めちゃめちゃ濃かったので、まだ6人体制にあまり慣れていないんです。でも、これをチャンスと捉えて、私たちも後ろを向かずに「6人でもいけるじゃん!」「もっと先のはちロケを見たい!」と思ってもらえるようなグループにしていきたいですね。そのためにはメンバーそれぞれが強くなって、全員がはちロケを引っ張っていける存在になりたいです。今までかのんちゃんに頼り過ぎていた部分もあるので、6人で横一列に並んで頑張ります!

〜未来〜目指すは武道館に紅白。今までの積み重ねを守りながら、より多くの人を楽しませたい!

――最後に、シゴト(アイドル活動)と学生、それぞれの今後の目標を教えてください。

澪風 今、資格を取れる学部に通っているので、できるだけ多くの資格を取りたいです。はちロケとしては6人体制になっても失速しないで、加速していきます!

華山 「はちロケ」と聞いたら、誰もがメンバー全員の顔を思い浮かべられるような、世間的に認知されるグループになりたいです。学生としては計画的に単位を取ること。そして4年で卒業したい(笑)。

公野 グループとしては、メンバー全員で目標にしていることですけど、ワンマンライブで日本武道館に立ちたいです。学生としては、どんなにお仕事が忙しくても出席日数は確保すること(笑)。

播磨 はちロケとしてはグループでも個人でも地上波に進出して、最終的には紅白に出場したいですね。個人としては、友達が少ないので……残り少ない高校生活で友達の輪を広げたいです!

森 Zepp Tokyoのステージに再び立って、今度こそ満員にしたいです。播磨も言いましたけど、個性を生かして個人それぞれのお仕事も増やして、6人が集まったときに「はちロケ最高だね!」って言ってもらえるようなグループになりたいです。個人では、ちょうど進路を考えている時期なんですけど、勉強を頑張って、自分が本当にやりたい、後悔しない進路を見つけたいです。

塚本 高校3年生って、良い成績を取ると家族や親戚に褒められる最後の年だと思うんです。大学生になると、自分が選んだ進路だから良い成績を残して当たり前ですしね。なので、残りの高校生活は一生懸命勉強します。はちロケでは6人体制になっても、今まで積み重ねてきたことを守り続けながら、より多くの人が楽しめるライブやイベントを見せていきたいです!

――ありがとうございました!

雨宮さんの卒業をポジティブに捉え、前を向いて突き進むはちロケの6人。この夏はピンチをチャンスに変えて、さらなる飛躍が期待できそうです!

【information】
「はちみつロケット新体制ファーストライブ SEASON2スタート!」

【日時】
2019年6月16日(日)
1部 踊る君に『バカイズム』 open 13:30 / start 14:00
2部 少し泣き笑い『おかしなわたしとはちみつのきみ』 open 18:00 / start 18:30

【会場】
恵比寿ガーデンルーム

詳細はhttp://www.hachimitsu-rocket.com/news/2019/060303.html
をご覧ください。

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける