ちょっとしたコツで運動能力がアップする!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ちょっとしたコツで運動能力がアップする!?

2019.04.26

提供:愛知みずほ大学

ちょっとしたコツで運動能力がアップする!?

運動神経が悪いから、とスポーツを苦手に感じてしまっている人はいませんか?実は、ちょっとしたコツで運動能力は向上するのです。このコツを知っていると、自分の運動能力がアップするだけでなく「他の人に運動・スポーツを教える」こともできるようになります。運動が苦手な子にも楽しくスポーツを教える時にも役立つポイントについて、考えてみましょう。【授業名:スポーツ指導実践】

この記事をまとめると

  • 運動能力を上げるのは、少しの工夫でもできる!
  • 運動が苦手な子にも、楽しくスポーツを教えるためには?
  • 健康スポーツコース「スポーツ指導実践」ではこんなことを学ぶ!

運動能力を上げるのは、少しの工夫でもできる!

運動能力をアップさせるためには、自分の持った運動神経に関わらず、ちょっとしたコツがポイントになることも多くあります。例えば、陸上競技では、腰をまっすぐにして走ると体が安定し、速く走ることができます。水泳のクロールでは、肩を開くイメージで腕を大きく回すと、前に進む力が強くなり、また、息継ぎの時に顔が上がりすぎないようにするとすばやく楽に呼吸することができるようになります。このようなコツを知っていれば、スポーツが苦手な人も運動がちょっと楽しくなりそうですね。

運動が苦手な子にも、楽しくスポーツを教えるためには?

体育の授業などで運動やスポーツを教えるとき、子どもたちの中には運動が得意な子もいれば、苦手な子もたくさんいます。運動が苦手な子には、どのように指導をしたら良いのでしょうか?
それは、子どもが「できるようになった」という実感を少しでも持てるようにすること。できるようになった、という思いを少しでも持つことができれば、苦手なスポーツにも「もう少し頑張ってみよう」という気持ちで取り組むことができます。
そのために必要なのが、冒頭にあるような運動やスポーツのコツをうまく教えること!上達するにはどうしたらいいのか?どこに気をつけたらいいのか?といった知識をたくさん持っていることが、教育者・指導者には求められています。

健康スポーツコース「スポーツ指導実践」ではこんなことを学ぶ!

スポーツ実践指導では、陸上運動、水中運動、エアロビクスなどの運動のコツや、そのコツの伝え方などを実践を通して学びます。「運動はなぜ必要なのか」「運動とエネルギーの関係性」をはじめとした、体づくり・健康づくりの基礎についての知識をしっかりと身につけた上でこれらのことを学べるため、効果的な運動方法などへの理解が深まります。運動やスポーツの指導に直接活かせる学びです。

【広告企画】提供 : 愛知みずほ大学

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学など、さまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける