みんなで総体を盛り上げよう!インターハイ特集

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

みんなで総体を盛り上げよう!インターハイ特集みんなで総体を盛り上げよう! インターハイ特集

みんなで総体を盛り上げよう! インターハイ特集

競技紹介競技紹介

全30競技の見どころをチェック!アイコンをタップしてね。

イラスト

アスリートからのMESSAGE

憧れのプロアスリートから皆さんへの応援メッセージ!
高校時代についてなど、記事ではさらに詳しく伺ったのでチェックしてね。

1FC東京
森重真人さん

今も変わらず持ち続けている姿勢は
高校時代の監督が教えてくれた。

2プロボクサー
村田諒太さん

インターハイで緊張した気持ちは
今でも持ち続けている。

3競泳元日本代表
立石諒さん

2年生のインターハイで、
生まれて初めて“緊張”を自覚した

5プロテニスプレーヤー
美濃越舞さん

インターハイに出場していなければ
プロになっていなかった。

6競泳元日本代表
小坂悠真さん

どんなにつらい思い出でも、
記録し記憶することが大切。

7ユメオミライ 三段跳選手
岡野菜穂子さん

一つのことを全力で頑張った経験は、
きっと将来の自信につながる。

体操の見どころ

高校総体では、大きく体操競技と新体操に分けられます。体操競技は、男子はゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒の6種目が行われ、女子はゆか・跳馬・段違い平行棒・平均台の4種目が、チーム・個人・種目別で競われます。多彩な種目で繰り広げられる技に注目です。
新体操は手具を使って音楽に合わせて演技する競技です。男子はクラブ・スティック、女子はフープ・ボールの合計得点で勝者が決まり、団体競技・個人競技・種目別で競われます。リズミカルな動きや柔軟性、スピード感などを中心に採点されますが、音楽とマッチしているか芸術性も求められる競技なので、美しさも観戦するポイントといえます。

バスケットボールの見どころ

バスケットボールは、1チーム5名編成のチームで行われ、2チームがボールを奪い合い、コート上に設置されたゴールにボールを投げ入れる競技です。試合時間は1クォーター10分が4回、合計40分間となります。バスケットの魅力は、試合展開のスピーディーさです。ボールを持った選手が素早くドリブルやパスをして瞬く間にゴールを決めます。ゴールの瞬間はもちろん、それに至るまでの選手たちの華麗な動きは見どころの1つです。

卓球の見どころ

高校総体の卓球は、男女ともに団体戦、ダブルス、シングルスが行われます。1ゲームは11点制で、10対10になった場合は2点差がつくまで試合が続行されます。最終的に5ゲームを先取したほうが勝者となります。卓球の魅力はスピーディーなラリー戦。どちらかがミスをするまで続くラリーは見ごたえ抜群です。また卓球は、対戦相手との距離が近く感じられるため、相手の表情がよく見えます。そのため、互いの気持ちがぶつかり合うことから「台上の格闘技」と呼ばれることもあります。選手たちがどんな表情を見せて試合に臨んでいるかも見どころの1つでしょう。

柔道の見どころ

柔道は素手で投げる、抑える、絞めるなどの技を使って相手と取り組む武術です。柔道の面白いところは、選手がどんな技を使って相手に挑んでくるかというところ。投げ技だけでも68本あるので、そうしたところに注目してみると試合を楽しめるかもしれません。高校総体では男女ともに団体戦と個人戦が行われ、試合時間はいずれも4分間です。「一本勝ち」する選手がどのぐらい出てくるのか注目してみるのもいいでしょう。

フェンシングの見どころ

フェンシングは剣で相手の選手の体を突いて勝敗を決める競技です。高校総体では男女ともにフルーレ、エペ、サーブルが行われ、フルーレに関しては学校対抗戦もあります。3つの種目はルールに違いがありますが、最も大きな違いは体のどの部分を突くと得点になるのかということです。フルーレは胴体部分、エペは全身全てが得点の対象です。サーブルは両腕、頭部を含む上半身全てが対象で、突くだけではなく斬ることでも得点となります。こうした違いに注目してそれぞれの種目を見ると面白いかもしれません。

高校総体で行われる「フェンシング」ってどういう競技?

カヌーの見どころ

カヌーは「スプリント」と「スラローム」の2種類がありますが、高校総体で行われるのは複数艇が一斉にスタートし、決められた区間内のタイムを競うスプリントのみです。カヌーの魅力は自然の中で行われる競技だということ。解放感が味わえると同時に、川の流れに乗ってカヌーを乗りこなしていくスリルもあります。決して一筋縄ではいかない自然の中で、大会で決められたコースをそれることなくカヌーを操る選手たちのパドルさばきに注目です。

高校総体で行われる「カヌー」はどういう競技?

水泳の見どころ

高校総体の水泳は、競泳・飛込・シンクロナイズド飛込の3種目に分かれています。競泳は男女ともに7種目あり、飛込には飛板飛込と高飛込の2種類があります。飛込は技だけでなくいかに美しく水に入ることができるかが高得点のポイントになりますので、入水の瞬間をチェックするといいかもしれません。シンクロナイズド飛込は2人1組で行う競技で、2人のタイミングが合っていなければ高得点につながりません。息の合った演技が最大の見どころです。

ハンドボールの見どころ

1チーム7名編成で、バレーコート2つ分ほどの広さのコートで競技を行います。手でボールをパスし、高さ2メートル×幅3メートルの相手ゴールに向かって得点を競うスポーツです。前半・後半ともに30分行われ、勝敗が決まらない場合は10分の延長戦が行われます。大きくジャンプをして打つシュートや、空中でパスを受けてそのままシュートするプレーなど、スピード感と迫力のある点が見どころです。

バドミントンの見どころ

バドミントンは、ネットを挟んでラケットでシャトル(羽根)を打ち合う競技です。試合は3ゲームマッチで行われ、先に2ゲームを取ったほうが勝者となります。バドミントンの見どころは、なんといってもシャトルの速さです。高校総体ではありませんが、過去には最速初速が時速493キロを記録したこともあり、試合会場で見るとあまりの速さに驚きます。またバドミントンは空調が制限された厳しい環境で試合が行われることが多いので、タフな試合に臨む選手たちにも注目したいです。

ボートの見どころ

今年の高校総体ボート競技では、コックスと呼ばれる舵手1名と漕ぎ手4名で行う舵手つきクォドルブル、2名の漕ぎ手で行うダブルスカル、1名の漕ぎ手で行うシングルスカルの3種目が行われます。距離は男女ともに1,000メートルで競います。ボートの醍醐味は、メリハリのある競技展開。スタートと同時にものすごいスピードで加速しますが、いったん中盤でスピードが緩み、後半再び加速していきます。自然の中を走り抜けていくボートの迫力は圧巻です。

高校総体で行われる「ボート」ってどういう競技?

剣道の見どころ

剣道は竹刀を使って1対1で打ち合いをする武道です。1試合の中で、「面」「小手(こて)」「胴」に、きちんとした姿勢で正確に打つ「有効打突」を先に2本取ったほうが勝者です。武道の中でも礼節を重んじるといわれていますので、試合が始まる前のピリッとした空気は独特のものがあります。また選手たちの鮮やかな竹刀さばきにも注目したいところです。そして試合中に出す選手たちの大きなかけ声も見どころの1つ。場内に響き渡る選手たちのかけ声はなかなかの迫力です。

レスリングの見どころ

レスリングは全身を使って対戦する「フリースタイル」と上半身に限って対戦する「グレコローマン」の2つがあります。グレコローマンは男子のみ行われます。高校総体では男子は学校対抗戦と個人戦、女子は個人戦のみで競い合います。試合時間は3分~30秒~3分の2ピリオド。レスリングは迫力のあるタックルで組み合って短い試合時間で勝ちにいくスピード感が最大の魅力です。強い選手になればなるほど、隙をついて技をかけ逆転をするなど、試合に大どんでん返しがみられるのも面白いところです。

高校総体で行われる「レスリング」はどういうスポーツ?

アーチェリーの見どころ

アーチェリーは弓と矢を使って数十メートル離れたところにある的を目がけて矢を放ち、刺さった箇所の得点の合計で競われます。高校総体では屋外のグラウンドで行われ、予選は70メートルラウンド、決勝は70メートルオリンピックラウンドで競われます。大会開始前日、男女ともに公式練習と用具服装の検査があり、大会初日は団体戦・個人戦の予選を実施、2日目から3日目にかけて決勝が行われます。アーチェリーにとって重要なのは集中力。途切れることのない各選手のとぎ澄まされた集中力に注目したいです。

高校総体で行われる「アーチェリー」はどういう競技?

バレーボールの見どころ

6人制で行われ、1セット25点先取で2セットを先取したチームが勝ちです。決勝戦のみ男女ともに5セットマッチとなります。大会の1日目に予選グループ戦と敗者復活戦が行われ、2日目・3日目が決勝トーナメント戦となり、最終日に準決勝・決勝戦が行われます。バレーボールの魅力は、迫力のあるサーブやアタックです。またそうしたサーブやアタックをしっかりと受け止める選手の技術も見どころといえるでしょう。

ソフトテニスの見どころ

ソフトテニスは、軟式テニスとも呼ばれており、テニスコート上のネットを挟んだ相手とゴム製のボールを打ち合ってポイントを競い合います。高校総体では、男女ともに個人戦と団体戦が実施され、トーナメント方式で行われます。ソフトテニスは硬式テニスと比較すると、ラケットやボールが違うだけでなく、ルールやボールの打ち方なども異なります。ソフトテニスの選手のフォアハンドはとても力強いので、迫力あるラリーに注目するといいでしょう。

ソフトボールの見どころ

ソフトボールは、1チーム9名編成で戦い、周囲約30.5センチのボールを下手で投げ、金属バットで打つ競技です。7イニング終了時点で多く得点をしているチームが勝者となります。基本形は野球と同じですが、野球よりバットが細い・フィールドが狭いなど、さまざまな違いがあります。ソフトボールの魅力は、スピード感と迫力。野球と違って下から投げられる投手のボールは、実際に見てみるとその速さに驚きます。

弓道の見どころ

バーベルを両手で頭の上に持ち上げて重量を競う競技で、重量上げとも呼ばれています。競技種目は地面に置いたバーベルを一気に頭上まで持ち上げるスナッチと、一度肩まで引き上げてから頭上まで持ち上げるクリーン&ジャークに分けられ、高校総体では9つの級別で競われます。だけで勝負が決まると思われがちなウエイトリフティングですが、柔軟性や瞬発力、そして当日に選手が挙げる重さを選び作戦を練る点など、とても繊細な競技です。

高校総体で行われる「弓道」ってどういうものなの?

テニスの見どころ

弓道は、弓と矢を使って28メートル先にある直径36センチの的を狙い、矢が当たった本数を競うものです。アーチェリーとよく似ていますが、矢が当たった場所が重要なのではなく本数で競う点が大きな違いです。試合では、1人4射ずつ弓を引くことができます。団体戦と個人戦があり、団体戦は5名チーム計20射中、上位32チームが決勝トーナメントに進みます。個人戦は3射以上当てた人が準決勝、決勝と進み、決勝では1射ずつ引いて外した人から抜けていくサドンデス形式となります。弓を引く上で基本となる「射法八節」に注目してみると、弓道が武道であることを改めて実感できるかもしれません。

登山の見どころ

今年の高校総体の登山競技は、三重県の三池岳、釈迦ヶ岳、国見岳、御在所岳、鎌ヶ岳を舞台に行われます。男子(A隊)女子(B隊)に分かれ、初日は天気図を書く審査や救急の知識などの審査が実施されます。2日目から4日目は登山行動が行われ、1パーティー4名の編成で挑みます。各1名の監督がつき、体力、歩行技術、装備、設備・撤収、炊事、気象、自然観察、記録・計画、救急、マナーの10項目計100点満点の減点法で審査されます。

高校総体で行われる登山大会ってどういうものなの?

ボクシングの見どころ

ボクシングは、グローブをはめ、相手と打ち合いをして勝負を決めるスポーツです。体重別に階級が分かれており、高校総体ではピン級からミドル級まで体重別で分けられた8階級で競われます。グローブをはめたこぶしだけで戦い、先に倒れたほうが負けという分かりやすい競技ですが、試合中の選手同士のテクニックやかけひきに注目するとより楽しめるスポーツです。攻撃するにしても、ただ単にパンチを出すのではなく、相手の状態を見ながらパンチを打つ場所を変えたりします。攻撃だけでなくどのように防御するのかも選手のテクニックの1つといえるでしょう。

ホッケーの見どころ

ホッケーは、スティックでボールを打って相手のゴールに入れる競技です。1チームは1名のゴールキーパーと10名のフィールドプレーヤーで編成されます。ホッケーを見るときに注目したいのは、ボールのスピードです。カーボン製のスティックで打つボールは、一般的には時速150キロほどにもなるのだとか。また激しく動くスポーツのわりには、ゴールキーパー以外は防具を付けずに競い合う競技のため、選手たちの身のこなしをチェックするのも興味深いかもしれません。

高校総体で行われる「ホッケー」はどういうスポーツ?

少林寺拳法の見どころ

少林寺拳法には2つの要素があり、1つは突き・蹴り・受けを中心とする剛法、もう1つは投げ技・固め技・締め技といった柔法です。剛法は空手に、柔法は柔道にイメージが似ています。高校総体では演武のみが行われ、種目としては男女ともに、1名で行う単独演武・2名で行う組演武・数名で行う団体演武の3つがあります。この3種目はそれぞれ内容に違いがあり、単独演武は剛法の動きが評価され、組演武と団体演武は剛法と柔法を組み合わせて全員の動きがスムーズにできているかどうかが問われます。技だけでなくマナーなども採点対象となる珍しい競技は、一度見る価値があります。

高校総体で行われる「少林寺拳法」ってどういう競技?

陸上競技の見どころ

トラック競技である短距離・長距離走や障害走・ハードル走、フィールド競技の走り高跳び・三段跳び・砲丸投げ・ハンマー投げなど、男子は全21種目、女子は全20種目が行われます。トラック競技は勝者が分かりやすいのが魅力ですが、競技ごとに見どころが異なります。例えば短距離走では一瞬のレース展開に集中し、長距離走では選手のペース配分に注目すると面白いでしょう。日本高校新記録や大会新記録の更新に期待しながら見てはいかがでしょうか。

サッカーの見どころ

高校総体の場合、競技時間はプロより短く、前半・後半ともに35分、ハーフタイムは10分です。後半終了時点で勝敗がつかない場合でも延長戦はなく、PK戦で決着をつけます。決勝戦のみ、延長戦を前半・後半10分ずつ行い、得点が入らない場合はPK戦で勝敗を決めます。サッカーは力強いシュートや相手をかわすドリブルテクニックなどの個人技だけでなく、チームごとにどのようなフォーメーションを組むかなどの戦術も大きな見どころです。

相撲の見どころ

相撲は、相手を倒すか土俵の外に出すかによって勝敗を決める競技です。押す、引く、投げる、捻る、吊るなどの多彩な技を駆使し、土俵内で激しい攻防が繰り広げられます。勝ち負けが分かりやすく1つの試合時間も長くないので、テンポよく見ることができます。競技は、個人戦と団体戦があり、個人戦は予選3回戦を行って2勝以上した者が決勝トーナメントに進めます。団体戦では予選3回戦を行い、勝ち数得点順で選ばれた32校が決勝トーナメントに進みます。個人戦の優勝者には「横綱」の称号が与えられます。

自転車競技の見どころ

高校総体の自転車競技は、トラック・レースとロード・レースの2つに分けられています。交通規制された一般の道路を走るロード・レースと違い、トラック・レースは競輪場のような横断勾配がついた専用走路で走ります。トラック・レースは、男子は学校対抗ですが、女子は個人戦で競います。自転車競技は種目によって戦略が異なります。少数で競う種目と大人数で競う種目では選手同士のかけひきにも違いが見られますので、そうした点に着目するのも面白いでしょう。

高校総体で行われる「自転車競技(ロード・トラック)」ってどういうものなの?

ウエイトリフティングの見どころ

バーベルを両手で頭の上に持ち上げて重量を競う競技で、重量上げとも呼ばれています。競技種目は地面に置いたバーベルを一気に頭上まで持ち上げるスナッチと、一度肩まで引き上げてから頭上まで持ち上げるクリーン&ジャークに分けられ、高校総体では9つの級別で競われます。だけで勝負が決まると思われがちなウエイトリフティングですが、柔軟性や瞬発力、そして当日に選手が挙げる重さを選び作戦を練る点など、とても繊細な競技です。

高校総体で行われる「ウエイトリフティング」はどういう競技?

空手道の見どころ

空手とは、手や足を使って相手を突いたり蹴ったりして勝負をする武道です。空手の試合は技の美しさを競う形と、相手と戦うことでポイントを競い合う組手の2通りに分けられます。高校総体では形は個人戦のみで、組手は個人と団体で競われます。形は突きや蹴りのスピード感が競われます。緊迫した空気の中で行われる演技は、手に汗をにぎる展開になるでしょう。組手は双方の選手がどのようなかけひきをして戦うかが、大きな見どころです。

高校総体で行われる「空手道」はどういう競技?

なぎなたの見どころ

なぎなたは、210センチから225センチのなぎなたを使って、定められた部位(正面・側面・小手・胴・スネ・咽喉<高校生は咽喉禁止>)を確実に打突して競う競技です。試合競技は団体試合と個人試合があり、3分間の試合時間で2本の有効打突を先に取ったほうが勝者となります。試合競技と演技競技があるのが大きな特徴で、演技は基本動作や技を組み合わせた「しかけ、応じわざ」と、伝統的ななぎなたの技である「全日本なぎなたの形」があり、これらの中から指定された技を披露し、審判が判断を下します。なぎなたを鮮やかに振りかざす技に注目したいです。

高校総体で行われる「なぎなた」はどんなスポーツ?

ヨットの見どころ

ヨット競技は、操船技術やヨットの速さを競い、加点方式で総合得点が最も低いチームが勝者となります。ヨットは風の力を集めて動力とし、潮の流れを読み操縦するものなので、いかに自然の力をうまく利用できるかが重要です。ヨットの見どころは全ての選手が一斉にスタートし、最初のマークへの一番乗りを目指していくダイナミックなレース展開です。

高校総体で行われる「ヨット」ってどういう競技?