世界各国が力を注ぐのには、理由があった! 奥深い“スポーツプロモーション“の世界!!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

世界各国が力を注ぐのには、理由があった!
奥深い“スポーツプロモーション“の世界!!

2019.06.10

提供:日本ウェルネススポーツ大学

世界各国が力を注ぐのには、理由があった!
奥深い“スポーツプロモーション“の世界!!

どんなに「いいな」と思っていることでも、その魅力を周囲の人々に知らせなければ広がっていきません。スポーツも同じです。世の中にどんなスポーツがあって、どんな人たちが楽しんでいるのか。スポーツをすることで、身体や心にどんな効果があるのか――。多くの人々にスポーツの魅力を伝え、スポーツの推進や発展に貢献していく“スポーツプロモーション”は、実は多くの国で力を入れている取り組みの1つです。今回は、私たちが想像している以上に奥深い“スポーツプロモーション”の世界を取り上げます!

この記事をまとめると

  • 民族間の争いをなくし、健康な生活を送る――スポーツプロモーションの効果はさまざま。
  • 五輪大会や地域のスポーツ大会、各種イベントなど、あちこちで開かれているスポーツプロモーションの取り組み。
  • スポーツプロモーションを担うスポーツコーディネーターを目指すなら、日本ウェルネススポーツ大学に進もう!

スポーツプロモーションって、どうして必要なの?

スポーツの普及・促進に取り組み、その発展に貢献していくスポーツプロモーション。そもそも、なぜスポーツプロモーションをするようになったのでしょうか。その理由を、アメリカを例にとって考えてみましょう。
アメリカは、国民の4割が肥満体型と言われています(アメリカ疾病管理予防センターの最新推計より)。年代別に見ると、12~19歳の若者のうち、実に2割が肥満。肥満は、糖尿病や高血圧、高脂血症といった「生活習慣病」のリスクを高めます。
アメリカで肥満化が進んだ理由としては、ライフスタイルの変化が挙げられます。加工食品を多く食べ、あまり動かない生活を送る現代社会特有のライフスタイルが、肥満化の大きな原因だと言われているのです。
このような状況に対して、生活習慣病を予防し、国民が健康的な生活を送っていけるよう、国がスポーツプロモーションに力を入れるようになったのです。

健康面以外にもスポーツプロモーションを行う理由は他にもあります。多民族が暮らすヨーロッパでは、「スポーツを通じて民族間の交流を促し、民族同士の争いを少しでも減らすため」という理由から、スポーツプロモーションを展開しています。

間近に迫った五輪大会や、身近なあの授業も!? スポーツプロモーションはあらゆるシーンで必要!

今、日本は五輪大会が間近に迫っていることもあって、ネットやテレビなどでスポーツがよく話題に上がっていますよね。実は五輪大会自体が、スポーツプロモーションを目的としていることを知っていますか?世界中のアスリートたちが集まり、各種競技を競い合う五輪大会は、「スポーツを通じて世界の人々が交流を深めることで、平和な社会を築いていこう」という願いから開催されているのです。

もちろん、スポーツプロモーションは五輪大会に限りません。国内で開催されている駅伝大会を始め、各種スポーツ大会も、スポーツプロモーションが大きな目的となっています。
もしかして、中学や高校の授業に「体育」があるのも……?そう思ったみなさんは、カンが鋭いです。「運動の能力を育み、健康増進や体力の向上をはかる」という目的があることからもわかるように、体育の授業もスポーツプロモーションの一環から行われています。
世界的なスポーツ大会から地域のイベント、さらには私たちが普段受けている授業まで、スポーツプロモーションはさまざまなシーンで必要とされているのです。

スポーツコーディネーターは、スポーツプロモーションのプロフェッショナル!

より多くの人々に、スポーツの魅力を伝えていくために。そして、スポーツの発展に貢献していくために――。スポーツプロモーションのカギを握るのが、スポーツイベントなどを企画・立案・実践するプロフェッショナル“スポーツコーディネーター”です。

日本ウェルネススポーツ大学は、まさにこのスポーツコーディネーターを育成する大学です。
スポーツコーディネーターとしてスポーツプロモーションを推進していくには、広くスポーツに関する専門知識を身につけているのはもちろん、地域社会の現状や課題を分析し、課題解決につながるスポーツプロモーションを戦略的に考え、企画・展開していく力が求められます。そこで、コミュニケーションスキルの向上に重点を置いたカリキュラムを用意しているほか、スポーツに関連したさまざまな分野につよい教員をそろえています。

キャンパスがある茨城県利根町と連携して、利根町のスポーツプロモーションに協力しているのも、同大学の学びの大きな特徴です。利根町民運動会に日本ウェルネススポーツ大学の学生が参加したり、公開講座を開講するなど、さまざまな取り組みを推進。こうした取り組みに参加することで、学生はスポーツプロモーションの理論と実践をバランス良く習得できるのです。

日本では、スポーツコーディネーターの数が圧倒的に不足していると言われています。つまり、若く優秀なスポーツコーディネーターの登場が望まれているということ。ぜひ、日本ウェルネススポーツ大学でスポーツプロモーションを学び、スポーツコーディネーターを目指してみませんか。

【広告企画】提供 : 日本ウェルネススポーツ大学

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学など、さまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける